特集
今が狙い目のCPU、IntelとAMD 買うならどっち?
用途別・最適CPUはこれだ! 1/4
用途別・最適CPUはこれだ! 2/4
用途別・最適CPUはこれだ! 3/4
用途別・最適CPUはこれだ! 4/4
最新チップセットがもたらす新機能 1/2
最新チップセットがもたらす新機能 2/2
最新チップセット比較 1/2
最新チップセット比較 2/2
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 1/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 2/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 3/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 4/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 5/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 6/7
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究 7/7
5万円で作る激安PC 1/2
5万円で作る激安PC 1/2
10万円で組むタイプ別PC構成術 1/2
10万円で組むタイプ別PC構成術 1/2
Xeon対Quad FX 1/2
Xeon対Quad FX 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
Intel vs. AMD 夏の陣
CPU+マザーボードの組み合わせ徹底研究
TEXT:鈴木雅暢
Intel vs. AMD ミドルレンジマザーボード対決
傾向
・Intel CPU向けの主力チップセット搭載製品が買える
・シンプルで無難な構成の製品がメイン
・AMD CPU対応は定番モデルの一人勝ち
Intel向けの選択肢が充実 シンプルな仕様の製品が主力
 ここでは1万5,000円から2万円クラスの主なマザーボードの傾向を見ていこう。Intel CPU向けでは、ようやくこの価格帯から、P35やP965などのメインストリーム向けチップセットやグラフィックス機能内蔵型チップセットを搭載したマザーボードを選べるようになる。それでも、メジャーメーカーの主力製品はもう少し上の価格帯で、このクラスはシンプルで堅実な仕様の製品がほとんど。South BridgeもRAID機能などを持たないノーマル版であることが多い。

 VRMやコンデンサにコストをかけるという価格帯でもなく、VRMの構成は一般的な3、4フェーズが基本。コンデンサ構成も、CPU周辺のみ固体コンデンサや日本製高品質コンデンサを採用するといった無難なスタイルが多い。特殊な冷却システムが搭載されることもあまりなく、地味な印象を受ける製品が多い。もっとも、市場受けが悪いかと言えばそうでもなく、最初のうちは目立たないが、新製品ラッシュが一段落した頃から台頭し始め、気付くと定番的な存在になっている、そんなイメージだ。

 一方、低価格帯のラインナップが充実していたAMD CPU向けマザーボードは、このクラスの市場はあまり活気があるとは言い難い。このクラスの主力チップセットと言えば、NVIDIAのnForce4 570 SLI/nForce 570 Ultraといった辺りだが、リリースされたのは約1年前。それ以来、競合するようなチップセットも出ておらず、ここ最近はほとんど新製品も投入されることがない。そのため、すでに定番と言える製品が固まっており、魅力的な製品がないわけではないが、選択肢が少ないというのが実情である。
imageAMD CPU向けマザーボードはミドルレンジ製品でも比較的多機能な傾向。NVIDIA SLIなどに対応できる高いポテンシャルを持つものもある
imageこのクラスになると、BIOS設定も上位モデルとほぼ共通。自動オーバークロックなどの付加的な機能を備えるものも多い
注目の最新ミドルレンジマザーボード
豊富なデバイスと機能をあわせ持つスタンダード製品
ASUSTeK
P5B
実売価格:17,000円前後
問い合わせ先:ユニティ コーポレーション
E-mail:news@unitycorp.co.jp
URL:http://www.asus.co.jp/
imageIntel P965+ICH8という組み合わせのスタンダードマザー。JMicronのIDEコントローラJBM363を採用し、IDEとeSATAポートをそれぞれ1基ずつ備えている。自動オーバークロッキングツール「AI N.O.S.」も備え、機能的にも充実した製品だ。
image付属の「Q-Connector」を使えば、HDD LEDや電源スイッチ、リセットなどのコネクタを分かりやすくひとまとめにできる
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Extreme、Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4、Celeron D
チップセット:Intel P965+ICH8
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:Analog Devices AD1988A
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI×3
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×5、eSATA(Serial ATA 2.5)×1、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1、JBOD
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、パラレル×1、USB 2.0×4、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(光角型)×1、S/P DIF OUT(同軸)×1、1000BASE-T×1
VistaでのAero動作も可能 Intel純正GPU内蔵モデル
Intel
DG965SSCK
実売価格:16,000円前後
問い合わせ先:インテル
TEL:0120-868686
URL:http://www.intel.co.jp/
image高性能な内蔵グラフィックス機能「GMA X3000」を搭載したIntel 純正のG965マザー。1万円台半ばと低価格ながら、VRMまわりに日本製固体コンデンサを採用しており、品質は信頼できる。コストパフォーマンスの非常に高いマザーボードだ。
imageIntel純正というだけあって、ギガビットLANのチップには安定性で定評があるIntel 82566DMを採用している
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4
チップセット:Intel G965+ICH8
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
グラフィックス機能:Intel G965内蔵(Intel Graphics Media Accelerator X3000)
サウンド:High Definition Audio Codec
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×4、Ultra ATA/133×1
RAID:-
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、パラレル×1、USB 2.0×6、ディスプレイ(Dsub 15ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、1000BASE-T×1
2万円を切りながら高機能なICH9Rを搭載
Intel
DP35DP
予想実売価格:17,000円前後
問い合わせ先:インテル
TEL:0120-868686
URL:http://www.intel.co.jp/
imageシステムバスクロック1,333MHzとDDR3をサポートするIntelの次世代チップセット「P35」を搭載したIntel純正のATXマザーボード。本機はDDR3はサポートせず、対応メモリは従来のDDR2となる。ICHには上位のチップとなる「ICH9R」を採用しており、RAIDやIntel Turbo Memoryに対応可能、この仕様を鑑みればかなりお買得感の強い製品となっている。
image
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4
チップセット:Intel P35+ICH9R
メモリスロット:PC2-6400/5300 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:SigmaTel STAC9271D5
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI×3
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×6、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1/0+1/5
インターフェース:USB 2.0×6、IEEE1394(S400、6ピン)×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、S/P DIF OUT(光角型)×1、1000BASE-T×1
Fatal1tyブランドのHDMI搭載microATXマザー
Universal ABIT
Fatal1ty F-I90HD
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:アスク
TEL:03-5215-5650
URL:http://www.abit.com.tw/
image本機のチップセット「Radeon Xpress 1250」は、言わばAMD 690GのIntelプラットフォーム対応版のような存在。Intel環境でも内蔵GPUによるHDMI出力を利用できる。Fatal1tyと銘打たれているだけあってか、オーバークロック設定の豊富なBIOSを搭載。
imageディスプレイ出力には、HDMI端子を搭載する。付属品として、HDMI-DVI-D変換アダプタが付属している
フォームファクター:microATX
CPUタイプ:LGA775
対応CPU:Core 2 Extreme、Core 2 Quad、Core 2 Duo、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4、Celeron D
チップセット:ATI Radeon Xpress 1250+SB600
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大16GB)
グラフィックス機能:Radeon Xpress 1250内蔵(Radeon X700ベース)
サウンド:Realtek Semiconductor ALC888
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×4、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1/0+1
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、USB 2.0×4、ディスプレイ(Dsub 15ピン)×1、HDMI×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(光角型)×1、1000BASE-T×1
SLI非対応ながら水準以上の機能性と拡張性を誇る
ASUSTeK
M2N-E
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:ユニティ コーポレーション
E-mail:news@unitycorp.co.jp
URL:http://www.asus.co.jp/
imageNVIDIA nForce 570 Ultraを搭載したSocket AM2プラットフォーム対応のATXマザーボード。価格も1万円台半ばと、このクラスのチップセットを搭載した製品にしてはかなり安く、SLIを有したハイエンドマザーを必要としないユーザーにとって魅力的な逸品。RAID機能を備えたSerial ATA 2.5ポートを6基搭載しているなど、上位のマザーボードと比較しても決して見劣りしない。 
image
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:Socket AM2
対応CPU:Athlon 64 FX、Athlon 64 X2、Athlon 64、Sempron
チップセット:NVIDIA nForce 570 Ultra
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:Analog Devices AD1988B
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI Exp
ress x1×2、PCI×3
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×6、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1/0+1/5、JBOD
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、シリアル×1、USB 2.0×4、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、センタースピーカー×1、リアスピーカー×1、サイドスピーカー×1、S/P DIF OUT(同軸)×1、1000BASE-T×1
サイズ(W×H):305×245mm
ゲーマー特化をうたうSLI対応モデル
Universal ABIT
Fatal1ty AN9 32X
実売価格:22,000円前後
問い合わせ先:アスク
TEL:03-5215-5650
URL:http://www.abit.com.tw/
imageチップセットにnForce 590 SLIを搭載したゲーマー向けモデル。nForce 6シリーズが出た今となっては一世代前のチップセットといった印象があるが、Socket AM2プラットフォームにおいて実質のハイエンドに位置している。また、VRM、SPP、MCPをヒートパイプで結び、これをバックパネル部のデュアルファンで冷却する機構を搭載。SLIやオーバークロック時も安心だ。
image
フォームファクター:ATX
CPUタイプ:Socket AM2
対応CPU:Athlon 64 FX、Athlon 64 X2、Athlon 64、Sempron
チップセット:NVIDIA nForce 590 SLI
メモリスロット:PC2-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
サウンド:AudioMAXサウンドカード
拡張スロット:PCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×1、サウンドカード専用スロット×1
HDDインターフェース:Serial ATA 2.5×6、Ultra ATA/133×1
RAID:RAID 0/1/0+1/5、JBOD
インターフェース:FDD×1、PS/2×2、USB 2.0×4、1000BASE-T×2
サイズ(W×H):305×245mm
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年春号

発売日:3月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス