その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

本誌ライター&編集者一斉投票で決めたベストマザーはこれだ! マザーボード100選2011

スモールフォームファクター編

TEXT:竹内亮介
画像

[Mini-ITX]

Mini-ITXマザーボードは、大手メーカーが新製品を続々と投入しており注目度は高い。「小さい分機能も少なめ」という常識を覆す、高機能な製品が増えていることが最近のトレンドだ。要求スペックが高いゲームだって楽しめる、強力な小型PCの作成も難しくはない。

#0096E0
#FFF

「Mini-ITXだから……」と性能にガマンしなくてよくなった

高性能CPUも搭載可能 性能に妥協する必要なし

 Mini-ITXマザーと言えば、低消費電力のCPUと内蔵グラフィックス機能を中心に省スペースPCを組む、という印象があるだろう。しかし、IntelのCore i7シリーズや、AMDのPhenomII X6シリーズなど、最新CPUに対応するマザーボードは最近ではそうめずらしくもない。PCI Express 2.0 x16スロットを備える製品も増えてきており、高性能なビデオカードを装着することもできる。さらに、USB 3.0やSerial ATA 3.0などの高速インターフェースも一般的になりつつある。Mini-ITXだから性能はガマンする、という考え方はもう必要ないのだ。
 一方、Atomなど低消費電力CPUを搭載する製品はやや影が薄い。ユーザーのニーズが、前述のような高性能モデルに移行しているためだろう。逆に機能を制限したものから多機能モデルまで、価格帯の幅が広がり、ユーザーの選択肢も広がったと言える。

高性能CPUに対応する製品がかなり増えた

画像

LGA1156やSocket AM3などに対応する製品が増えた。4コアや6コアCPUを搭載する、高性能な小型PCだって作れる

チップセットもATX向けと変わらない

画像

Intel H55やAMD 880GなどATX対応製品でも売れ筋とされるものが採用されている。ただし、メモリスロットは2基だ

USB 3.0やSATA 3.0も対応している

画像

高速インターフェースに対応する製品も続々と登場。USB 3.0は拡張性が低いMini-ITXでこそ活きる機能だ

Mini-ITXマザーを選ぶときに気を付けること

メーカーのWebサイトで対応状況をチェック

画像

1 対応するCPUのTDPに注意

搭載できるCPUをTDPで制限している製品がいくつか存在する。代表的なのはIntelの「DH57JG」で、LGA1156対応CPUでもGPU内蔵のCore i5以下のみに対応する。対応しているかどうか、購入前にメーカーのWebサイトでよく確認したい。

画像

2 使用可能なメモリに注意

通常のDIMMモジュールではなく、ノートPCでよく使用される幅が狭くてコンパクトな「SO-DIMM」モジュールのメモリを採用する製品もある。価格帯はほぼ同じなのでコストには影響ないが、余ったメモリの使い回しはできない。

同じMini-ITX対応でもソケット位置は異なる

画像

3 マザーのレイアウトに注意

LGA1156対応製品では、CPUソケットが拡張スロットに近いものが多く、CPUクーラーとビデオカードの形状によっては干渉する可能性があり要注意だ。また、組み込むケースの内部との干渉にも注意したい。

あらゆる用途に対応できる小型マザーの決定版

  • LGA1156
  • Intel H55
  • Mini-ITX
  • USB 3.0
画像
GIGABYTE
GA-H55N-USB3( rev. 1.0)
実売価格:17,000円前後
画像
画像

得票数:5

チップセットにIntel H55を採用した、拡張性に優れた製品だ。ほかの製品でよく見られる「TDPによる搭載CPUの制限」がなく、Core i7-870など、低消費電力版ではない4コアCPUにも対応しているのは大きい。最近の製品ではそれほどめずらしくはないが、Mini-ITX対応マザーボードでUSB 3.0対応チップをオンボードで初めて搭載した世代の製品でもある。1本しかないPCI Express 2.0 x16スロットをUSB3.0の拡張のために使う必要がなく、運用の自由度が高い。最新のビデオカードを搭載すれば強力なゲームPCに、チューナーカードを搭載すればAV PCになるなど、汎用性の高さも魅力の一つだ。USBから給電可能な電流が一般的な製品の3倍という「USB Power 3X」機能、Windows上から細かいOC設定が行なえる「Easy Tune 6」など、GIGABYTE製品ならではの独自機能も多数搭載した、ATXマザーと遜色のないクオリティの製品だ。

インストールシートが便利

画像

付属品は一般的な構成だ。ピンヘッダやコネクタ類を接続する位置などを細かく示した、大判のインストールシートが初心者にも心強い

USB 3.0チップを搭載

画像

ルネサス エレクトロニクスのUSB 3.0コントローラ「μD720200」を搭載している。USB 2.0に比べると理論的な転送速度は10倍以上の5Gbps、外付けHDDが内蔵HDDとほぼ同じ速度で利用できる

画像

右から2番目にある青いポートが5Gbpsと高速なUSB 3.0ポート。HDMIやDVIなどのデジタルディスプレイ系、eSATAなど、主要なインターフェースはほぼ網羅している

Specification 対応CPU:Core i7/i5/i3、Pentium
メモリスロット:PC3-13300 DDR3 SDRAM×2(最大8GB)
グラフィックス機能:Intel HD Graphics(対応CPUが必要)
ディスプレイ:HDMI×1、DVI-D×1、Dsub 15ピン×1
拡張スロット:PCI Express 2.0×16×1
インターフェース:Serial ATA 2.5×4、eSATA(Serial ATA 2.5)×1、USB 3.0×2、USB 2.0×4
LAN:1000BASE-T×1

画像

Core i7-870も搭載できる

現行のLGA1156対応CPUでは動作クロックが一番高いCore i7-870や875Kも問題なく搭載可能。ほかのマザーボードのようにTDPによる制限がないのがうれしい

画像

USBからの給電能力が標準の3倍

規格上ではUSB 2.0では500mA、USB 3.0では900mAが給電能力の限界。しかし本製品では「USB Power 3X」により3倍の給電能力があり、バスパワー接続の外付け機器がより安定して動作する

画像

OSから簡単にオーバークロック

Windows上から、ベースクロックや各デバイスに対する電圧などを細かく調整できる「Easy Tune6」が付属する。クリックするだけで簡単にOCできる「Quick Boost」が便利

画像

LAN経由で接続してOC

ほかのPCからWebブラウザ経由で接続し、ベースクロックなどを細かく調整できる「Cloud OC」機能もサポート。スマートホンからでもOC設定が行なえるのがおもしろい

汎用性の高さでどんな用途もOK

ATXマザーボードと異なり、搭載する機能や拡張性の制限が厳しいMini-ITXマザーボードでは、購入前にある程度自分が作りたいPCのイメージを固め、パーツ構成をかなり絞っておく必要がある。しかし、豊富な機能とインターフェースを備え、搭載CPUを選ばない本製品なら、そういっためんどうなことは必要ない。ゲームマシンでも、省電力省スペースサーバーでも、どんな用途でも構築できる高い汎用性を備えており「省スペースPCを組みたいとき、迷ったらこれを選んでおけば間違いない」という安心感がある。

ビデオカードをプラスしてゲームPCに

画像

ビデオカード用に奥行きが長いケースと組み合わせれば、小型ながら強力な3D描画性能を持った、高性能ゲームPCに仕上げられる

複数台のHDDでサーバーPCに

画像

HDDを多数搭載できるシャドーベイユニットを搭載するPCケースと組み合わせれば、大容量のストレージを搭載するサーバーPCとして運用可能

#BE8915
#FFF

ライター 竹内亮介

「小型だから」という言い訳をしない仕様

画像

Mini-ITX対応マザーボードの可能性を大きく切り開く1枚だ。今までのMini-ITX対応製品は、小さいがゆえに何かしら制限があるものばかりだったが、この製品は違う。CPUの選択肢はATXマザーとまったく同じで、インターフェースも充実しており、妥協せずに思うままのPCが作れる。惜しいのがCPUソケットの位置で、冷却性能の高い大型CPUクーラーを取り付けると、PCI Express 2.0 x16スロットに干渉しやすい。

#0096E0
#FFF

ライター 石川ひさよし

熱対策もバッチリで小型ケースでも安心

画像

Mini-ITXベースのコンパクトPCは、冷却面が最大の課題。本製品は同社品質基準のUltra Durable3に準拠し、冷却効率の高い2オンス銅箔層、高温下での安定性が高い固体コンデンサなどを採用。Dynamic Energy Saver 2でフェーズ数を切り換え省電力を図りつつ、ここでも発熱が抑えられる。あわせてx16スロットやUSB 3.0対応などの拡張性も確保し、長期間の使用を前提としたメインPC用途でも活躍する。

#ADCF03
#FFF

ライター Ta 152H-1

高価だがそれに見合う機能を搭載している

画像

H55チップセットを搭載しLGA1156対応、USB 3.0対応ということで、標準的なミドルクラスのPCが組めるだけの機能を搭載している。ただ、LGA1156の拡張性の問題からPCI Expressの拡張スロットが使われると、USB 3.0の転送速度が低下するという制限が付く。同程度の機能を持つATXやmicroATXのマザーボードはもっと廉価だが、Mini-ITXという付加価値を求めるユーザーには魅力ある製品となる。

【問い合わせ先】 GIGABYTE:052-619-1560(CFD販売)/http://club.gigabyte.co.jp/

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス