特集
ついに登場、Yorkfield! 45nm世代で勢力図はどう変わる? 1/2
ついに登場、Yorkfield! 45nm世代で勢力図はどう変わる? 2/2
最新CPU総合ガイド 1/2
最新CPU総合ガイド 2/2
ベンチマーク検証 1/3
ベンチマーク検証 2/3
ベンチマーク検証 3/3
クアッドコアに最適化されたソフトを使おう 1/2
クアッドコアに最適化されたソフトを使おう 2/2
最新マザーボードガイド 1/3
最新マザーボードガイド 2/3
最新マザーボードガイド 3/3
パワレポライターオススメ、最新デュアル・クアッドコアCPUで自作するならこんなマシン 1/3
パワレポライターオススメ、最新デュアル・クアッドコアCPUで自作するならこんなマシン 2/3
パワレポライターオススメ、最新デュアル・クアッドコアCPUで自作するならこんなマシン 3/3
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う! 1/3
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う! 2/3
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う! 3/3
デュアル・クアッドコアに最適なCPUクーラーを選ぶ 1/2
デュアル・クアッドコアに最適なCPUクーラーを選ぶ 2/2
クアッドコアCPUのオーバークロック耐性を検証 1/2
クアッドコアCPUのオーバークロック耐性を検証 2/2
低消費電力チューン 1/2
低消費電力チューン 2/2
CPU&チップセットロードマップ解説
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
クアッドコアvs.デュアルコア最新CPU徹底比較
TEXT:目黒廣道
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う!
image最新CPUを使いたいけど、そのためにマザーボードを買い換えるのはちょっと……と考えるユーザーもいることだろう。しかし、最新CPUを使用するのに、必ず最新チップセット搭載マザーボードが必要とは限らない。ここでは、旧チップセットを搭載したマザーボードで最新CPUを使うためのノウハウを紹介してみよう。
45nmのCPUを利用可能な チップセットを把握する
 まずは、Intel系の最新CPUについておさらいしよう。プロセスルールが45nmとなり、キャッシュ容量が増えたことによりパフォーマンスが大幅にアップした新Core 2シリーズ。デュアルコアのCore 2 Duo(Wolfdale)と、クアッドコアのCore 2 Quad(Yorkfield)の2種類がある。

 しかし、従来と同じ製品名で、同じソケットを使用しているからと言って、今使用しているCore 2シリーズ対応マザーボードに載せ換え、そのままアップグレードできるとは限らない。マザーボードの電源回路やBIOSが対応していなければ、新しいCore 2シリーズは動作しないのだ。

 では、新しいCore 2シリーズを使用するには、マザーボードを買い換える必要があるのかと言うと、そうとも限らない。P965世代などのやや古いマザーボードであっても、一部は将来を見越した設計となっていて、BIOSをアップデートすることで新Core 2に対応できることがある。まずは自分が使用しているマザーボードが対応しているかどうかを調べてみよう。下に、主要なマザーボードメーカーの最新CPU対応リストページをまとめてみたので、これらを参考にするとよいだろう。
image45nmプロセスで製造される最新のCore 2シリーズ。対応ソケットはLGA775だが、古いチップセット搭載マザーでは動作しないことがある
リビジョンの違いに注意
 運よく使用しているマザーボードが対応表にあったからと言って、必ず動くとは限らない点に注意したい。マザーボードのリビジョンによっては、動作しない製品も存在する。とくにGIGABYTE製品はリビジョンによって対応CPUに大きな違いがあるので、確認の際は製品名だけでなくリビジョン番号もしっかり確かめよう。
imageASUSTeKのWebサイトでは、CPU別に対応するマザーボードの一覧を検索できる。対応リビジョンやBIOSのバージョンも表示されるのが便利
主要なマザーボードメーカーの最新CPU対応情報
AOpen 各マザーボードの製品情報ページから対応CPU一覧を表示
ASUSTeK http://support.asus.com/cpusupport/cpusupport.aspx?
SLanguage=ja-jp
BIOSTAR 各マザーボードの製品情報ページから対応CPU一覧を表示
DFI http://jp.dfi.com.tw/Support/mb_cpu_support_list_jp.jsp?
BY_CPU=Y&CPU_ID=0&CATEGORY_NAME=Socket 478&SITE=JP
ECS 各マザーボードの製品情報ページから対応CPU一覧を表示
GIGABYTE http://www.giga-byte.com/Support/Motherboard/
CPUSupport_List.aspx
Intel http://processormatch.intel.com/COMPDB/
default.aspx
MSI http://msi-computer.co.jp/support/
cpusupport.html
Universal ABIT http://www.abit.com.tw/cpu-support-list/
index.htm
チップセット別に見るマザーボードの新Core 2シリーズ対応状況
Intel X48/X38搭載マザーボード
対応:◎
システムバス(最大):1,600MHz(X48)/1,333MHz(X38)
メモリインターフェース(最大):DDR3-1333/DDR2-800
チップセットレベルで45nmの新Core 2に対応している。BIOSのアップデートなども、多くの製品では必要ない。X48なら、今後登場するシステムバス1,600MHz対応のCPUにも標準対応する
Intel P35/P33/G35/G33搭載マザーボード
対応:○
システムバス(最大):1,333MHz
メモリインターフェース(最大):DDR3-1066/DDR2-800
チップセットレベルで対応。初期に登場した製品の一部はBIOSをアップデートしないとプロセッサー・ナンバーを正しく認識しないことがあるが、利用できないマザーボードはない
Intel P31/G31搭載マザーボード
対応:△
システムバス(最大):1,066MHz
メモリインターフェース(最大):DDR2-800
基本的にシステムバス1,066MHzまでにしか対応していないので、マザーボードメーカー独自のオーバークロックによる対応となる。動作確認が取れている製品はかなり多い
Intel 975X搭載マザーボード
対応:△
システムバス(最大):1,066MHz
メモリインターフェース(最大):DDR2-800
登場時期が古いため、基本的には非対応と考えてよい。ただ、一部のマザーボードが、オーバークロックで対応している
Intel P965/G965搭載マザーボード
対応:△
システムバス(最大):1,066MHz
メモリインターフェース(最大):DDR2-800
初期に登場した製品は非対応のものが多い。また、G965はオーバークロックによって内蔵グラフィックス機能に不具合が出るからか、対応製品は非常に少ない
Intel 945P/945GC搭載マザーボード
対応:△
システムバス(最大):1,066MHz(945P)/800MHz(945GC)
メモリインターフェース(最大):DDR2-800(945P)/DDR2-667(945GC)
数は多くないが、一部の製品がオーバークロックで対応している。基本的にクアッドコアCPUは利用できないため、Wolfdaleにしかアップグレードできない
NVIDIA nForce 700i搭載マザーボード
対応:◎
システムバス(最大):1,333MHz
メモリインターフェース(最大):DDR2-800
チップセット発表当初から45nmCPU対応をうたっていることもあり、とくに問題なく利用できる
NVIDIA nForce 600iシリーズ搭載マザーボード(GeForce7000シリーズ含む)
対応:△
システムバス(最大):1,333MHz
メモリインターフェース(最大):DDR2-800
システムバス自体は1,333MHzまで対応しているが、基本的にConroeコアに対応したもの。それでもBIOSアップデートによって対応する製品は多い
NVIDIA GeForce 500 Intel Editionシリーズ搭載マザーボード
対応:△
システムバス(最大):1,066MHz
メモリインターフェース(最大):DDR2-800
数は少ないが、BIOSアップデートによって対応する製品がある。ただし、システムバス1,066MHzでのダウンクロック動作になるなど、制限が出る場合もある
VIA/SiS製チップセット搭載マザーボード
対応:×
システムバス(最大):1,066MHz
メモリインターフェース(最大):DDR2-800
現行製品はほぼ対応しておらず、今後も対応する可能性は少ないため、これらのメーカーのチップセットを搭載したマザーボードを使用している場合は、交換する必要がある
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2017年12月号

発売日:10月28日
定価:1,380円

書籍(ムック)

無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


自作PCパーツパーフェクトカタログ 2017

発売日:2016/11/29
販売価格:1,850円+税


PC 自作・チューンナップ虎の巻 二〇一七

発売日:2016/10/31
販売価格:1,680円+税


VR2 Vol.1

発売日:2016/9/29
販売価格:1,780円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


NASオールカタログ2016-2017

発売日:2016/6/17
販売価格:1,380円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス