特集
今が狙い目のCPU、IntelとAMD 買うならどっち?
用途別・最適CPUはこれだ! 1/4
用途別・最適CPUはこれだ! 2/4
用途別・最適CPUはこれだ! 3/4
用途別・最適CPUはこれだ! 4/4
最新チップセットがもたらす新機能 1/2
最新チップセットがもたらす新機能 2/2
最新チップセット比較 1/2
最新チップセット比較 2/2
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 1/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 2/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 3/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 4/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 5/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 6/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 7/7
5万円で作る激安PC 1/2
5万円で作る激安PC 1/2
10万円で組むタイプ別PC構成術 1/2
10万円で組むタイプ別PC構成術 1/2
Xeon対Quad FX 1/2
Xeon対Quad FX 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
Intel vs. AMD 夏の陣
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究
TEXT:鈴木雅暢
Intel vs. AMD ハイエンドマザーボード対決
傾向
・多フェーズVRM、固体コンデンサなどによる高品質設計がトレンド
・ヒートパイプ、放熱板などによるファンレス強化冷却システムに注目が集まる
・チップセットの位置付けは微妙
高品質設計がトレンド チップセットにも注目
 ハイエンド向けマザーボードの傾向を押さえておこう。ハイエンドマザーボードの大きなアドバンテージと言えるのが、VRMのフェーズ数増加、高品質コンデンサの実装に代表される高品質設計だ。VRMとは、CPUコア駆動電圧を電源ユニットからの入力電圧から生成して供給する一連の電源回路のことである。CPUは低電圧で大電流を要求するため、複数のコンバータで出力電流の位相をずらして並列に供給するマルチフェーズ方式が採用されているが、このフェーズ数を増やすほどに、抵抗などによる損失や電源回路への負荷を低減でき、低発熱で安定した電流供給ができる。また、コンデンサは熱に弱く、ほかのICなどに比べると壊れやすい部品だけに、コンデンサの品質、信頼性を高めることは、そのままマザーボードの品質、信頼性を高めることに直結すると言ってよい。電解液蒸発の心配がない固体コンデンサを多用している製品も多い。そのほかでは、ヒートパイプなどを利用したファンレス冷却システムの装備、豪華付属品の添付などがトレンドとなっている。

 Intel CPU向けの現行ハイエンド向けチップセットは本来975Xだが、P965世代よりも1世代古いことからマニア層からの人気は今一つで、P965を使っているメーカーも多い。最新のP35チップセットも、まだ本来のハイエンドであるX38が登場していないためか、早くも高級製品に採用されている。一方、AMD CPU向けのハイエンドチップセットはNVIDIAのnForce 590 SLIが主力だが、ミドルレンジのnForce 570 SLIと同様に登場から1年が経過しているためか最近は新製品ががあまり登場していない。
imageBIOS ROMを物理的に2重化して保護するDual BIOS。このようなぜいたくな仕様もハイエンドならではだ
imagePCI Express x16スロットの2本搭載によるデュアルGPU技術への対応もハイエンドではおなじみ
注目の最新ハイエンドマザーボード
WiFiアダプタ搭載のP35ハイエンドモデル
ASUSTeK
P5K Deluxe/WiFi-AP
予想実売価格:37,000円前後
問い合わせ先:ユニティ コーポレーション
E-mail:news@unitycorp.co.jp
URL:http://www.asus.co.jp/
imageIEEE802.11b/g対応のWiFiアダプタを搭載したハイエンドモデル。チップセットにはIntelの次世代チップとなるP35+ICH9Rを採用している。前モデルのP5B Deluxeと比較して、冷却機構が一層豪華になっており、MCHに対してもヒートパイプが引かれたほか、VRMにもヒートシンクが搭載されることとなった。前モデルと同じく、オーバークロック耐性も期待できそうだ。
image
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Extreme、Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4
チップセット:Intel P35+ICH9R
メモリスロット:PC2-6400/5300 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:Analog Devices AD1988B
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x4(x16形状)×1、PCI Express x1×2、PCI×3
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×6、eSATA(Serial ATA 2.5)×2、Ultra ATA/133×1 RAID:RAID 0/1/0+1/5、JBOD
インターフェース:FDD×1、PS/2×1、USB 2.0×6、IEEE1394(S400、6ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(光角型)×1、S/P DIF OUT(同軸)×1、1000BASE-T×2
内蔵GPUを搭載しつつCrossFireもサポート
GIGABYTE
GA-965G-DS4 Rev3.3
実売価格:24,000円前後
問い合わせ先:リンクスインターナショナル
TEL:03-5812-6120
URL:http://www.gigabyte.co.jp/
imageコンデンサは高品質で信頼性の高い日本製固体電解タイプで統一した、GIGABYTEこだわりのモデル。本機はG965チップセットを採用した内蔵グラフィックスコア搭載タイプだが、冷却性に優れる同社のクーリング機構「Silent-Pipe」や、2スロットのPCI Express x16でのCrossFire対応など、P965採用のハイエンドマザーと同等以上の豪華さを誇っている。
image
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Extreme、Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4、Celeron D
チップセット:Intel G965+ICH8R
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
グラフィックス機能:Intel G965内蔵(Intel Graphics Media Accelerator X3000)
サウンド:Realtek Semiconductor ALC883
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x8(x16形状)
×1、PCI Express x1×3、PCI×2
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×8、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1/0+1/5、JBOD
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、パラレル×1、USB 2.0×4、IEEE1394(S400、6ピン)×1、ディスプレイ(Dsub 15ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(光角型)×1、S/P DIF OUT(同軸)×1、1000BASE-T×1
自作心をくすぐる超豪華仕様のなんでもマザー
GIGABYTE
GA-N680SLI-DQ6
実売価格:44,000円前後
問い合わせ先:リンクスインターナショナル
TEL:03-5812-6120
URL:http://www.gigabyte.co.jp/
imagenForce 680i SLIを搭載したATXマザーボード。フルレーンPCI Express x16スロットを2基備え、強力なSLI動作をサポートする。本機はとにかくオンボードデバイスの数が豊富。ギガビットLANを4ポートも搭載している。
imageSerial ATA 2.5ポートを10基備えており、チップセットの6基に加えて、オリジナルチップで4基を提供している
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Extreme、Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4、Celeron D
チップセット:NVIDIA nForce 680i SLI
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:Realtek Semiconductor ALC888
拡張スロット:PCI Express x16×2、PCI Express x8(x16形状)×1、PCI Express x1×1、PCI×3
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×10、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1/0+1/5、JBOD
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、シリアル×1、USB 2.0×4、IEEE1394(S400、4ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(光角型)×1、1000BASE-T×4
シンプルながら高性能なP35スタンダード製品
MSI
P35 Neo-FI
予想実売価格:18,000円前後
問い合わせ先:エムエスアイコンピュータージャパン
E-mail:web@msi-computer.co.jp
URL:http://www.msi-computer.co.jp/
imageIntelの最新チップセットP35を搭載したスタンダードモデル。ICHにはRAID非対応のICH9を採用する。そつなく構成されたボードで、各拡張スロットのレイアウトが秀逸。大きめのハイエンドビデオカードを挿しても、いまだ需要の高いPCIスロットを潰さなくてすむのはうれしいところだろう。Serial ATA 2.5ポートを5基搭載し、うち1つはMarvelのコントローラチップから提供。
image
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Extreme、Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4
チップセット:Intel P35+ICH9
メモリスロット:PC2-6400/5300 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:Realtek Semiconductor ALC888
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI×2
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×5、Ultra ATA/133×1
RAID:-
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、シリアル×1、パラレル×1、USB 2.0×4、IEEE1394(S400、6ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、1000BASE-T×1
Platinumシリーズの最新作 冷却機構を強化
MSI
975X Platinum Plus
実売価格:28,000円前後
問い合わせ先:エムエスアイコンピュータージャパン
E-mail:web@msi-computer.co.jp
URL:http://www.msi-computer.co.jp/
imageIntelのハイエンドチップセットである975Xを搭載したマザーボード。クアッドコアにも対応しており、Extremeシリーズも問題なくサポートする。VRMまわりとMCHにはヒートパイプを採用、静音性とともにオーバークロック時の安定性に貢献する。PCI Express x16スロットを2基備え、CrossFireに対応しているが、フルレーンでの動作はできず、x8動作までとなる。
image
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Extreme、Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4、Celeron D
チップセット:Intel 975X+ICH7DH
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:Realtek Semiconductor ALC888
拡張スロット:PCI Express x16×1(CrossFire時はx8動作)、PCI Express x8(x16形状)×1、PCI Express x1×2、PCI×2
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×5、Ultra ATA/133×1、Ultra ATA/100×1
RAID:RAID 0/1/0+1
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、シリアル×1、パラレル×1、USB 2.0×4、IEEE1394(S400、6ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(同軸)×1、1000BASE-T×1
付属のツールが充実 Vistaを存分に楽しめる
ASUSTeK
M2N32-SLI Premium Vista Edition
実売価格:35,000円前後
問い合わせ先:ユニティ コーポレーション
E-mai:news@unitycorp.co.jp
URL:http://www.asus.co.jp/
imageWindows Vistaへの特化を図ったSocket AM2マザーボード。チップセットはハイエンド系のNVIDIA nForce 590 SLIを搭載。マザーボード全面に渡って富士通メディアデバイス製の固体電解コンデンサを採用しており、運用における信頼性は高いと言える。
imageWindowsサイドショーをScreenDUOと呼ばれる液晶モニタ付きの専用デバイスに出力可能だ
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:Socket AM2
対応CPU:Athlon 64 FX、Athlon 64 X2、Athlon 64、Sempron
チップセット:NVIDIA nForce 590 SLI
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:Analog Devices AD1988B
拡張スロット:PCI Express x16×2、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×2
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×7、eSATA×1、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1/0+1/5、JBOD
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、シリアル×1、USB 2.0×4、IEEE1394(S400、6ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(同軸)×1、S/P DIF OUT(光角型)×1、1000BASE-T×2
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年春号

発売日:3月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス