震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!

その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

高速・多機能・省電力…… こんなCPUを待っていた! 震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!

Sandy Bridge対応! 新世代自作プラン

TEXT:竹内亮介
#918750
#FFF

小型PCの夢と可能性が広がる

 小型PCはどうしても内部に熱がこもりがちなので、発熱の大きなCPUは使いたくない。そこでこのプランではTDPが65Wと消費電力が低く発熱の小さい「Core i5-2400S」をチョイスした。BDドライブとキャプチャデバイスの搭載は「イマドキのAVマシン」としてはスタンダードだが、Sandy Bridgeの新機能は小型PCの可能性を大きく広げてくれる。「InTru 3D」を利用して大画面の3D対応テレビに接続すれば、「Blu-ray 3D」対応ソフトが楽しめる。「Quick Sync Video」を活用すれば、小型PCでも動画エンコードを高速化できる。「新世代AVマシン」の名にふさわしい高機能ぶりだ。

【Mini PC】
Core i5-2400Sで組む 地デジも見られる小型マシン

画像
A:小型でも地デジが見られるAVPCにしたい
B:新機能を使って動画のエンコードを高速化したい
C:Blu-rayビデオの視聴や録画番組のムーブもしたい
画像
画像

省電力タイプだから低発熱で低騒音の
Core i5-2400Sがオススメ!

現在発売中のSandy Bridgeシリーズの中では唯一のTDPが65Wのモデルで、発熱が小さい。コンパクトなMini-ITXケースで使うには最適のCPUだ

画像

多彩なインターフェースを搭載

ZOTAC H67ITX-A-E

4基のUSB 3.0ポート、IEEE802.11b/g/n対応の無線LAN機能、PCI Express x16スロットなど、小型ながら多数のインターフェースを搭載する多機能マザー

画像

ケース内部を広く使える小型電源

SilverStone SST-ST45SF

ATX電源よりも一回り小さいSFX規格に対応する電源。定格出力は450Wだが、今回の構成では十分。ATX電源用の固定箇所に対応する変換アダプタを同梱

画像

ATX電源を使うと内部がほぼ隠れてしまうが、SFX電源を使うとマザーボードのコネクタ部分が目視できる状態になり、メンテナンスしやすい

パーツ 製品名 概要 実売価格
1 CPU Intel Core i5-2400S TDP 65Wと省電力設計のクアッドコアモデル。動作クロックは定格2.5GHz、TB時最大で3.3GHz 18,000円前後
2 マザーボード ZOTAC H67ITX-A-E Mini-ITX対応ながら、USB 3.0や無線LANなど多彩な機能を搭載したH67搭載マザー 18,000円前後
3 メモリ UMAX Cetus DCDDR3-8GB-1333 ヒートスプレッダで覆われた、PC3-10600(DDR3-1333)対応メモリ 7,500円前後
4 ビデオカード
5 システムドライブ Intel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH120G2K5 Intel製コントローラとフラッシュメモリを搭載する人気シリーズの120GBモデル 20,000円前後
6 データドライブ Western Digital WD Caviar Green WD20EARS×2 667GBプラッタを採用したコストパフォーマンスの高い2TBモデルを2台搭載し、4TBを実現 16,000円前後
7 光学ドライブ バッファロー BR3D-12FBS-BK BD-R×12倍速記録に対応。Blu-rayソフトの視聴、録画したテレビのデータの保存に使える 17,000円前後
8 CPUクーラー リテールクーラー
9 キャプチャデバイス アイ・オー・データ機器 GV-MVP/XS 地上/BS/CSデジタル放送、3波に対応した1チューナー製品。家電並みの長時間録画可能
13,000円前後
10 電源 SilverStone SST-ST45SF 450W、80PLUS Bronze認証取得のSFX規格対応電源。付属アダプタでATX規格ケースにも対応 8,500円前後
11 PCケース Lian Li PC-Q11A 14cm角ファンを搭載し、内部空間にも若干余裕のあるMini-ITXケース。USB 3.0ポートも備える 14,000円前後
12 OS Microsoft Windows 7 Home Premium 64bit版 重いデータの処理が多いので、8GBメモリを活用できる64bit版のHome Premiumを選択 13,000円前後
合計145,000円前後

【問い合わせ先】
Intel:0120-868686(インテル)/ http://www.intel.co.jp/
ZOTAC:03-5215-5650(アスク)/ http://www.zotac.com/
UMAX:03-3768-1321(マスタードシード)/ http://www.umax.net/
Western Digital:—/ http://www.wdc.com/jp/
バッファロー:050-3163-1825/ http://buffalo.jp/
アイ・オー・データ機器:03-3254-1076/076-260-3643/ http://www.iodata.jp/
SilverStone:03-5298-3880(ディラック)/ http://www.silverstonetek.com/
Lian Li:03-5298-3880(ディラック)/ http://www.lian-li.com/
Microsoft:0120-41-6755(マイクロソフト)/ http://www.microsoft.com/japan/

組み立て時の注意点

小型ケースだが内部は比較的広い

画像

SFX電源の容積が小さいので、内部にはある程度の余裕がある。右側にあるのは14cm角の吸気ファンで、側板に設けた穴から外気を取り込む役割を果たす

電源ケーブルの変換アダプタが必要

画像

SST-ST45SFのSerial ATA電源コネクタは3基。今回はSSD1台、HDD 2台、光学ドライブ1台という構成なので1基分足りない。別途4ピンからの変換アダプタを追加した

パフォーマンスチェック

画像
画像

最大で何と5,600時間録画できる!

今回は地上、BS、CS放送のデジタル3波に対応するテレビキャプチャデバイス「GV-MVP/XS」を組み込んだ。Windows 7のWindows Media Centerを使い視聴するタイプで、MPEG4 AVC/H.264形式の圧縮録画にも対応。そのまま録画する場合には地デジを4TBで530時間、15倍速モードなら5,600時間と、長時間録画が可能。内蔵グラフィックスを使うが、放送波や録画番組の視聴はコマ落ちもなく快適だった。

画像
画像
画像

Quick Sync Videoが大貢献

Sandy Bridgeの新機能の一つ「Quick Sync Video」と対応ソフトを使えば、小型PCでも高速な動画エンコードを楽しめる(GV-MVP/XSで録画した番組は編集不可)。今回のテストでは旧スタンダードマシンに比べて、同じファイルを約1/5という短い時間でエンコードできた。

画像
画像
画像

書き込み対応BDでムーブも可能

当然BDビデオの再生に対応する。またドライブは最大12倍速のBD書き込みに対応しており、録画した番組のムーブも行なえる。「PowerDVD 10 Ultra 3D」の最新版をインストールすれば、大型3DテレビでBlu-ray 3D対応ソフトを再生できる。

画像

【検証内容】
ソニーのデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-HX5V」で撮影した解像度1,920×1,080ドット、bitレート約17Mbps、約3分間の動画ファイル(AVCHD形式、容量376MB)をiPad向けの「MPentium 4(H.264)/AAC/1280×720/16:9」の設定でエンコードし終えるまでにかかった時間。Core i5-2400SのQuick Sync Video有効時のデータは、ハードウェアエンコーディング/デコーディングを両方有効にしたもの。そのほかのデータではどちらも無効にしている

【検証環境】
CPU:Intel Core i5-661(3.33GHz)、マザーボード:ASUSTeK P7H55-M/USB3(Intel H55)、メモリ:Corsair Memory XMS3 CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM 4GB×2)、ビデオカード:MSI R5770 Hawk(AMD Radeon HD 5770)、HDD:Seagate Barracuda 7200.12 ST3500410AS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、500GB)、電源:Corsair Memory CMPSU-850HXJP(850W)、OS:Windows 7 Home Premium 64bit版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2018年8月号

発売日:6月29日
定価:1,380円

書籍(ムック)

パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻二〇一八 【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2017/11/29
販売価格:1,680円+税


無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス