特集
2009年夏、PCパーツは次のステージへ
CPU編 1/4
CPU編 2/4
CPU編 3/4
CPU編 4/4
メモリ編 1/3
メモリ編 2/3
メモリ編 3/3
マザーボード編 1/7
マザーボード編 2/7
マザーボード編 3/7
マザーボード編 4/7
マザーボード編 5/7
マザーボード編 6/7
マザーボード編 7/7
ビデオカード編 1/6
ビデオカード編 2/6
ビデオカード編 3/6
ビデオカード編 4/6
ビデオカード編 5/6
ビデオカード編 6/6
HDD編 1/2
HDD編 2/2
SSD編 1/3
SSD編 2/3
SSD編 3/3
光学ドライブ編 1/2
光学ドライブ編 2/2
ケース編 1/4
ケース編 2/4
ケース編 3/4
ケース編 4/4
電源編 1/4
電源編 2/4
電源編 3/4
電源編 4/4
CPUクーラー編 1/3
CPUクーラー編 2/3
CPUクーラー編 3/3
液晶ディスプレイ編 1/3
液晶ディスプレイ編 2/3
液晶ディスプレイ編 3/3
サウンドデバイス編 1/2
サウンドデバイス編 2/2
ビデオキャプチャ編 1/2
ビデオキャプチャ編 1/2
べアボーン編 1/2
べアボーン編 2/2
そのほかのパーツ編 1/3
そのほかのパーツ編 2/3
そのほかのパーツ編 3/3
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
自作PCパーツ完全購入ガイド 2009年夏
TEXT:北川達也
HDD編
imageHDDの主流は、昨年までの300GB台のプラッタ採用製品から500GBプラッタを採用した製品へと移行が進んでいる。性能面では、SSDに一歩譲った感もあるHDDだが、現在でも大容量ストレージの主役であることは間違いない。
500GBプラッタの製品が主流へ ハイエンドはSSDへとシフト?
 HDDの記録容量や性能の向上の要因の一つは、ドライブに内蔵される「プラッタ」と呼ばれる磁気メディアの記録密度の増加だが、昨年までのHDDに採用されていたプラッタは最大容量が375GBで、このほかは333GBや320GBなどと300GB台のものが主流だった。しかし、現在は500GBプラッタが登場し、これを採用した製品への移行が各社で始まった。これによって、HDDの最大記録容量も増加し、ついに2TBのHDDが各社から登場してきている。

 また、HDDよりも高性能なSSDの存在が一般に認知されたためか、パフォーマンス別のラインナップに微妙な変化が出てきているようだ。と言うのも、HDDは、7,200rpm以上の比較的高性能なセグメントと5,400rpmの価格容量比重視のセグメントに大別されるが、両者の製品更新はこれまでほぼ同時進行だった。だが、500GBプラッタモデルが発売された頃から、これが微妙にズレてきている。現時点では低消費電力、低騒音を特徴とした5,400rpmの製品を先行して発売しているメーカーが多く、7,200rpmで500GBプラッタを採用した製品を発売しているメーカーは、現在のところSeagateのみ。性能を追求した高速ストレージの分野はSSDへとシフトし、今後のHDDは、大容量ストレージとしての性格を強めていくことになるかもしれない。
image500GBプラッタ採用モデルが続々登場
Samsungから発売されたのを皮切りに、Seagate、Western Digitalでも高速な500GBプラッタ採用モデルが主流になりつつある
各クラスのトレンド
ハイエンド  
image高速な回転数が特徴 SSDへのシフトも見られる
10,000rpmの回転数を誇るWestern DigitalのVelociRaptorのみがこのクラスに存在するが、ストレージにスピードを求めるユーザーはSSDにシフトしつつある
ミドルレンジ  
image500GBプラッタ製品登場で価格と性能のバランスが向上
7,200rpmのモデルが主流。コストと性能面のバランスがもっともよく、システムドライブ兼データドライブといった使い方に向く。現在はとくに500GBプラッタ採用モデルが優秀
ローエンド 1万円未満
imageGB単価が急激に下落 手軽に大容量を入手
データドライブ用の5,400rpmモデルが人気。容量単価に優れ、低消費電力、低騒音が特徴。こちらでも500GBプラッタモデルが主流に。外付けケースに組み込むHDDとしても最適
500GBプラッタ採用製品の性能に注目
 では、最新製品の性能をチェックしてみよう。まず、CrystalDiskMarkのシーケンシャルリード/ライトの結果から見ていくが、もっとも高速だったのは、500GBプラッタ採用で7,200rpmのBarracuda 7200.12 ST3500410ASで、リード/ライトともに約135MB/s。このモデルは、同じ7,200rpmで300GB台のプラッタを採用したモデルの中で最速のDeskstar 7K1000.B HDT721032SLA360と比較して1.2倍前後の高速性を実現している。512KBや4KBなどの項目こそ10,000rpmのWD VelociRaptor WD3000HLFSに譲るが、記録密度が向上したことによってシーケンシャルリード/ライト時の性能が明らかに向上した。

 また、500GBプラッタを採用した5,400rpmモデルのシーケンシャルリード/ライト性能の向上も著しい。EcoGreen F2 HD103SIやWD Caviar Green WD10EADSの速度は、7,200rpmで300GB台のプラッタ採用のWD Caviar Black WD1001FALSやHDT721032SLA360とほぼ同じレベルまで向上している。

 おもしろいのは、5,900rpmという中途半端と思える回転数を採用したBarracuda LP ST31000520ASの結果だ。この製品も500GBプラッタ採用モデルだが、今回テストした製品の中では、3番目にシーケンシャルリード/ライトの速度が高速で、300GB台のプラッタを採用した7,200rpmのHDDよりも高速だった。次にPCMark Vantageの結果だが、ランダムアクセス性能の高さが要求されるこのテストでは、回転数が高い製品が上位に来ており、トップは、WD3000HLFSで、次点は、ST3500410ASである。ランダムアクセス性能は、基本的に回転数の高さに直結する。5,400rpmの製品が、7,200rpmの製品よりも成績が悪いのは仕方がないだろう。

 最後に、消費電力を見ると5,400rpmモデルの優秀さが目立つ。また、ST31000520ASはそれらと同等の省電力性を発揮しており、性能と合わせて非常にバランスがよいモデルと言えるだろう。
image
image
image
【検証環境】
CPU:Intel Core 2 Duo E6600(2.4GHz)
マザーボード:ASUSTeK P5Q(Intel P45+ICH10R)
メモリ:ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB×2
ビデオカード:NVIDIA GeForce 8600 GTリファレンスカード
システムHDD:日立GST Deskstar T7K500 HDT725025VLA380(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス