その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

コア時代のCPU選び

TEXT:鈴木雅暢

6コアから2コアまで

注目モデル総ざらい イマ買いのCPU!

画像

CPUの世代交代が進行するとともに、6コアのCPUが本格的にラインナップに加わり、再びCPU市場の勢力図が変化してきている。今どのCPUがどんな理由で注目を集めているのか、お買い得なCPUはどれなのか。最新事情をまとめてお届けしよう。

#0068B7
#FFF

まずは狙い目のCPUをチェック!

Intel CPUラインナップ
CPU名 動作クロック 価格
LGA1366 Core i7-980X Extreme Edition注目! 3.33GHz(TB時3.6GHz) 99,000円前後
Core i7-970 3.2GHz(TB時3.46GHz) 85,000円前後
Core i7-960 3.2GHz(TB時3.46GHz) 55,000円前後
Core i7-930 2.8GHz(TB時3.06GHz) 28,000円前後
LGA1156 Core i7-875K注目! 2.93GHz(TB時3.6GHz) 32,000円前後
Core i7-870S 2.66GHz(TB時3.6GHz) 34,000円前後
Core i7-870 2.93GHz(TB時3.6GHz) 29,000円前後
Core i7-860注目! 2.8GHz(TB時3.46GHz) 26,000円前後
Core i5-760 2.8GHz(TB時3.33GHz) 20,000円前後
Core i5-750注目! 2.66GHz(TB時3.2GHz) 18,000円前後
Core i5-680(GPU内蔵) 3.6GHz(TB時3.86GHz) 28,000円前後
Core i5-661(GPU内蔵) 3.33GHz(TB時3.6GHz) 20,000円前後
Core i5-660(GPU内蔵) 3.33GHz(TB時3.6GHz) 20,000円前後
Core i5-655K(GPU内蔵)注目! 3.2GHz(TB時3.46GHz) 21,000円前後
Core i5-650(GPU内蔵) 3.2GHz(TB時3.46GHz) 17,000円前後
Core i3-550(GPU内蔵) 3.2GHz 14,000円前後
Core i3-530(GPU内蔵)注目! 2.93GHz 11,000円前後
Pentium G6950(GPU内蔵)注目! 2.8GHz 8,500円前後
LGA775 Celeron E3300 2.5GHz 4,500円前後

※TB:Turbo Boost

LGA1366のラインナップはLGA1156に比べて割高感があるが、6コア12スレッド同時実行ができるCPUは、Core i7-980X Extreme EditionとCore i7-970しか存在しない。とくに前者の性能は文句なく最速。倍率ロックフリーでオーバークロックにも都合がよく、最強・最速にこだわるユーザーは現状このCPU1 択となる。

Intelの主力をになうLGA1156プラットフォーム。以前はCore i7-870とCore i7-860の価格差があまりに大きく、LGA1156版のCore i7の中ではCore i7-860に人気が集中していたが、Core i7-870が大幅に値下げされるとともに倍率ロックフリーのCore i7-875Kも登場してきて、かなり事情が変わってきた。

位のCore i5/ i3、PentiumといったCPUはGPUを搭載しているのが特徴で、デュアルコアのためOC耐性の高さに定評がある。例外的に700番台のCore i5のみGPUを搭載しないクアッドコアCPUとなり、Hyper-Threading非対応だが、Core i7よりもコストパフォーマンスが高く人気がある。

世代のLGA775対応Core 2シリーズもまだ販売されているが、将来性はもうないのでお勧めできない。ただ、廉価版のCeleronブランドのモデルは格安で販売されており、同じく格安で流通しているG41チップセット搭載マザーボードと組み合わせれば激安マシンを作れるという魅力がある。

AMD CPUラインナップ
CPU名 動作クロック 価格
Socket AM3 PhenomII X6 1090T Black Edition注目! 3.2GHz(TC時3.6GHz) 29,000円前後
PhenomII X6 1055T(95W)注目! 2.8GHz(TC時3.3GHz) 21,000円前後
PhenomII X6 1055T(125W) 2.8GHz(TC時3.3GHz) 19,000円前後
PhenomII X4 965 Black Edition 3.4GHz 17,000円前後
PhenomII X4 955 Black Edition 3.2GHz 15,000円前後
PhenomII X4 945 3GHz 14,000円前後
PhenomII X4 910e 2.6GHz 17,000円前後
PhenomII X2 555 Black Edition 3.2GHz 10,000円前後
AthlonII X4 640 3GHz 12,000円前後
AthlonII X4 635注目! 2.9GHz 10,000円前後
AthlonII X3 440 3GHz 8,000円前後
AthlonII X2 260 3.2GHz 7,500円前後
AthlonII X2 255 3.1GHz 7,000円前後
AthlonII X2 250 3GHz 6,500円前後
AthlonII X2 245e 2.9GHz 7,500円前後
AthlonII X2 240e 2.8GHz 6,500円前後

※TC:Turbo CORE

6コアのPhenomII X6が登場。AMDにはIntelのHyper-Threadingに相当する機能がないため同時実行スレッド数は6だが、Intelの6コアCPUと比べて価格がはるかに安く注目の存在だ。上位のPhenomIIX6 1090T Black Editionは倍率ロックフリー、下位のPhenomII X6 1055TはTDP 95Wモデルの省電力性能が光る。一方、4コアのPhenomII X4の上位モデル(965 BE、955 BEなど)はPhenomII X6 1055Tとの価格差が小さく、TDPも125Wと高くて買い得感が薄い。一方、低価格帯CPUは格安クアッドコアのAthlonII X4をはじめ、Intelより層が厚い。

LGA1156プラットフォームの特徴

画像

 LGA775に代わって、Intelの主力をになうのがLGA1156プラットフォームだ。LGA1366と同じNehalemアーキテクチャのCPUで、キャッシュ構造の改良(3次キャッシュの搭載)とメモリコントローラの内蔵に加え、Hyper-Threading(以下HT)、Turbo Boost(以下TB)によって性能向上を図っている。LGA1156版CPUは、クアッドコアでGPUコアを内蔵しないLynnfieldコアのモデルと、デュアルコアでGPUコアを内蔵するClarkdaleコアのモデルの2種類に大別され、さらにHTとTBのサポートの有無でグレードの差別化が図られている。

LGA1156プラットフォームのブロックダイヤグラム

画像

メモリコントローラに加えて、16レーンを持つPCI Express 2.0コントローラもCPUに内蔵している。従来LGA775ではチップセットのNorth Bridgeが担当していた機能をCPUに統合したことから、LGA1156プラットフォームではチップセットは1チップのみとなった。また、Clarkdaleコアのモデルが内蔵するGPU機能を利用するにはディスプレイ出力機能を持つチップセット(H57およびH55)が必要だ

1.倍率ロックフリーの「Kシリーズ」が使える

BIOSセットアップから倍率を変更できる

画像

KシリーズのCPUを使用した場合、マザーボードのBIOSセットアップでCPUの内部倍率の設定を変更できるようになる

CPUの動作クロックは、マザーボード(のPLL IC)から供給されるベースクロックをCPU内部でn倍(n=倍率)にして作る。一般的なCPUでは、この倍率を定格値以上に設定することはできないが、Core i7-875K、Core i5-655Kではこれが可能で、倍率アップによるオーバークロック(OC)が試せる。ベースクロックを上げるOCと違い、メモリクロックなどが連動しないため、比較的手軽かつ安全に試すことができるというメリットがある。

2.LGA1366用Core i7よりもTurbo Boostの上昇幅が大きい

Turbo Boostではターボ時のクロックの上限がCPUごとに決められており、その範囲内でクロックを上昇させる。LGA1366版CPUの上昇幅は最大で266MHzと控えめだが、LGA1156版CPUでは最大で667MHzも上昇する。たとえば、Core i7-950は3.06GHz、Core i7-875Kは2.93GHzという定格クロックだが、TBの上限は前者が3.33GHz、後者が3.6GHzになっており、アプリケーションによっては下克上も起こり得る。

CPU 定格 Turbo Boost時
Core i7-875K 2.93GHz 3.6GHz
Core i7-950 3.06GHz 3.33GHz
画像

3.動画再生支援機能を備えたCPU内蔵のGPU

LGA775以前のシステムにおけるオンボードグラフィックスではチップセットにGPUが内蔵されていたが、LGA1156ではCPUにGPUが内蔵されるように変わった。このGPUコア(Intel HD Graphics)はHD動画再生支援機能を搭載しており、本格的な3Dゲーム以外の用途なら快適に利用可能だ。なお、内蔵GPUコアのクロックは、Core i5-661が900MHz、ほかのCore i5とi3は733MHz、Pentium Gは533MHzとモデルによって異なっている。

画像

内蔵GPUの性能チェック

Core i5-655KのGPU性能は旧世代のローエンドビデオカードを超えるレベル。軽いゲームならこれでも十分遊べる

画像

【検証環境】Super PI / mod1.5 XS
CPU:Intel Core i7-875K(2.93GHz)、Intel Core i7-950(3.06GHz)、マザーボード:ASUSTeK P7P55D-E EVO(Intel P55)、GIGABYTE GA-X58A-UD9(Intel X58+ ICH10R)、メモリ Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM 2GB×4 ※P7P55D-E EVOは2枚使用、GA-X58A-UD9は3枚使用)、HDD:Seagate Barracuda 7200.12 ST3250820AS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

【検証環境】3DMark06 Build 120
CPU:Intel Core i5-655K(3.2GHz)、AMD PhenomII X6 1055T(2.8GHz)、マザーボード:ASRock H55/USB3(Intel H55)、ASUSTeK M4A89GTD PRO/USB3(AMD 890GX+SB850)、GIGABYTE GA-880GMA-UD2H(AMD 880G+SB850)、メモリ Corsair Memory CMX6GX3M3A1333C9(PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3 ※2枚のみ使用)、HDD:Western Digital WD Caviar Black WD1001FALS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、1TB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit 版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年1月号

発売日:11月29日
定価:1,380円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス