その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

本誌ライター&編集者一斉投票で決めたベストマザーはこれだ! マザーボード100選2011

マザーボード選びはここから
現行チップセットのグレードと性能を徹底分析

TEXT:鈴木雅暢
画像

適切なマザーボード選びにはチップセットの理解が欠かせない。ここではIntelとAMDの各CPUの環境と、各種チップセットの位置付けや概要を整理しつつ、性能面などを確認していこう。

#000000
#FFF

チップセットの役割はCPUと周辺パーツの橋渡し

 チップセットはマザーボードの性能や機能の多くを決める重要部品だ。チップセットの位置付けや概要を頭に入れておけばマザー選びもスムーズに運ぶ。
 チップセットは、CPUに合わせて設計されるICチップ群で、CPUとほかのパーツとのデータのやり取りを制御することが主な役割だ。一般に1~2チップで構成され、2チップの場合は、メインのチップ(North Bridge)に加えて、主にI/O(ストレージインターフェースなど)関連機能を担当するSouth Bridgeが組み合わされる。近年ではそれまでチップセットが担当していた機能をCPUに統合する流れが進んでおり、チップセットの具体的な役割もCPUによって流動的に変動している。たとえば、低価格システム向けのGPUコアは従来チップセットに内蔵していたが、IntelのLGA1156プラットフォームでは低価格CPUにGPUコアを内蔵し、チップセットにはディスプレイの出力機能のみを持たせるように変わった。この映像出力機能があるかないかといった違いもまた、マザーボード選びに影響してくる。

画像

プラットフォームごとにソケットが異なるIntel

 さて、各種チップセットの位置付けと概要は上図に簡単にまとめている。ハイエンド、ミドルレンジ、ローエンドとおおまかにグレード分けし、上にいくほど上位のチップセットという位置付けになっている。具体的な仕様については下のスペック表を確認してほしい。まず、グレードについてだが、Intel系は少しややこしい。と言うのも、ハイエンドはLGA1366、ミドルレンジからローエンドがLGA1156、超ローエンドがLGA775と対応するCPUソケットが異なり、利用可能なCPUの特徴も一緒に考慮する必要があるためだ。上の図でP55チップセットを搭載したマザーボードの価格帯の範囲がとても広くなっているのは、X58とP55では対応CPUが異なっていることの影響が大きい。LGA1366の下位CPUとLGA1156の上位CPUではパフォーマンス的に逆転する場面もあり、LGA1156の上位CPUでハイエンドのシステムを組みたいというニーズがあるため、P55チップセットを搭載したハイエンドマザーも売られているからである。一方、AMDの場合は現行CPUのソケット自体はSocket AM3で共通であり、シンプルなラインナップになっている。

画像

Serial ATA 3.0対応に差
AMD系はSouth Bridgeに注目

 マザーボードの実装にかかわってくるものとしては、ストレージインターフェースの違いがある。Intel系のチップセットはSerial ATAインターフェースの速度が3Gbps(Serial ATA 2.5)対応にとどまるのに対し、AMD系チップセットのSouth BridgeであるSB850は6Gbps(Serial ATA 3.0)の転送速度に標準で対応している。Serial ATAの3Gbpsと6Gbpsとで実際にどのくらいの差があるのかは、下のグラフの結果を見てもらいたい。6Gbpsに対応しているMicronのSSD「RealSSD C300」の性能をチップセット別に計測したものだが、連続読み出しのSequential Readの数値に違いがよく表われている。3Gbps対応にとどまるIntel系では270MB/s前後で頭打ちになっているのに対し、6GbpsのSB850を搭載したAMD系では340MB/sと、3Gbpsの理論上の転送速度(300MB/s)を上回るスコアをマークしている。
 このように、Serial ATA 3.0の6Gbps転送は実際にその差を体感できるほどであり、RealSSD C300などがリーズナブルな価格で出回っていることから、USB 3.0とともにマザーボードの機能としてもニーズが高い。Intel系では別途Serial ATA 3.0コントローラを実装して対応しているが、SB850を搭載したAMD系マザーはそれを必要としないメリットがある。ただし、AMD系でも必ずSouth BridgeがSB850とは限らず、6Gbpsに対応しない旧世代のSB710が使われることもあるので、その点に注意したい。

画像

6Gbpsネイティブ対応のSB850

AMD 8シリーズチップセットのSouth Bridgeで、6基のSerial ATA 3.0ポートをサポートしている。外部コントローラチップなしで、6Gbps転送対応SSDが持つ本来の性能を引き出せる

チップセットのストレージ性能を比較

画像

Crystal DiskMark 3.0
(ひよひよ氏・作)

HDD/SSD性能を計測する定番ベンチマークソフト。テスト用データの転送速度を計測しており、HDD/SSDの基本的な性能を知ることができる。グラフには連続したデータの読み書き性能を見るSequential ReadとSequential Writeの数値を抜粋して掲載した

画像

【検証環境】
CPU:Intel Core i7-980X Extreme Edition(3.33GHz)、Intel Core i7-875K(2.93GHz)、Intel Core i5-655K(3.2GHz)※Intel H57とIntel H55で使用、AMD Phenom II X6 1090T Black Edition(3.2GHz)、マザーボード:ASUSTeK P6X58D-E(Intel X58+ICH10R)、ASUSTeK P7P55D-E EVO(Intel P55)、ASUSTeK P7H57D-V EVO(Intel H57)、ASUSTeK P7H55D-M EVO(Intel H55)、ASUSTeK P5QPL-AM(Intel G41+ICH7)、ASUSTeK AT5NM10-I(Intel Atom D510+NM10)、ASUSTeK AT5IONT-I(Intel Atom D525+NM10+Next Generation ION[ION2])、ASUSTeK M4A89TD PRO/USB3(AMD 890FX+SB850)、ASUSTeK M4A89GTD PRO/USB3(AMD 890GX+SB850)、ASUSTeK M4A88TD-V EVO/USB3(AMD 880G+SB850)※標準状態でGPUがOCされているためAMD 880G相当の定格にダウンクロックして使用、ASUSTeK M4A87TD EVO(AMD 870+SB850)、メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM 2GB×4)※Intel X58では3枚のみ使用、ほかは2枚のみ使用、CFD販売 CFD ELIXIR W2U800CQ-1GLZJ(PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB)×2 ※Intel G41とIntel Atom(NM10)で使用、ノーブランドPC3-6400 DDR3 SDRAM SO-DIMM 1GB※Intel Atom(NM10+ION2)で使用、ビデオカード:EVGA 01G-P3-1371-KR(NVIDIA GeForce GTX 460)※内蔵GPU搭載CPUおよびチップセットでは未使用、SSD:Micron Technology Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1(Serial ATA 3.0、MLC、64GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2017年6月号

発売日:4月28日
定価:1,080円

書籍(ムック)

無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


自作PCパーツパーフェクトカタログ 2017

発売日:2016/11/29
販売価格:1,850円+税


PC 自作・チューンナップ虎の巻 二〇一七

発売日:2016/10/31
販売価格:1,680円+税


VR2 Vol.1

発売日:2016/9/29
販売価格:1,780円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


NASオールカタログ2016-2017

発売日:2016/6/17
販売価格:1,380円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス