特集
CPU対決 1/4
CPU対決 2/4
CPU対決 3/4
CPU対決 4/4
マザーボード対決 1/5
マザーボード対決 2/5
マザーボード対決 3/5
マザーボード対決 4/5
マザーボード対決 5/5
高級&低価格 アクセサリ対決
ビデオカード対決 1/5
ビデオカード対決 2/5
ビデオカード対決 3/5
ビデオカード対決 4/5
ビデオカード対決 5/5
メモリ対決 1/2
メモリ対決 2/2
HDD対決 1/2
HDD対決 2/2
PCケース対決 1/4
PCケース対決 2/4
PCケース対決 3/4
PCケース対決 4/4
高級&低価格 工具対決
電源対決 1/3
電源対決 2/3
電源対決 3/3
サウンドカード対決 1/2
サウンドカード対決 2/2
入力デバイス対決 1/3
入力デバイス対決 2/3
入力デバイス対決 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
高級パーツ vs. 低価格パーツ 2007
PCケース対決
TEXT:保坂陽一
ROUND 02
拡張性を重視して選ぶなら?
低価格でもドライブベイには不足なし
 PCケースはPCパーツの中でももっとも長く使えるものの一つであるので、購入時には今後の拡張も考慮して製品を選びたいところ。これはケースに静音性や冷却性能が求められる以前からある、ケース選び最大のポイントでもある。なにも大きいものを選ぶというわけではなく、コンパクトならばコンパクトなりの拡張性というものがあるはずだ。それにはPCを設置するスペースをいかに有効に活用できるかも関係してくるだろう。ただ、サイズに関しては、デザインのところでも述べたように、価格とは必ずしも直結しない。

 やはり拡張性を重視するのならば、ドライブベイが多いほうが便利なのは言うまでもないだろう。HDDを増設するシャドーベイの数はもちろん、5インチベイが多ければ、光学ドライブのみならず、メモリカードリーダーやファンコントローラなど、それだけ多彩な拡張ベイアイテムが利用できる。一般的なATXケースを見てみると、最近のものならば低価格な製品でも多くのドライブベイを備えており、こうした点では申し分のないものが多い。ただ、すべてが5インチベイで、3.5インチベイは好きな位置に移動可能、といったギミックを持つような製品は、やはりそれなりの価格でなければ手に入らない。
ドライブベイだけが拡張性ではない
image image
奥行きの長い、3R SYSTEMのR900。大型ビデオカードなどの装着はもちろん、空間にゆとりがあれば、それだけ作業も楽である 低価格なケースでも、ほとんどの製品でドライブベイなどの拡張性は十分。標準的なパーツ構成で困ることはないだろう
image image
フロントインターフェースの配置も、外部機器の拡張には重要なポイント。USBポートが分散していれば、二つのコネクタが干渉することもない ビデオカードなどの消費電力が上がったことを受けて、電源を二つ搭載可能なケースも増えている。手持ちの小容量電源も有効に活用可能だ
大容量電源搭載の低価格ミドルタワー
スカイテック
Livin's SKC500-15W
実売価格:10,000円前後
問い合わせ先:info@skytec.co.jp
URL:http://www.skytec.co.jp/
image500W電源が付属したケースとしてはかなり安価だが、標準でフロント12cm角ファン、リア8cm角ファンを搭載。また、フロントは14cm角への換装、リアは8cm角ファンをもう一つ追加することもできる。
電源:500W
サイズ(W×D×H):200×488×437mm
ドライブベイ:5インチベイ×4、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×5
ATX電源を2台搭載可能な拡張性抜群のタワーケース
3R SYSTEM
R900
実売価格:17,000円前後
問い合わせ先:03-5215-5650(アスク)
URL:http://www.3rsys.com/
image電源ユニットを二つ搭載可能なフルタワーケース。ドライブベイの豊富さもさることながら、奥行きも長いので、ExtendedATXマザーボードやハイエンドビデオカードも楽々搭載できる。
電源:なし
サイズ(W×D×H):205×590×540mm
ドライブベイ:5インチベイ×6、3.5インチベイ×2、シャドーベイ×6
10基以上のHDDを搭載可能なフルアルミタワーケース
アビー
AS Enclosure M4
直販価格:37,980円
問い合わせ先:03-5858-3936
URL:http://www.abee.co.jp/
imageアルミボディで高い拡張性を備えたタワーケース。そのままでも豊富なベイ構成だが、HDDジョイントスペーサーを使用することで、5インチベイ×2に3.5インチHDD 3台を搭載可能だ。
電源:なし
サイズ(W×D×H):199×539×429mm
ドライブベイ:5インチベイ×3、5/3.5インチベイ×1、シャドーベイ×7
ハイエンド環境ではケースの奥行きなどもポイントに
 最近では、ExtendedATXのような従来のATXマザーボードよりも大きなフォームファクターの製品や、GeForce 8800 GTX搭載ビデオカードのような大型拡張カードも登場しており、ケースの奥行きの長さにも注目が集まっている。電源ユニットを2基搭載することが可能であることなどもハイエンドタワーケースでは一つのポイントとなりつつあるようだ。3R SYSTEMのR900などは今回のくくりの中では「高級」としているが、このクラスでは安価と言ってもよいだろう。しっかりとした剛性と拡張性も備えており、ハイエンドユーザーはチェックしておいて損はないはずだ。

 拡張のしやすさとあわせて、ケースのメンテナンス性も気になるところで、ケースファンの掃除のしやすさなども見ておきたい。以前であれば、高級モデルにしか採用されていなかったようなギミックも、低価格品で当たり前のように採用されている。ただ、ファンの取り付け位置など、後で変更の利かない部分はよく見ておきたいものの、手間さえかければどんなケースでもこうしたメンテナンスには困ることはないとも言える。この辺りは、自分の使い方をよく考えて、納得のゆくものを選んでおきたいところだ。
ベイの固定方法は違うか?
image image
Antec SOLOのドライブベイはアイディアの宝庫。マウントのしやすさはもちろん、制振性まで考えられており、より高級なものにも引けを取らない 低価格ケースでのドライブ固定はネジ止めするものが多い。ガイドレール式などに比べて手間ではあるが、このほうがしっかりと固定できる
ファンの取り付けやメンテナンス性は?
image image
ファンの増設が可能かどうかもチェックしておきたいところ。低価格でも手間をかければ、高級なものに負けないエアフローを構築できるはずだ これは次のページで紹介している3R SYSTEM R110のケースファン。フィルタの取り外しが簡単なので、ホコリの掃除も楽チンだ
便利さで選ぶならこんな製品も
ユニークな構造でデザインとメンテナンス性を両立
SP-PALU/S
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:046-236-3522
URL:http://www.owltech.co.jp/
imageイタリアのデザイン会社PininfarinaがデザインしたというATXケース。肉厚アルミのフロントパネルが特徴的だが、左右のパネルが展開するメンテナンス性の高さも見逃せない。フロントヘビーな点には注意が必要
電源:なし
サイズ(W×D×H):207×553×465mm
ドライブベイ:5インチベイ×3、3.5インチベイ×2、シャドーベイ×4
image左右が開くので、マザーボードの取り付けや配線が非常に楽。こうした製品はもっと増えてほしいところである
結論 長く使うために必要な拡張性を見きわめる

低価格な製品でも拡張性が低いとは限らない。価格を問わず、ドライブベイの数のほか、剛性やケースの奥行きなどをよく確認しておきたい。スペースに余裕のある高級モデルなら後々まで応用も利くはずだ。
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年夏号

発売日:6月30日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス