特集
ついに登場、Yorkfield! 45nm世代で勢力図はどう変わる? 1/2
ついに登場、Yorkfield! 45nm世代で勢力図はどう変わる? 2/2
最新CPU総合ガイド 1/2
最新CPU総合ガイド 2/2
ベンチマーク検証 1/3
ベンチマーク検証 2/3
ベンチマーク検証 3/3
クアッドコアに最適化されたソフトを使おう 1/2
クアッドコアに最適化されたソフトを使おう 2/2
最新マザーボードガイド 1/3
最新マザーボードガイド 2/3
最新マザーボードガイド 3/3
パワレポライターオススメ、最新デュアル・クアッドコアCPUで自作するならこんなマシン 1/3
パワレポライターオススメ、最新デュアル・クアッドコアCPUで自作するならこんなマシン 2/3
パワレポライターオススメ、最新デュアル・クアッドコアCPUで自作するならこんなマシン 3/3
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う! 1/3
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う! 2/3
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う! 3/3
デュアル・クアッドコアに最適なCPUクーラーを選ぶ 1/2
デュアル・クアッドコアに最適なCPUクーラーを選ぶ 2/2
クアッドコアCPUのオーバークロック耐性を検証 1/2
クアッドコアCPUのオーバークロック耐性を検証 2/2
低消費電力チューン 1/2
低消費電力チューン 2/2
CPU&チップセットロードマップ解説
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
クアッドコアvs.デュアルコア最新CPU徹底比較
旧チップセット搭載マザーボードで最新CPUを使う!
TEXT:目黒廣道
古いパーツを最新マザーボードで流用したい
パーツを流用して低コストで最新CPUを使う
 残念ながら、現在使用しているマザーボードが最新のCPUに対応していなかった。という場合は、マザーボードごと交換する必要が出てくる。

 そこで気になるのが、マザーボードを交換する際に、これまで使ってきたそのほかのパーツを流用できるかということだ。CPU交換を機に、ほかのパーツも全部新しくしてしまおう、と言うのであれば、かけられるコストと相談しつつ、最新パーツを揃えればよい。

 しかし、まだ十分に使える性能を持つパーツを、わざわざ買い換えるのもちょっと……。と、いうこともあるだろう。その場合はできるだけコストをかけないで、使えるパーツは使い回したいところである。そこで重要なのが、どのパーツが流用可能なのかを見きわめることだ。

 ここではマザーボードを交換した場合に、どういったパーツを流用できるのか、どういう場合に買い換える必要が出てくるのかなど、主要なパーツの使い回しに関するノウハウを紹介してみよう。
1 ビデオカード
imagePCI Express x16対応のビデオカードであれば問題なく流用可能。最新のPCI Express 2.0対応のマザーボードであっても下位互換性があるので問題はない。ただし、AGP対応カードは対応する最新マザーボードがないため、PCI Express対応カードを購入するしかない。
2 メモリ
imageDDR2 SDRAMであれば、そのまま流用が可能。DDR2-533やDDR2-667といった低クロックのメモリでも利用できる。DDR SDRAMの場合は、新Core 2対応でDDR SDRAMを使用可能なマザーボードがないため、流用はできない。ただ、現在はDDR2 SDRAMの価格はほぼ底値の状態なので、これを機に買い換えてしまうのがよいだろう。
3 HDD
imageSerial ATA HDDであれば、とくに問題なく流用可能。IDE HDDも流用することができるが、最新マザーボードの多くはIDEポートが1ポートしか用意されていないので、接続する台数が大きく制限される。光学ドライブもIDE接続の場合は、1台しか利用できない。
4 光学ドライブ
imageインターフェースがSerial ATAであれば問題なく流用可能。IDEの場合でもそのまま流用できるが、HDD同様、接続台数の問題が残る。そのような場合は、IDEーSerial ATA変換アダプタを使って解決できる。
5 電源
image定格出力が400W前後で、+12Vが2系統ある標準的な電源であれば、最新CPUにも十分対応できる。消費電力の大きいクアッドコアCPUや高性能ビデオカードを使うなら500W以上は欲しいところ。定格出力が300W未満だったり、ATX12Vコネクタを持たなかったりするような、古い電源であれば買い換えをオススメする。
6 そのほか
imageサウンドカードやテレビキャプチャカードと言った拡張カード類は問題なく流用可能だが、買い換えるマザーボードの拡張スロットの数に注意したい。PCケースに関しては、ATXやmicroATXといった規格がマザーボードと一致していれば流用可能だが、最近の大型CPUクーラーや大型ビデオカードと干渉する場合があるので注意。
アップグレードにオススメのマザーボード
安心の最新チップセットか 低コストな旧型チップセットか
 最新のCPUに交換するのだから、最新チップセット搭載マザーボードを使う。最新の機能を利用できるし、今後出る新しいCPUにも対応するはず。何より、確実に最新CPUに対応し、入手性もよいので安心感も大きい。

 しかし、少しでもコストを抑えるために、あえて旧チップセットを搭載したマザーボードを選択するのもありだ。たとえば、ハイエンド製品の場合、チップセットの基本機能以外は大きく変わらないが、価格では大きく差が付く場合がある。ローエンド製品では価格差が付きにくくなるが、1円でも安く!と考えるなら、探し出して購入する価値はある。

 ただし、中古で入手する場合は注意したい。こちらで解説しているように、リビジョンによっては最新CPUに対応しない製品があるからだ。また、BIOSのバージョンが古いままの可能性も高い。その場合、BIOSをアップデートするのに動作するCPUが必要なことに注意。
ASUSTeK
P5K
実売価格:17,000円前後
搭載チップセット:Intel P35
LGA775
imageP35を搭載した、スタンダードなATXマザーボード。P35搭載マザーとしては、かなり初期に登場した製品ではあるが、現在でも流通量は豊富で、入手しやすい
ASUSTeK
M3A32-MVP Deluxe/WiFi-AP
実売価格:31,000円前後
搭載チップセット:AMD 790FX
Socket AM2
imageAMD 790FXを搭載した、AM2+プラットフォーム対応のハイエンドマザーボード。Phenom対応だけでなく、ビデオカードを最大4枚使用して描画性能をアップさせる「CrossFireX」にも対応している
BIOSTAR
TA780G M2+
実売価格:13,000円前後
搭載チップセット:AMD 780G
Socket AM2
imageDirectX 10対応グラフィックスコア内蔵のAMD 780G搭載ミドルレンジ製品。もちろんPhenomにも標準で対応し、HyperTransport 3.0、PCI Express 2.0といった最新機能も搭載している
GIGABYTE
GA-G33M-DS2R
実売価格:17,000円前後
搭載チップセット:Intel G33
LGA775
imageグラフィックス機能を搭載した、高品質なG33搭載microATXマザーボード。高信頼性・低消費電力・低発熱設計の「Ultra Durable2」規格に準拠。固体電解タイプのコンデンサを採用している
MSI
P35 Platinum Combo
実売価格:27,000円前後
搭載チップセット:Intel P35
LGA775
imageP35を搭載し、DDR2/DDR3 SDRAMの両方に対応したハイエンドマザーボード。後でDDR3 SDRAMに移行することも可能。見た目にもユニークな独自の冷却機構「CIRCU-PIPE」を採用している
Universal ABIT
IX38 QuadGT
実売価格:25,000円前後
搭載チップセット:Intel X38
LGA775
imageX38を搭載しながら、2万円代半ばという、コストパフォーマンスに優れたATXマザーボード。ハイエンド製品の多いX38搭載マザーの中では、群を抜いてお買い得な製品と言える
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年1月号

発売日:11月29日
定価:1,380円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス