震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!

その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!

OCの常識が変わった!

Sandy Bridgeオーバークロックの基礎知識

TEXT:橋本新義
#918750
#FFF

従来にはなかった条件が絡むSandy BridgeでのOC動作

画像

 自作PCのヘビーユーザーの間では、新CPUが登場したと聞けば、どうしても気になるのがオーバークロック(OC)の耐性(OC時のクロック伸び率)だろう。
 Sandy BridgeのOC耐性は非常に高いものの、従来のCPUとはまったく違った制限がかかっているため、新しい常識を頭に入れておく必要がある。
 CPUの動作クロックの基本となるのは、基準となる「ベースクロック」(BCLK)と、BCLKとかけ合わされて実際の動作クロックを決定付ける「内部倍率」(倍率)だが、従来のIntel製CPUではBCLKの上昇が基本だった。対して現状のSandy Bridge用マザーボードでは、BCLKはほとんど上げられないため、倍率を上げるしかない。さらにSandy Bridgeの倍率は、P67 搭載マザーでなければ上げられない(H67搭載マザーはメーカーを問わず、下げることしかできない)。
 内部倍率の上昇は、Kシリーズ以外のCPUの場合では+4倍までだが、Kシリーズの場合は最高255倍までと、事実上制限がない。つまり、Sandy Bridgeで実用的なOCが可能なのは、Kシリーズの製品——Core i7-2600KとCore i5-2500Kの2製品——とP67搭載マザーの組み合わせのみとなるわけだ。Sandy BridgeでOCを楽しむためには、Kシリーズ+P67、まずはこの「新常識」を頭に入れてほしい。

1.ベースクロック(BCLK)はほとんど上がらない

現状のP67/H67搭載マザーは、BCLKがPCI Expressクロック(上げ過ぎると起動不能になる)などと連動する設計になっているため、ほとんど上げられない。高性能なマザーでも108MHz程度が上限だ。

画像

BCLKは上げられても微々たるものなので、常用レベルのOCではデフォルトの100MHzのままが新常識だ

2.H67搭載マザーは(Kシリーズでも)倍率は上げられない

1よりも大きな変更点がこれ。H67搭載マザーの場合、たとえKシリーズのCPUと組み合わせても倍率の上昇はできない。従来はチップセットとCPUの倍率には直接の相関はなかったので、注意が必要だ。

画像

一部のH67搭載マザーのUEFI(BIOS)では上昇させるかのような設定があるが、実際には無視されてしまう

3.P67マザーであれば、無印CPUでも倍率+4倍までは可能に

以前より制限が緩くなった点。従来のIntel CPUはExtreme EditionとKシリーズを除き倍率上昇は不可能だったが、Core i7-2600とi5-2500/2400/2400S/2300の5モデルでは定格倍率+4倍まで上げることができる。

画像

ただしこの+4倍は、Core i7/i5ではという注釈付き。そもそもTBに非対応のCore i3では設定自体ができないと思われる

結論

OCを楽しめるのはKシリーズ+P67マザーのコンビ

こうした"新常識"があるため、Sandy Bridge版CPUで実用的なOCを楽しむには、Core i7-2600Kかi5-2500K+P67搭載マザーが必須になる。そして、このコンビは非常に強力なOCが可能。Sandy Bridgeの高いOC耐性を活かし、4GHz台後半から5GHzでの動作も狙える。

画像

OCを考えるなら、このコンビのセット導入は基本と考えよう

新時代OC入門
Sandy BridgeのOCは「三つの掟」を守るべし

オーバークロックで失敗しないために

1.EISTとTBは有効に!!

画像

Sandy Bridgeの倍率変更は、実はTurbo Boost(TB)機能にもとづいて動作している。TBを無効にしてしまうと、倍率変更(=OC)ができなくなってしまうのだ。さらにTBは、Enhanced SpeedStep(EIST)と連動して動作しているため、EISTを無効にしても(TBが連動して無効になるため)倍率変更はできない。従来のOCでは動作の安定性能を高めるためにこれらを無効にしていた人も、今回は有効のままにしておこう。

2.Internal PLL Overvoltage対応UEFIに更新せよ!

画像

Kシリーズ+P67マザーで内部倍率を48倍以上に設定する際に、非常に重要な掟だ。マザーのUEFIを最新(メーカーによってはβ版)にアップデートし、「Internal PLL Overvoltage」という設定を有効にすること(「Auto」ではなく「Enabled」に設定)。この設定を有効にしないと、CPUコア電圧などにほぼ関係なく、48倍以上の動作ができない。倍率が47倍以下であれば無効のままでOKだが、5GHzを狙う場合には必須だ。

2.冷却には十分気を使え!!

画像

OCの基本ではあるのだが、やはり冷却の強化は必須。Sandy Bridgeは本来、非常に省電力・低発熱なCPUなのだが、4GHz後半までOCすると消費電力は跳ね上がり、同時に発熱も増す。リテールクーラーなどでは冷却が追い付かず、結果として内部倍率が下がる(CPUコア温度が高いと、TBが内部倍率を下げるように自動調整するため)。CPUクーラーは単品販売されている、高性能なものを用意しておくのが基本だ。

三つの掟を守れば従来よりOCは簡単!!

画像

 2011年1 〜2月時点でとくに注意したいのは、「Internal PLL Overvoltage」設定のあるUEFIに関してだ。更新が早いメーカーなら、β版などで対応UEFIを用意している……というレベルなので、マザー購入前に対応UEFIがあるかを確認すべきだ。ただ、これらの掟を守っていれば、Sandy BridgeにはPCが不安定になりがちなBCLKの変更がないため、OC自体は従来より簡単だ。
 一般的な手順に関しては、フローチャートにまとめた。最初の「下準備」とは、必要なユーティリティの用意だ。動作クロックをリアルタイムで確認できる「CPU-Z」(http://www.cpuid.com/)と、負荷をかけて、安定して動作するかを確認するためのソフト「OCCT Perestroika」(http://www.ocbase.com/)の2本をインストールしておこう。

Sandy BridgeのOCにおけるメモリの重要度は?

画像

従来のIntel CPUでのOC手順では、メモリクロックを下げる設定が重要だったが、Sandy BridgeのOCではこの必要はない。CPUの倍率設定を上げる場合、メモリクロックへの影響はないためだ。OC時の安定性を保つためにも、基本的にメモリは定格で使うのがお勧めだ。一方でSandy Bridgeと対応チップセットでは、オーバークロックメモリもより使いやすくなっている。従来のIntel CPUにあったメモリクロック倍率下限(BCLK× 10倍)の制限がなくなった。また、P67搭載マザーでは、多くの製品がBCLKを100MHzに保ったまま、メモリクロックを2,133MHz相当まで上げられる。そのため、XMP対応メモリも従来より安定して動作するようになっている。

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2014年12月号

発売日:10月29日
定価:1,180円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一五

発売日:2014/10/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作講座2015

発売日:2014/9/29
販売価格:1,180円+税


Windowsタブレット完全購入ガイド 2014春

発売日:2014/3/27
販売価格:850円+税


NASオールカタログ2014

発売日:2013/12/26
販売価格:850円+税


自作PCパーツパーフェクトカタログ2014

発売日:2013/11/29
販売価格:1,880円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一四

発売日:2013/10/29
販売価格:1,680円+税


髙橋敏也の改造バカ一台大全集 1999-2013

発売日:2013/10/25
販売価格:3,333円+税


最強の通販サイト「アマゾン」で始めるネットショッピング

発売日:2013/3/18
販売価格:1,300円+税


SSD完全攻略読本

発売日:2013/3/8
販売価格:1,880円+税


自作PC マザーボード BIOS/UEFI完全攻略読本 Windows 8/7対応版

自作PC マザーボード BIOS/UEFI完全攻略読本 Windows 8/7対応版

発売日:2012/12/21
販売価格:2,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス