特集
最強の「CPU+マザーボード」を探せ!
価格帯別CPUの傾向早分かり 1/2
価格帯別CPUの傾向早分かり 2/2
最新CPU一斉ベンチマーク検証 1/2
最新CPU一斉ベンチマーク検証 2/2
Intel 4シリーズチップセットを徹底比較 1/2
Intel 4シリーズチップセットを徹底比較 2/2
グラフィックス機能統合型チップセットの王者は誰だ! 1/2
グラフィックス機能統合型チップセットの王者は誰だ! 2/2
HDDアクセス性能と消費電力の違い
オススメCPU&マザーボード 1/3
オススメCPU&マザーボード 2/3
オススメCPU&マザーボード 3/3
CPU格付け+オススメチップセット 2008年秋版
Atom&Mini-ITXに注目!! 1/2
Atom&Mini-ITXに注目!! 2/2
Pentium 4/DマシンからのCPUアップグレード術 1/2
Pentium 4/DマシンからのCPUアップグレード術 2/2
オーバークロック最新事情 1/2
オーバークロック最新事情 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
最新CPU&マザーボード徹底比較
オススメCPU&マザーボード
TEXT:保坂陽一
低価格編
ローコストを追求してもCPUはデュアルコア
 最後は低価格編である。実のところ、マザーボードに関しては、Intel 4シリーズなどの最新モデルでも1万5,000円を切るものがあり、省電力機能などの最新機能も考えると選択が難しいというのが正直なところだ。とはいえ、そうした機能は絶対的なPCのスペックにはあまり関与していないため、気にしないのならばグッとお買い得感のある前世代の製品がお勧めだ。わずか数カ月前にはメインストリームとして君臨していたP35マザーボードを、1万円を切る価格で見かけることも多い。とことんコストを追求するなら、今は実に楽しくも悩ましい時期と言えるだろう。

 また、全体的なコストを考えるなら、オンボードグラフィックス機能の性能も重視したい。定評のあるAMD 790GX/780Gなどはもちろんのこと、動画再生支援機能を持つ最新のG45マザーボードなども、少々高くても選ぶ価値はあるだろう。逆に言えば、それらを考えなければ、5,000円前後から最新CPU対応マザーボードが手に入る時代なのである。

 低価格マザーボードでも汎用性が高いため、CPUの選択も自由度が高い。Intel製チップセットでは、945マザーボードなどを除けば、現行のほとんどで45nm版Core 2 Quadにも対応している(BIOSのバージョンなどは要確認)ので、2万円台後半で手に入るCore 2 Quad Q8200を選びつつ、OS抜きで5万円以下といったPCも不可能ではないだろう。同じ価格でもオーバークロック耐性の高さなどで人気のCeleron Dual-Coreを選び、それなりのビデオカードと組み合わせるというのもおもしろそうだ。

 また、全体的に低価格なAMD CPUでも同様のことが言えるが、やはりAMD 780Gなどのオンボードグラフィックス機能の優秀さを活かせられるので、性能面では非常に有利。Phenom X4と組み合わせれば、オンボードグラフィックス機能のみで地デジ録画マシンなどもしっかりと構築できる。HDDなどもとにかく安価な昨今。上を見なければ、一昔前では考えられないほどのスペックが苦もなく手に入るのである。
imageオンボードグラフィックス機能の活用
ビデオカードを使用しないだけで、システム全体の消費電力の数割を抑えることが可能。優秀なオンボードグラフィックス機能が欲しい
image新しめのチップセットでも安価
P35やAMD 780Gクラスのチップセットは性能面の見劣りも少ない。あとはどこまでケチるのかというだけである
ズバリ狙い目のCPUはコレ!!
Intel
Core 2 Quad Q8200
実売価格:27,500円前後
周波数:2.33GHz
コア数:4
システムバス:1,333GHz
2次キャッシュ:2MB×2
imageIntelの45nm版クアッドコアCPUの最廉価モデル。65nm版のQ6600なども安くて人気だが、そろそろ世代交代が完了しそうである
Intel
Celeron Dual-Core E1200
実売価格:5,500円前後
周波数:1.6GHz
コア数:2
システムバス:800MHz
2次キャッシュ:512KB
image現行CPUでは最安クラスだが、オーバークロック耐性が高く、化ける可能性大。65nmプロセスながら省電力性も高く、扱いやすさが光る
AMD
Athlon 64 X2 5000+
実売価格:7,500円前後
周波数:2.6GHz
コア数:2
システムバス:2,000MHz
2次キャッシュ:512KB×2
image今となってはローエンドクラスとなったデュアルコアCPUだが、実用面での不満は少ない。安価ながら高クロックであるため、ゲーム用途でも使える
お勧め低価格マザーボード
Intel P35+ICH9 LGA775 ATX
ASUSTeK
P5K
実売価格:13,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)
URL:http://www.asus.co.jp/
image今が狙い目!! お手頃になったP35スタンダード
もはや説明のいらないP35マザーボードの定番モデル。省電力機能などではP45マザーボードに一歩譲るものの、おかげで値下がりしており、ショップによっては1万円近くで特価販売されていることもあるなど、非常にお買い得感が高い。定番モデルだけにその安定性は折り紙付きであり、PCIスロットを3本備えているので、アップグレード用にも向いているのではないだろうか
SPEC
対応CPU:C2D/Quad/XE、Pentium DC/D/4、Celeron シリーズ
メモリスロット:PC2-8500 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
ディスプレイ:-
グラフィックス機能:-
拡張スロット:PCI Express x16×1、PCI Express x4(x16形状)×1、PCI Express x1×1、PCI×3
主なインターフェース:Serial ATA 2.5×5、eSATA×1、Ultra ATA/133×1、USB 2.0×6、IEEE1394(S400、6ピン)×1
LAN:1000BASE-T×1
Intel P45+ICH10R LGA775 ATX
ECS
P45T-A(1.0)
実売価格:14,000円前後
問い合わせ先:ecsinfo@ecsjpn.co.jp(日本エリートグループ)
URL:http://www.ecsjpn.co.jp/
imageP45で最安クラスの最新スタンダードモデル
今、低価格で考えると、なにかと悩ましい存在なのがこのマザーボード。最新のP45チップセットを採用しながらも、1万4,000円前後の低価格を実現しているのだ。機能面でも、2本のPCI Express x16スロットを搭載し、CrossFireXに対応。RAID 0/1/0+1/5にも対応しているなど、ソツのない構成となっている。P43マザーボードもよいが、いろいろ遊びたい人にはこちらがお勧めである
SPEC
対応CPU:C2D/Quad/XE、Pentium DC、Celeronシリーズ
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SDRAM×4(最大16GB)
ディスプレイ:-
グラフィックス機能:-
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI Express 2.0 x8(x16形状)×1、PCI Express x1×2、PCI×2
主なインターフェース:Serial ATA 2.5×6、eSATA×1、Ultra ATA/133×1、USB 2.0×6
LAN:1000BASE-T×1
NVIDIA GeForce 8200 Socket AM2 ATX
ECS
GF8200A(V1.0)
実売価格:9,000円前後
問い合わせ先:ecsinfo@ecsjpn.co.jp(日本エリートグループ)
URL:http://www.ecsjpn.co.jp/
image1万円弱で手に入る高機能シングルチップマザーボード
シングルチップでグラフィックス機能も内蔵する、GeForce 8200チップセットを採用したATXマザーボード。1万円を切るというローコストを実現しているのが最大の魅力だが、動画再生支援機能のPureVideo HDや、内蔵グラフィックス機能とビデオカードを連係させるGeForce Boostもサポートするなど、価格以上の魅力を備えている。ディスプレイ出力にはHDMIポートも装備する
SPEC
対応CPU:Phenom/X4/X3、Athlon 64/X2、Sempron
メモリスロット:PC2-8500 DDR2 SDRAM×4(最大32GB)
ディスプレイ:Dsub 15ピン×1、HDMI×1
グラフィックス機能:GeForce 8200
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3
主なインターフェース:Serial ATA 2.5×5、eSATA×1、Ultra ATA/133×1、USB 2.0×6
LAN:1000BASE-T×1
AMD 780G+SB700 Socket AM2 ATX
Jetway
HA06
実売価格:12,000円前後
問い合わせ先:052-619-1560(CFD販売)
URL:http://www.jetway.com.tw/
imageCrossFireXもサポートする低価格780Gマザーボード
左のGF8200A(V1.0)には負けるものの、こちらも低価格かつ高機能なSocket AM2対応マザーボード。128MBのLFBを搭載し、2本のPCI Express x16スロットでCrossFireXもサポート。対応ビデオカードと内蔵グラフィックスを連係させるHybrid Graphicsにも対応している。この値段でここまでできてしまうと、激安マザーボードの購入も悩んでしまうところだ
SPEC
対応CPU:Phenom/X4/X3、Athlon 64/X2、Sempron
メモリスロット:PC2-6400 DDR2 SDRAM×4(最大8GB)
ディスプレイ:Dsub 15ピン×1、DVI-D×1
グラフィックス機能:Radeon HD 3200
拡張スロット:PCI Express 2.0 x8×2(x16形状、スイッチカード使用時はx16×1)、PCI Express x1×2、PCI×2
主なインターフェース:Serial ATA 2.5×6、eSATA×1(マザーボード上のSerial ATA 2.5ポートを利用)、Ultra ATA/133×1、USB 2.0×4
LAN:1000BASE-T×1
ローカルメモリを搭載
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス