その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

本誌ライター&編集者一斉投票で決めたベストマザーはこれだ! マザーボード100選2011

アッパーミドル編

TEXT:石川ひさよし
#00a1e4
#FFF

AM3版R.O.G.で6コアのパワーを絞り尽くす

  • Socket AM3
  • AMD 890FX+SB850
  • ATX
  • USB 3.0
  • SATA 3.0
画像
ASUSTeK
Crosshair IV Formula
実売価格:27,000円前後
画像
画像

得票数:3

ASUSTeKのR.O.G.シリーズと言えばゲーマーやオーバークロッカーに向けたハイエンドモデル。しかしCrosshair IV Formulaはその究極機能を3万円以下で入手できる魅力的なモデルだ。そもそもAMD系プラットフォームの魅力はコストパフォーマンス。CPUでの王者はIntelに譲るが、安価な6コアCPUをラインナップし、チップセットレベルでSerial ATA 3.0をサポート。さらにマザーボード価格もグッとお得だ。Crosshair IV FormulaはそんなAMDの最新チップセットの魅力を存分に引き出した製品と言える。x16スロットを豊富に備え、R.O.G.シリーズらしい各種OC機能を搭載。なかでもROG Connectは別のPCをリモコン代わりに使いCrosshair IV Formula本体のオーバークロックを細かく制御できる。また、USB 3.0やクリアなサウンドでゲームを楽しめるSupremeFXサウンドなど、充実した機能を搭載している。

画像

R.O.G.専用のケーブルも付属

P7P55D-E Deluxeにも付属するUSB 2.0&eSATA対応ブラケットのほか、白いUSB風ケーブルはROG Connect専用のケーブル

画像

ゲームで定評のあるSupremeFXを搭載。拡張スロットを節約でき、専用のユーティリティも付属する

画像

USB 2.0/3.0、LANなどの端子に加え、ROG Connect/USB兼用ポートやCMOSクリア、ROG Connect用スイッチなどを装備

Specification

対応CPU:Phenom II、Athlon II
メモリスロット:PC3-16000 DDR3 SDRAM×4(最大16GB)
グラフィックス機能:-
ディスプレイ:-
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×3(x16/x16/-またはx16/x8/x8で動作)、PCI Express 2.0 x4(x16形状)×1、PCI×2
インターフェース:Serial ATA 3.0×6、Serial ATA 2.5×1、eSATA(Serial ATA 2.5)×1、USB 3.0×2、USB 2.0×7(1基はROG Connect兼用)、IEEE1394×1
LAN:1000BASE-T×1

問い合わせ先:
ASUSTeK:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)/ http://www.asus.co.jp/

画像

別のPCからOCを制御

別のPC、たとえばノートPCやメインPCなどからCrosshair IV FormulaをOC制御できるのがROG Connect。画面はリモコン側のPCに導入した専用ツールで、クロックや電圧などを細かく設定可能だ

画像

禁断のコア復活機能を搭載

AMDのCPUには一部コアを無効化した下位モデルが存在する。その無効化コアを復活できるのがCore Unlockerだ。4コアCPUの価格で6コアCPUなど、コストパフォーマンスを一気に高めることができる

チップセットレベルでSerial ATA 3.0をサポート

PCのコンポーネントの中でもボトルネックと言われるのがストレージパフォーマンス。AMDのSouth Bridge、SB850はSerial ATA 3.0のネイティブサポートの1番乗り。6ポートすべてがSerial ATA 3.0をサポートするとともにRAIDにも対応している。North Bridgeとの接続も2GB/sと十分な帯域を持つAlink ExpressIIIで、オンボードチップによるサポートとは異なり、パフォーマンスを十分に引き出すことが可能だ。

画像

SB850は標準でSerial ATA 3.0に対応。North Bridgeとの接続もAlink ExpressIIIで、6GbpsのSerial ATA 3.0を余裕を持ってサポートする

画像

追加で2ポートというケチなものではなく、6ポート利用可能。RAIDにも対応し、ストレージ性能を大幅に向上させる

画像
#bb8732

ライター 石川ひさよし

トータルコストで計算してみよう

画像

基本的にR.O.G.シリーズと言えばゲーマーやオーバークロッカー向け。しかしこの価格で入手可能となれば、信頼性が高く高性能な普段使いのPC用としても十分視野に入ってくる。確かにアッパーミドル帯の価格だが、Core Unlocker機能によるコア復活に期待し、CPU価格を抑えた分をマザーボードにあてればトータル価格の上昇を抑えることが可能。それこそが自作PCの醍醐味でもあるわけで、自作中級者にオススメしたい製品だ。

#0092cf

ライター 鈴木雅暢

AMD CPUを遊びつくす

画像

R.O.G.としては少し抑えめの仕様で、OCをきわめたい人にはもの足りないかもしれないが、常用向けハイエンドマザーボードとしては十分。OCギミック豊富でいろいろ遊べるし、USB 3.0などトレンド機能も押さえている。後発のCrosshairIV Extremeのほうは価格のわりにOC以外の汎用的な魅力に欠けるため、常用前提でAMD系ハイエンドマシンをがっつり組みたいならこれがベストバイだろう。

#92b330

ライター Ta 152H-1

Socket AM3のハイエンドマザーボード

画像

電源の設計を見ると、PWMまわりはシンプルな実装だが、コンデンサなどの部品は高性能なものが選択されていて、オーバークロック機能はiROGチップによって充実している。同じAMD 890FXを使った上位製品であるCrosshairIV Extremeに機能で劣っている部分はあるが、回路設計や実装といったものは遜色なく、性能面では同等であり、AMD CPUを活用するハイエンドマザーボードとしての有力な選択肢となる。

【検証環境】
CPU:Phenom II X6 1075T(3GHz)、Core i7-875K(2.93GHz)、マザーボード:ASUSTeK P7P55D-E Deluxe(Intel P55)、メモリ:サンマックス・テクノロジーズ SMD-2G88N3P-13H(PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×2)、ビデオカード:MSI R5770 Hawk(AMD Radeon HD 5770)、システムHDD:Seagate Burracuda 7200.11 ST3320613AS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、320GB)、テスト用SSD:Micron Technology Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1(Serial ATA 3.0、MLC、64GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス