特集
目まぐるしく変わる自作シーン
CPU編 1/6
CPU編 2/6
CPU編 3/6
CPU編 4/6
CPU編 5/6
CPU編 6/6
マザーボード編 1/6
マザーボード編 2/6
マザーボード編 3/6
マザーボード編 4/6
マザーボード編 5/6
マザーボード編 6/6
HDD編 1/3
HDD編 2/3
HDD編 3/3
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
今年の夏オススメのゲームタイトル!
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
新世代パーツの台頭
(4)ビデオカード編
TEXT:橋本新義
新世代はここがすごい!(1)
強化された動画再生支援機能がスゴイ!
動画再生支援は高画質化とハードウェアデコードの2種類
 冒頭でも紹介したように、ここ数年のGPUにおける大きな強化点の一つが、動画再生支援機能だ。この機能は文字どおり、PCで動画を再生する際に必要な処理(本来は主にCPUが担当する)をGPUに担当させることで、動画の再生をより快適にするというものである。

 一口に動画再生支援と呼ばれるが、この機能は、大きく二つに分けることができる。一つ目は主に、動画の再生品質を向上するための機能だ。これは、画面のノイズを低減する「ノイズリダクション機能」や、画面のチラツキを抑え、縦方向の解像度を増す「プログレッシブ変換」、動画の再生ウィンドウを拡大/縮小した際に発生するぼやけやつぶれを抑える「スケーリング」などが挙げられる。

 そして二つ目は、再生時のCPU負荷を減少させるための「ハードウェアデコード機能」。PCで扱える動画の多くは、コーデックと呼ばれるプログラムによって、データ圧縮された状態で記録されている。そのため再生時には、データを伸長する必要があるが、この伸長処理をGPUで実行し、CPU負荷を減少させるのがハードウェアデコード機能である。

 最近のGPUでの強化点となったのは、ほとんどがハードウェアデコード機能の強化だ。これは、Blu-ray Discやデジタルテレビ放送など、いわゆるHD動画(ハイビジョン動画)のデコード処理の負荷が、従来の動画と比べ物にならないほど高いためである。ハードウェアデコード機能が搭載されたGPUを使うと、こうした動画でもCPUに大きな負担をかけずに視聴が可能になるため、ユーザーメリットが大きいのだ。

 こうしたニーズに応えるべく、現在の最新GPUでは、ローエンド製品であっても、HD動画で代表的なコーデックであるMPEG2とH.264の2種(ATIはVC-1を足した3種)において、GPU側ですべてのデコード処理が可能になっている。

 NVIDIAは自社製GPUの支援機能を総称して「PureVideo HD」、ハードウェアデコード機能を「VP2」と呼んでいる(ただし、VP2はコードネームであり、大々的には使われない)。ATIは総合的な呼称として「Avivo HD」、ハードウェアデコード機能を「UVD」と呼んでいる。
image新世代AVパーツの普及が始まる
Blu-rayドライブや地デジチューナーカードといったHD動画対応製品が入手しやすくなり、動画再生支援機能はますます重要になってきた
imageHDMIの標準装備が進む
昨年までは一部の製品にしか搭載されていなかったHDMI端子だが、変換アダプタなどによって接続可能な製品が大幅に増加している
image動画まわりの細かい調整も可能
動画再生の色調整やプログレッシブ変換など、一部の機能に関する設定は、ATIのCatalyst Control Center(画面)などで可能だ
動画再生支援機能比較
NVIDIA PureVideo HD
 
ATI Avivo HD
フルハードウェアデコード機能
(MPEG2、H.264)
プログレッシブ変換(インターレース解除)処理
高精度スケーリング処理
デブロッキング(ブロックノイズ低減)処理
適応型ノイズリダクション処理
など
  フルハードウェアデコード機能
(MPEG2、H.264、VC-1)
プログレッシブ変換(インターレース解除)処理
高精度スケーリング処理
デブロッキング(ブロックノイズ低減)処理
適応型ノイズリダクション処理
など
新世代の動画再生支援機能の効果やいかに!
動画再生支援機能の効果を検証
 さて、こうした動画再生支援機能の効果はどれほどのものだろうか? 今回は、今後普及が見込まれるBlu-ray Discの再生負荷を見てみよう。

 今回はCPUにIntelのPentium Dual-Core E2140を使用し、旧世代製品を含めたビデオカード7種でCPU負荷率を測定した。測定方法はMARiN氏作の「NT-CPUモニタ v1.46a」を使い、ポニーキャニオン「夜桜」のチャプター14(4分16秒)を再生し、CPU負荷の平均を算出するというものだ。「夜桜」は、映像収録形式が負荷の高いH.264であり、映像bitレートもBD規格の上限に迫る40Mbps前後のため、非常に再生負荷が高い。

 結果としては、ハードウェアデコード機能が搭載された新世代GPUであれば、価格帯にかかわらず50%以下の負荷で再生が可能だった。対して、前世代のGPUであるGeForce 7600 GTでは、約85%とCPU負荷率が高くなっている。

 例外なのはRadeon HD 2400 PROだ。同GPUはUVDを搭載しているが、今回はそれが動作していないと思われる。これはおそらく、同GPUのUVDがサポートする上限の解像度を越えているためと思われる(上位の2400 XTではほかと同じく約50%の負荷だった)。
HDMIアダプタも付属する低価格オーバークロックカード
HIS
H365F256GNP
実売価格:9,000円前後
問い合わせ先:03-3980-6442(恵安)
URL:http://japan.hisdigital.com/
imageATIの新世代ミドルレンジGPU、Radeon HD 3650を搭載するカード。手頃な価格ながらビデオメモリには1.4GHz動作のGDDR3を搭載。標準的なDDR2版のカードに比べて1ランク上の速度を実現。
GPU:ATI Radeon HD 3650
コアクロック:725MHz
メモリクロック:1.4GHz
ビデオメモリ(バス幅): GDDR3 SDRAM 256MB(128bit)
対応スロット:PCI Express 2.0 x16
最安値で5,000円を切るPureVideo HD対応カード
ZOTAC
ZT-84SEG2P-FSL
実売価格:5,000円前後
問い合わせ先:03-5215-5650(アスク)
URL:http://www.zotac.com/
imageNVIDIAのローエンドGPU、GeForce 8400 GSを搭載するLow Profile対応製品。同GPU搭載製品の中でも非常に安価だが、他製品と比べても基本性能は劣らない。PureVideo HD(VP2)を搭載。
GPU:NVIDIA GeForce 8400 GS
コアクロック:567MHz
メモリクロック:800MHz
ビデオメモリ(バス幅): DDR2 SDRAM 256MB(64bit)
対応スロット:PCI Express x16
image
【検証環境】
CPU:Intel Pentium Dual-Core E2140(1.6GHz)
Blu-rayドライブ:LG電子 GCW-H20N
そのほかはこちらと同じ
Column 再生支援をONに
 CPU負荷に大きな影響をおよぼす動画再生支援機能だが、ビデオカードのドライバ側では、有効/無効の設定などはなく、再生ソフト側で設定する必要がある。基本的には再生設定に「再生支援機能」や「ハードウェアアクセラレーション」などの項目があるので、それを有効にすればよい。ただしこれは、ソフトウェアのバージョンなどによっても異なる。今回テストに使ったPowerDVD 7 Ultraの現行バージョンなどでは、設定上でOFFにしても、BD再生時には動画再生支援が強制的にONにされる仕様だ。
imagePowerDVD 7 Ultraでは、「映像」タブの「再生支援機能(DxVA)を使用する」の項目をONにすればよい
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス