その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

本誌ライター&編集者一斉投票で決めたベストマザーはこれだ! マザーボード100選2011

ハイエンド編

TEXT:鈴木雅暢
#00a1e4
#FFF

高い信頼性と洗練された機能が魅力

  • LGA1366
  • Intel X58+ICH10R
  • ATX
  • USB 3.0
  • SATA 3.0
画像
ASUSTeK
Rampage III Formula
実売価格:35,000円前後
画像
画像

得票数:5

ASUSTeKのプレミアムブランド「R.O.G.」シリーズのゲーマー向けX58マザー。PCI Express 2.0 x16スロットを3本備えており、最大3-wayのSLIとCrossFireXに対応。ゲームパフォーマンスの大幅アップを狙える。LANコントローラには信頼性に定評のあるIntel製を採用するほか、USB 3.0、Serial ATA 3.0ポートも搭載するなど、ハイエンドマザーボードとして実用的で隙のない仕様を持つ。デジタルVRMを採用した8+3フェーズの高品質電源回路やヒートパイプを利用した強力な冷却システムによるOC耐性の高さも特徴で、長時間にわたって高い負荷がかかるようなゲーム用途でも安心だ。OC関連では手軽に試せる簡易OC機能からマニアックな詳細設定まで多彩な手段が用意されており、操作性も優秀。豊富に用意されたユーティリティ類の使い勝手もよく、ゲーマーに限らず幅広いユーザーにお勧めだ。

画像

信頼性を裏付ける最新設計の電源部

CPU電源部にはデジタルPWM制御に対応した8フェーズの回路を採用。BIOS設定でOC耐性を重視するか安定・長寿命を優先するかを選べる

画像

CHiL製のデジタルPWMコントローラ。PWMのデューティ比制御を柔軟かつ緻密に行なえ、高変換効率を実現する

画像

2基ずつ用意されたUSB 3.0、eSATAなど充実した内容。ROG Connectのリモート操作に対応したコネクタ/スイッチもある

Specification

対応CPU:Core i7
メモリスロット:PC3-17600 DDR3 SDRAM×6(最大24GB)
グラフィックス機能:-
ディスプレイ:-
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×3(x16/x16/-またはx16/x8/x8で動作)、PCI Express x1×2、PCI×1
インターフェース:Serial ATA 3.0×2、Serial ATA 2.5×6、eSATA(Serial ATA 2.5)×2、USB 3.0×2、USB 2.0×7(1基はROG Connect兼用)、IEEE1394×1
LAN:1000BASE-T×1

画像

使いやすいオンボードスイッチ

PCケースに組み込まないバラック状態での使用に便利な電源/リセットスイッチを装備。液体窒素冷却時などに発生するコールドバグ(低温による起動不能)状態でも強制起動を試みるQ-RESETスイッチなど、上級者向け機能も備えている

画像

外部PCからのリモート操作をサポート

USBケーブルで接続したほかのPCから各種操作を行なえるROG Connectに対応。ハードウェアで直接制御するため、電源のON/OFFやリセットもリモートで実行でき、POSTコードも確認できる。下のグラフは定格駆動時とROG Connectを使ってOCを行なった際のベンチマーク結果だ

画像

使い勝手に優れたユーティリティが魅力

ユーティリティ類の使い勝手のよさもRampage III Formulaの魅力の一つだ。Windows上からOC操作が行なえる「TurboV EVO」、ファンを柔軟に制御できる「FanXpert」、ボード各部の温度や電圧などを監視する「PC Probe」、BIOSアップデートツールの「ASUS Update」など、多彩な機能が統合された「AI Suite II」の使い勝手が秀逸。各機能とも以前から使いやすさには定評があったが、従来はバラバラのユーティリティで提供されていたため少々煩わしい面もあった。これが統合されたことでインストールの手間も軽減し、統一されたインターフェースで操作できるようになり、完成度がさらに高まっている。

画像

Rampage III GENE以降に発売されたR.O.G.シリーズでは各種ユーティリティがAI Suite IIに統合された。共通のインターフェースで操作できるようになり、これまで以上に使い勝手が向上している

#bb8732

ライター 鈴木雅暢

名板を予感させるきわめて高い完成度

画像

R.O.G.シリーズはOC関連のハデなギミックが目立つが、信頼性の高い設計で使い勝手もよいので、ゲーマーやオーバークロッカーに限らず、安心感の高いハイエンドシステムを組みたいというユーザー全般にお勧めできる。とくにこのRampage III Formulaは、最新の技術と機能、洗練されたフィーチャーによる使い勝手が融合し、きわめて高い完成度を誇る。X58世代の名板として名を残す存在になっても不思議ではない。

#0092cf

ライター Ta 152H-1

ハイエンド製品らしい設計と実装の品質

画像

R.O.G.シリーズでは独自のオーバークロック制御用チップiROGを用い、細かなオーバークロック設定が可能となっている。また、CPUのVRMについても、同社のEPUとPEMを用いたギミック的な16フェーズ回路とは異なり、PWMコントローラ本来の回路構成と、高性能なコンデンサを組み合わせている。そのため、シンプルかつ余裕のある実装を施し、オーバークロック性能を高めているなど、機能の充実以上に回路実装のレベルの高さがよい。

#92b330

ライター 滝 伸次

OCを前提に設計された高性能電源回路が魅力

画像

オーバークロックを前提にマザーボードを選択する場合、一番重要となるのは電源まわりである。そういった意味で、ASUSTeKがオーバークロックによる高負荷状態での使用を想定して設計した「Extreme Engine Digi+」を搭載する本機は魅力的。また、ほかのPCから各種クロックや電圧をリモートコントロールできる「ROG Connect」などのソフトウェア系が充実しており、ユーザービリティに優れる点も他社製品を一歩リードしている。

問い合わせ先:
ASUSTeK:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)/ http://www.asus.co.jp/

【検証環境】
CPU:Intel Core i7-950(3.06GHz)、メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM 2GB×4 ※3枚のみ使用)、ビデオカード:EVGA 01G-P3-1371-KR(NVIDIA GeForce GTX 460)、ASUSTeK ENGTX460 DirectCU TOP/2DI/1GD5(NVIDIA GeForce GTX 460)、SSD:HANA Micron Forte plus HMSM064G-10(Serial ATA 2.5、MLC、64GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス