特集
最強の「CPU+マザーボード」を探せ!
価格帯別CPUの傾向早分かり 1/2
価格帯別CPUの傾向早分かり 2/2
最新CPU一斉ベンチマーク検証 1/2
最新CPU一斉ベンチマーク検証 2/2
Intel 4シリーズチップセットを徹底比較 1/2
Intel 4シリーズチップセットを徹底比較 2/2
グラフィックス機能統合型チップセットの王者は誰だ! 1/2
グラフィックス機能統合型チップセットの王者は誰だ! 2/2
HDDアクセス性能と消費電力の違い
オススメCPU&マザーボード 1/3
オススメCPU&マザーボード 2/3
オススメCPU&マザーボード 3/3
CPU格付け+オススメチップセット 2008年秋版
Atom&Mini-ITXに注目!! 1/2
Atom&Mini-ITXに注目!! 2/2
Pentium 4/DマシンからのCPUアップグレード術 1/2
Pentium 4/DマシンからのCPUアップグレード術 2/2
オーバークロック最新事情 1/2
オーバークロック最新事情 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
最新CPU&マザーボード徹底比較
TEXT:宮崎真一
ハイエンド・ミドルレンジ・ローエンドすべてが集結
Intel 4シリーズチップセットを徹底比較
imageマザーボードを選ぶ際は、あらかじめチップセットの仕様について理解しておくことが重要だ。最近では、Intel 4シリーズチップセットがリリースされ、採用マザーボードが増加している。現行のIntelチップセットの特徴をしっかりと確認しよう。
グラフィックス非統合型Intel 4シリーズのラインナップ
ハイエンドからローエンドまで充実
 Intel 3シリーズの後継にあたるIntel 4シリーズは、ハイエンド向けのX48、ミドルレンジ向けのP45、ローエンド向けのP43と、それぞれのクラスに合わせたチップセットが用意されている。さらにグラフィックス機能統合型のG45/G43が存在するが、こちらはこちらで紹介する。この中でP45とP43は最新世代のICHであるICH10シリーズを採用している。また、X48とP45では、ATI製GPU搭載ビデオカードを2枚使って性能の大幅な向上が狙えるCrossFireXをサポートしているのが特徴。その一方で、P43では同機能に非対応で、ミドルレンジのP45とローエンドのP43ではこの点が大きな違いとなる。

 そのほか、ハイエンドのX48はシステムバス1,600MHzに対応し、Intelの独自メモリ拡張規格であるXMP対応モジュールを使うことでDDR3-1600をサポートする。P45はシステムバス1,333MHzまでの対応で、XMPではDDR3-1333(定格はDDR3-1066まで)のサポートとなる。ただし、マザーボードによってはメーカーが独自にシステムバス1,600MHzなどに対応させているものがある。
X48
オーバークロックや性能を追求するなら
Intel 4シリーズのハイエンド向けチップセット。本来、DDR3メモリのみのサポート予定だったが、DDR3メモリの普及が遅れたため、DDR2メモリもサポートすることになった。組み合わされるICHは1世代前のICH9シリーズ。また、2本のPCI Express x16スロットは同時に16レーンずつ利用可能で、フルレーンでのCrossFireXをサポートする。
imageシステムバス1,600MHzをサポートするなど、より上位モデルのCPUに対応するため、大半のX48マザーのVRMはかなり堅実に作られている
P45
手堅く万能なオールラウンダー
P35の後継となるP45はミドルレンジ向けのチップセット。組み合わされるICHには新しいICH10シリーズが採用されるほか、CrossFireXについてはP35で16レーンと4レーンというアンバランスな構成だったものが、P45では8レーンずつの構成に変更された。そのほか、DDR3-1066(XMP使用時はDDR3-1333)に対応するなど、P35からの強化点は多い。
imageP45採用マザーボードでは、最近の省電力化トレンドに合わせ、独自の消費電力低減機能を備えたものが多く見られる
P43
とにかく安く! よけいな機能はイラナイ
P45の下位チップセット。P43では、CrossFireXのサポートを省略しているものの、基本仕様はP45のものを踏襲しているため機能性は良好。また、搭載マザーボードはいずれも実売1万円台とリーズナブルなので、お買い得感が高い。CrossFireXを必要としないユーザーや、低価格に仕上げたいユーザーにうってつけのチップセットと言えよう。
imageコストを抑えるため、P43搭載マザーボードの付属品はシンプルな構成なものが多い。最低限のケーブル類は同梱されるが、おまけ的な要素はほぼない
非統合型Intel 4シリーズチップセットの総合性能を比較
DDR3メモリで総合性能が向上
 まずは、PCMark VantageでIntel 4シリーズの総合性能を比較してみたい。今回、X48とP45に関しては、DDR2-800だけでなくDDR3-1333対応マザーボードも用意し、DDR3メモリとDDR2メモリのどちらを利用した場合が良好な結果を示すかも検証した。なお、比較対象として前世代ミドルレンジのP35も用意した。

 結果を見てみると、X48とP45の両方で、DDR3メモリ環境がDDR2メモリ環境のスコアを上回っている。とくにX48ではDDR3-1333とDDR2-800との差が76しかないのに対して、P45ではその差が186となり、DDR3-1333を用いることで、性能アップが見て取れる。Intelによれば、P45のメモリコントローラはX48のものを踏襲していると言うが、もちろん、製品による差という線も拭い切れない。

 一方、DDR2メモリの場合は、X48、P45、P35で近いスコアとなった。P43の値が良好だが、これもチップセットの性能と言うよりは使用したマザーボードによる部分が大きいと考えられる。

 結論として、総合性能に関して言えば、Intel 4シリーズはIntel 3シリーズから大きな性能向上を果たしているわけではないようだ。そのため、パフォーマンスを追求するなら、まずDDR3対応マザーにこだわるべきだろう。
image
【検証環境】
CPU:Intel Core 2 Quad Q6600(2.4GHz)
マザーボード:ASUSTeK Rampage Extreme(Intel X48+ICH9R)、GIGABYTE GA-X48-DS5(Intel X48+ICH9R)、GIGABYTE GA-EP45T-DS3R(rev. 1.0)(Intel P45+ICH10R)、ASUSTeK P5Q(Intel P45+ICH10R)、BIOSTAR TP43 HP(Intel P43+ICH10)、ASUSTeK P5K PRO(Intel P35+ICH9R)
メモリ:Kingston Technology KHX14400D3K2/2GX(PC3-14400 DDR3 SDRAM、CL=8、1GB×2)、Corsair Memory TWIN2X2048-8500C5D(PC2-8500 DDR2 SDRAM、CL=5、1GB×2)
ビデオカード:ATI Radeon HD 4670リファレンスカード
HDD:Western Digital WD RE2 WD7500AYYS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、750GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
Intel X48+ICH9R
GIGABYTE
GA-X48-DS5
実売価格:27,000円前後
問い合わせ先:03-5812-6120(リンクスインターナショナル)
URL:http://club.gigabyte.co.jp/
imageコストパフォーマンスの高いDES対応モデル
X48を採用したハイエンドモデル。システムバス1,600MHzおよび独自にDDR2-1200をサポート。同社の品質規格Ultra Durable2に対応するほか、省電力機能にはDynamic Energy Saverを搭載。ICHにはICH9Rを採用する
Intel P43+ICH10
BIOSTAR
TP43 HP
実売価格:11,000円前後
問い合わせ先:info-kc@mvk-japan.com(エムヴィケー)
URL:http://www.biostar.com.tw/
image超低価格ながら堅実なデキのP43マザーボード
P43を採用しながらもPCI Express 2.0 x16スロットを2本備えるユニークな製品。実売1万1,000円前後とリーズナブルな価格を実現した魅力的なローエンドマザーボード。ICH10を搭載するためRAID機能は持たない
Intelチップセットの仕様
MCH名 X48 P45 G45
対応CPUソケット LGA775 LGA775 LGA775
システムバス(最大) 1,600MHz 1,333MHz 1,333MHz
メモリインターフェース(最大) DDR3-1600/DDR2-800 DDR3-1066/DDR2-800 DDR3-1066/DDR2-800
メモリ容量(最大) 8GB 8GB 8GB
グラフィックスインターフェース PCI Express 2.0 PCI Express 2.0 PCI Express 2.0
内蔵グラフィックス機能 GMA X4500HD
対応するICH ICH9シリーズ ICH10シリーズ ICH10シリーズ
MCH名 P43 P35
対応CPUソケット LGA775 LGA775
システムバス(最大) 1,333MHz 1,333MHz
メモリインターフェース(最大) DDR3-1066/DDR2-800 DDR3-1066/DDR2-800
メモリ容量(最大) 8GB 4GB
グラフィックスインターフェース PCI Express 2.0 PCI Express 1.1
内蔵グラフィックス機能
対応するICH ICH10シリーズ ICH9シリーズ
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス