その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

今すぐ買いたい! 最新・最強PCパーツ完全解説

SSD

TEXT:北川達也
#ef59a1
#FFF

性能と信頼性の高さでロングセラー

  • Intel PC29AS21BA0
  • Trim対応
  • Serial ATA 2.5
Intel
X25-M Mainstream
SATA SSD
画像

 発売から2年を経た今も売れ筋製品として人気を集めるIntel純正のSSDだ。CrystalDiskMarkの結果もなかなか優秀だが、2年前の製品のため、ピーク速度については他社の最新製品にはおよばない。しかし、4KBのランダムライトは依然トップクラスであり、使用感の指標になると言われるPCMark Vantageでも、それら最新製品を寄せ付けない優れた性能を見せている。こうした実力に裏付けされて、2年間ベストセラーであり続けているわけだが、これはつまりそれだけ多くのユーザーが存在するということでもあり、本製品の信頼性の高さがうかがえる。また、SSDの状況を表示したり、Trimコマンドの定期的な送信を行なったりできるほか、環境移行やOSのバックアップ、SSDを初期状態に戻すSecureErase機能など豊富なツール類をダウンロードして利用できることも大きな魅力だ(現在は英語版のみの提供)。

LINEUP
型番 容量 キャッシュ 価格
SSDSA2MH080G2C1 80GB 32MB 23,000円前後
SSDSA2MH160G2C1 160GB 32MB 38,000円前後

【問い合わせ先】
Intel:0120-868686(インテル)/ http://www.intel.co.jp/

今も高い信頼性と性能を見せる

画像

2年以上前から採用され続けているIntel純正のコントローラ。10チャンネル並列アクセスなどの基本設計は、2009年のマイナーチェンジ以降も変わっていないが、今なお優れた性能を誇る。NAND型フラッシュメモリもその際に変更され、30nm世代のものが搭載されている

Intel Solid-State Drive Toolbox

画像

Intel製SSD専用のツール。製品寿命の確認やTrimコマンドを利用した定期的なメンテナンス、SecureErase機能などを備えている

ココが最強!
・Intelブランドならではの安心感
・ピーク速度ではなくトータル性能が高い
・専用ユーティリティが充実

画像
画像

ライター北川達也の評価:

定番製品ならではの安心感が最大の魅力

  • ピーク速度:★★★☆☆
  • 使用感:★★★★☆
  • お買い得度:★★★★☆

ピーク速度こそ最新製品と比較すると遅いと感じるが、使用感、トータル性能の高さは現在でもトップクラス。ユーザーも多く信頼性の高さは実証済みだ。

すべてが高いレベルでバランスの取れた製品

  • SandForce SF-1222
  • Trim対応
  • Serial ATA 2.5
Mach Xtreme Technology
MX-DS
画像

 エンタープライズ向けに設計されたSandForceのコントローラ「SF-1222」を採用した、高信頼性と長寿命が特徴の製品。データを圧縮してフラッシュメモリに記録することで、実際にデータが記録される領域を減らすことができ、製品寿命を長くすることにつながっている。また、強力なエラー訂正機能と、他社製SSDの約4倍相当の予備領域を確保し、抜群の信頼性を実現している。
 もともとエンタープライズ向けに開発された背景からリード・ライト性能も優れているが、特筆すべきは4KBのランダムライトの速度だ。下のCrystalDiskMarkの結果からも分かるように、79.8MB/sという数値は現行モデル中トップクラスとなる。PCの使用感の参考になるPCMark Vantageの結果もトップクラスであり、速度性能、高信頼性、長寿命と三拍子揃った製品と言える。

LINEUP
型番 容量 キャッシュ 価格
MXSSD2MDS-50G 50GB 20,000円前後
MXSSD2MDS-100G 100GB 32,000円前後
MXSSD2MDS-200G 200GB 60,000円前後
MXSSD2MDS-400G 400GB ※未発売

【問い合わせ先】
Mach Xtreme Technology:0568-26-6950(ソリッドマイクロ)/ http://www.solidmicro.co.jp/

3.5インチマウンタが付属

画像

最近だいぶ増えてはきたが、まだまだ2.5インチデバイスをそのまま使用できるPCケースは少ない。本製品には3.5インチベイに搭載するためのマウンタが付属しており、別途購入しなくてもすむのがうれしい

キャッシュを積まない独特の構成

画像

SandForceのコントローラは、外部キャッシュを不要とすることでSSDのコストダウンを図っている。フラッシュメモリは30nm世代のものを採用。コントローラをコの字形にフラッシュメモリで囲むレイアウトは独特だ

ココが最強!
・理論上ダントツに長い製品寿命
・4KBのランダムライト性能が速い
・性能が高いわりに安価に購入できる

画像
画像

ライター北川達也の評価:

文句の付けようがない優等生

  • ピーク速度:★★★☆☆
  • 使用感:★★★★☆
  • 製品寿命:★★★★★

SSDを使う上での不安材料の一つに製品寿命があるが、本製品は理論上ダントツに長い。性能も申し分なく、安心してSSDを使いたい人にオススメだ。

【検証環境】
CPU:Intel Core i7-940(2.93GHz)、マザーボード:GIGABYTE GA-X58A-UD7(rev.1.0)(Intel X58+ICH10R)、メモリ:Corsair Memory XMS CMX6GX3M3A1333C9(PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3)、ビデオカード:玄人志向RH5770-E1GHD/DP/G3(AMD Radeon HD 5770)、システムSSD:東芝THNSNB030GBSJ(Serial ATA 2.5、MLC、30GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス