特集
最新PC自作トレンドを総括
CPU編 1/3
CPU編 2/3
CPU編 3/3
マザーボード編 1/4
マザーボード編 2/4
マザーボード編 3/4
マザーボード編 4/4
メモリ編
ビデオカード編 1/3
ビデオカード編 2/3
ビデオカード編 3/3
電源編 1/2
電源編 2/2
光学ドライブ編 1/2
光学ドライブ編 2/2
冷却・静音パーツ編 1/2
冷却・静音パーツ編 2/2
PCケース編 1/2
PCケース編 2/2
そのほかのパーツのトレンド 1/2
そのほかのパーツのトレンド 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PC自作大全 2006
ビデオカード編
TEXT:橋本新義
トレンド5 SLIとCrossFireの今
対応製品の低価格化により より身近な存在に
 2006年のビデオカードにおける注目トレンドとしては、「NVIDIA SLI」や「ATI CrossFire」といった、複数のビデオカードを連動させて3D描画速度の向上を狙うシステムも挙げられるだろう。最近まではハイエンドゲームマシン専用といった印象のあったこれらのシステムだが、最近では1万円以下の低価格カードでも対応するようになり、対応マザーボードの低価格化も進んだことから、かなり敷居が下がっている。とくにSLIでは、低価格ながらGDDR3 SDRAMを搭載したオーバークロック版を使うことで、価格以上の性能を発揮させることも可能だ。

 また、対抗するCrossFireも、ドライバアップデートによりIntel P965チップセット搭載マザーでの動作が可能になる(ただし、PCI Express x16スロットを2基備える製品に限る)など、対応製品を増加させつつある。さらにビデオカード側でも改良が進んでおり、最新GPUであるRadeon X1950 PROからは内部コネクタを使う新接続方式が採用され、従来必須だった「CrossFire Edition」と呼ばれる専用カードを廃し、同じカードを2枚使用してのCrossFireが可能になった。
imageCrossFireの新コネクタ
Radeon X1950 PROで採用された2基の内部コネクタ。カードに付属する専用ケーブルを接続して使う
image
【環境】
CPU:AMD Athlon 64 X2 5000+(2.6GHz)
マザーボード:ASUSTeK M2N32-SLI Deluxe(NVIDIA nForce 590 SLI)
メモリ:Corsair CM2X512-8500C5(PC2-6400 DDR2 SDRAM 512MB)×2
HDD:Maxtor MaXLineIII 7B250S0(Serial ATA、7,200rpm、250GB)
OS:Windows XP Professional SP2
 
玄人志向
GF7300GT-E128H/EX
実売価格:11,000円前後
問い合わせ先:なし
URL:http://www.kuroutoshikou.com/
image一部のショップでは1万円を切る価格ながら、GDDR3 SDRAMの1,200MHz駆動により高い性能を発揮するカードだ。Windows Vista RC1のデスクトップパフォーマンス評価も5.9をマークし、軽い3Dゲームであればなんなく動く。さらにSLIによるアップグレードも可能だ
グラフィックスチップ:GeForce 7300 GT
対応スロット:PCI Express x16
コアクロック:500MHz
メモリクロック:1,200MHz
ビデオメモリ(バス幅):128MB(128bit)
インターフェース: DVI-I×1、Dsub 15ピン×1、S-VIDEO/HDTV OUT×1
トレンド6 AGPビデオカードの現状
PCI Express版との性能差が縮まり一部店鋪では人気が再燃
 PCI Express(PCI-E)全盛の昨今にあっても、根強い人気を持つのがAGP版のカードだ。とくにミドルレンジ以上の高速な製品は、新製品が登場するたびに秋葉原ではかなりの売れ筋となる。現在のAGPカードで人気が高いのは、NVIDIAのGeForce 7600 GS/GT搭載カード、続いて先行したATIのRadeon X1600 PRO搭載カードといった順だ。

 トピックとなっているのは、PCI-E版カードとの性能差が解消された点だ。実は昨年のNVIDIA製GPUは、AGP版はPCI-E版よりメモリクロックが低い、一部演算ユニットが少ないといった性能差が付けられていたが、7600 GT/GSではPCI-E版と同性能となった。ベンチマーク結果(下記)でも、完全に同程度と言ってよい結果である。

 ただし、PCI-E版との差が完全に埋められたかと言うと、そうでもない。製品ラインナップの多さや価格ではPCI-E版との差が開いており、AGP版は限られたラインナップのみである。とくに低価格製品のAGP版は新製品がなかなか登場しないため、コストパフォーマンスでは大きく差が付いている。
image
本誌の調査によればAGPユーザーは全体の半数近くを占めており、まだまだ需要は多い
image
【環境】
CPU:Pentium 4 530J(3GHz)
マザーボード:ASUSTeK P5LD2 Deluxe(Intel 945P、PCI Express x16)/ASRock ConRoe865PE(Intel 865PE、AGP 8X)
メモリ:Micron PC2-5300 DDR2 SDRAM 512MB×2/ノーブランド PC3200 DDR SDRAM 256MB×4
HDD:Maxtor MaXLineIII 7B250S0(Serial ATA、7,200rpm、250GB)
OS:Windows XP Professional SP2
 
エルザジャパン
GLADIAC 776 GT AGP 256MB
実売価格:29,000円前後
問い合わせ先:sales-jp@elsa-jp.co.jp
URL:http://www.elsa-jp.co.jp/
imageAGP版カードでは事実上最高性能となる、GeForce 7600 GT搭載製品。三洋電機製高品質コンデンサ「OS-CON」やセラミックベアリングファンを搭載した独自設計の静音クーラーなど、安定動作や信頼性を重視したパーツが投入されている
グラフィックスチップ:GeForce 7600 GT
対応スロット:AGP 8X
コアクロック:560MHz
メモリクロック:1,400MHz
ビデオメモリ(バス幅):256MB(128bit)
インターフェース:DVI-I×1、S-VIDEO/HDTV OUT×1
トレンド7 動画再生支援機能
SD解像度の高画質化は一段落 HD解像度でのCPU負荷低減へ
 昨年から大きく注目されるようになってきたのが、NVIDIAの「PureVideo」とATIの「AVIVO」に代表される、動画再生支援機能だ。

 これは、DVDや各種のビデオファイルなどを再生する際、液晶テレビや専用DVDプレイヤーなどで使われている高画質化処理(ノイズリダクションやプログレッシブ変換、高精度解像度変換など)をGPUによって行なうことで、より高画質な再生を可能にするというものだ。また、Blu-ray DiscやHD DVDといった高解像度動画のデコード処理をGPU側で一部負担し、CPU負荷を下げる機能も含まれる。「より美しく、よりシステム負荷を下げて動画を見るための機能」と言えるだろう。

 現在は主に高画質化が焦点となっているが、これは両社とも高いレベルに到達しつつある。画質処理を目視で確認できる、画質評価ディスク「HQV Benchmark DVD」などを使うと、ノイズリダクション性能でAVIVOのほうが若干有利なものの、そのほかではドライバのバージョンによっては拮抗する状態だ。

 今後は、PCへのBlu-ray/HD DVDドライブの普及に従い、HD解像度の動作再生時のデコード支援処理(CPU負荷の軽減)の改良に焦点が移りつつある。
ATI AVIVO NVIDIA PureVideo
・ノイズリダクション機能
・高精度プログレッシブ変換
・H.264/WMV/VC-1/MPEG4/MPEG2のデコード支援
・動画の色補正機能
・専用のトランスコードユーティリティ
・ノイズリダクション機能
・高精度プログレッシブ変換
・H.264/WMV/VC-1/MPEG4/MPEG2のデコード支援
・動画の色補正機能
ASUSTeK
EAX1300/TD/128M
実売価格:9,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ コーポレーション)
URL:http://asus.co.jp/
image実売価格で1万円を切る手頃な製品ながら、AVIVOの機能をすべて搭載するRadeon X1300搭載カード。PCで本格的に動画を見たい、といった用途には非常に適した製品だ。ファン付きながら比較的発熱が小さく、さらにLow Profile形状なので、小型PCのアップグレード用途などにも向く
グラフィックスチップ:Radeon X1300
対応スロット:PCI Express x16
コアクロック:450MHz
メモリクロック:500MHz
ビデオメモリ(バス幅):128MB(64bit)
インターフェース: DVI-I×1、Dsub 15ピン×1、S-VIDEO/HDTV OUT×1
トレンド8 HDMIとHDCPって?
次世代AV用端子と著作権保護機能
 ビデオカードに関する最新トレンドが、この二つのキーワードだ。これは両方とも、デジタルディスプレイ出力端子に関連したものである。

「HDMI」とは、デジタルAV出力端子の規格だ。大型テレビなどで普及が進んでおり、映像だけでなくデジタル音声も伝送できるのが特徴だ(そのため、HDMI端子搭載ビデオカードにはデジタル音声入力端子が搭載されるのが一般的)。PCで一般的なDVIとは大きく形状が異なるのだが、実は映像部の信号仕様などは同じで、変換ケーブルやアダプタを介しての相互接続も可能だ(ただしDVI-Iの場合、デジタル接続部のみ)。

 「HDCP」とは、デジタルディスプレイ用の著作権保護規格のこと。地上デジタル放送、Blu-ray DiscやHD DVDをデジタル接続で見るには、ビデオカード側とディスプレイ側の双方の対応が必須で、非対応機器で見ようとするとプレイヤーが強制停止され、見ることができない。

 こうした事情から、PC用Blu-ray/HD DVDドライブの登場に合わせ、最新ビデオカードでは高級製品を中心にHDCPへの対応が急速に進んでいる。対応版が存在する場合はぜひともそちらを選びたい。なお、HDMI端子は事実上HDCPへの対応が必須となっているため、判別する必要はない。
imageディスプレイも対応品が必要
Blu-ray/HD DVDの視聴には、ディスプレイもHDCP対応製品が必要。現在はデルの2407WFP(写真)が代表機種だ
imageHDMIは音声も出力可能
HDMIは小型ながら、マルチチャンネルデジタル音声も1本のケーブルで出力可能。対応テレビなどとの接続が非常にシンプルになる
Sapphire
Radeon X1600 PRO HDMI
実売価格:21,000円前後
問い合わせ先:03-5215-5650(アスク)
URL:http://www.sapphiretech.com/jn/
image世界で初めて単体発売されたHDMI端子搭載ビデオカード。2006年7月に登場以降、静かなヒット商品となっている。動作クロックは一般的なRadeon X1600 PROカードと変わらないものの、GDDR3メモリを搭載することで発熱の減少を図っているのが特徴だ。Low Profileスロットにも対応する
グラフィックスチップ:Radeon X1600 PRO
対応スロット:PCI Express x16
コアクロック:500MHz
メモリクロック:800MHz
ビデオメモリ(バス幅):256MB(128bit)
インターフェース: Dsub 15ピン×1、HDMI OUT×1、S/P DIF IN(同軸)×1
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年秋号

発売日:9月29日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス