特集
目まぐるしく変わる自作シーン
CPU編 1/6
CPU編 2/6
CPU編 3/6
CPU編 4/6
CPU編 5/6
CPU編 6/6
マザーボード編 1/6
マザーボード編 2/6
マザーボード編 3/6
マザーボード編 4/6
マザーボード編 5/6
マザーボード編 6/6
HDD編 1/3
HDD編 2/3
HDD編 3/3
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
今年の夏オススメのゲームタイトル!
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
新世代パーツの台頭
(2)マザーボード編
TEXT:宮崎真一
新世代はここがすごい!(1)
メーカー独自の省電力機能「EPU」と「D.E.S.」
VRMのフェーズ数を制御することで省電力化を実現
 現在、マザーボードメーカーが独自に用意している省電力機能には、ASUSTeKのEPU(Energy Processing Unit)とGIGABYTEのD.E.S.(Dynamic Energy Saver)がある。いずれも、VRMのフェーズ数に注目し、負荷が少ないアイドル時にフェーズ数を減らすことで、省電力化を実現するというものだ。

 一般的にVRMのフェーズ数が多いほうが電圧変動に強く、安定性も向上する。とくに不安定要素が多いオーバークロック時などでは、フェーズ数を重要視するユーザーも多い。しかし、逆にフェーズ数が多いと負荷が少ないアイドル時において、その分消費電力が増大してしまうデメリットが存在する。そこで、負荷に合わせてフェーズ数を制御しようというのが両者の省電力機能なのである。

 まず、ASUSTeKのEPUは専用チップを搭載することでVRMのフェーズ数を制御する。さらに、独自ユーティリティであるAI Gear 3との連係を図ることで、ユーザーは場面に応じてEPUによる省電力化の度合いを任意に変更することができる。

 一方、GIGABYTEのD.E.S.も制御チップが搭載され、独自ユーティリティにより省電力機能のON/OFFが可能。しかし、フェーズ数制御はD.E.S.が自動で行なうため、ASUSTeKのEPUのように省電力機能の効果の幅をユーザーが任意に設定することはできない。
ASUSTeK「EPU」
EPUを搭載するマザーボードは下表のとおりいくつかあるが、たとえばP5Eの場合、8フェーズのVRMをアイドル時には4フェーズにすることで消費電力を低減している。EPUは、ユーザーがとくに設定を行なわなくても自動的に適用され、その恩恵に授かることができる。
imageVRMのフェーズ数を制御する専用チップ。ASUSTeKによると、リプル電圧や過電流を抑える効果もあり、オーバークロックの安定性も向上すると言う
EPUを搭載するX38マザーボード
ASUSTeK
P5E
実売価格:30,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ)
URL:http://www.asus.co.jp/
Intel X38+ICH9R
image独自にメモリクロック1,200MHzにも対応するハイエンド向けマザーボード。サウンド機能として、SupremeFX・と呼ばれる独自サウンドカードが付属。
GIGABYTE「D.E.S.」
現状のD.E.S.では、最大で5段階にVRMのフェーズ数が制御される。たとえば、VRMが6フェーズのマザーボードなら2フェーズから1フェーズごとに、12フェーズなら4フェーズから2フェーズごとに自動で切り換えられる。ただし、ユーザーがそれらの段階を任意に設定することはできない。
image低負荷時には緑色が、負荷が増大するにつれて橙色、赤色が点灯するLEDを搭載。D.E.S.によるフェーズ数の変化を視覚的に確認することが可能だ
コストパフォーマンスの高いD.E.S.対応モデル
GIGABYTE
GA-EX38-DS4
実売価格:25,000円前後
問い合わせ先:03-5812-6120(リンクスインターナショナル)
URL:http://tw.giga-byte.com/
Intel X38+ICH9R
imageクアッドトリプルフェーズと呼ばれるVRMを採用したX38マザーボード。省電力機能D.E.S.を搭載するほか、独自の品質規格Ultra Durable2にも対応する。
主な省電力機能搭載マザーボード
ASUSTeK X38/X48 P5E、P5E3、P5E3 Deluxe/P5E3 Premium/WiFi-AP @n、Rampage Formula
P35 P5K/EPU、P5K PRO
GIGABYTE X38/X48 GA-EX38-DS4、GA-EX38-DQ6/GA-X48-DS5、GA-X48-DQ6、GA-X48T-DQ6
P35 GA-EP35-DS3、GA-EP35-DS3R、GA-EP35-DS4
それぞれ微妙に異なる独自ユーティリティの機能
 EPUまたはD.E.S.を利用するためには、マザーボード付属のCD-ROMからドライバや独自ユーティリティのインストールが必要になる。まず、EPUの場合は対応ドライバとAI Gear 3がDVD-ROMに収録されており、インストールウィザードを実行すれば自動的に導入される。インストール後は、AI Suiteを起動してAI Gear 3を選択すればよい。

 このAI Gear 3では、ユーザーの使用状況に合わせた動作モードの切り換えが可能で、それらのモードに合わせてEPUが実行される。用意される動作モードには、(1)もっとも低い消費電力が得られるMax Power Saving、(2)最高パフォーマンスを追求するHigh Performance、(3)省電力化とパフォーマンスの両立を図るMedium Power Saving、(4)オーバークロックなど十分な電力供給が必要な場合に用いるTurbo、(5)そのほかすべてが自動で制御されるAutoの五つがある。AI Gear 3の設定によりEPUが有効になっていると、タスクトレイにAI Gear 3のアイコンと現在のモード、それにCPUの現在の消費電力が表示される。

 次に、GIGABYTEのD.E.S.は付属DVD-ROMから専用のユーティリティをインストールするだけで利用可能となる。ユーティリティを起動し、D.E.S.を有効にすると、画面にはVRMの各フェーズがエンジンを模して表示され、リアルタイムでいくつのフェーズが動作しているか確認することができる。
EPUの使用方法
 
image1 ユーティリティのインストール
EPUを利用するためには、マザーボード付属のDVD-ROMから対応ドライバとAI Gear 3をインストールする。ウィザードで項目を選択するだけで簡単にインストールできる
image2 AI Gear 3からモードを選択
AI Suiteを立ち上げ、そこからAI Gear 3を起動する。AI Gear 3では使用状況に合わせた五つの動作モードが用意されており、ユーザーはそれらのうちの一つを選択するだけでEPUが適宜実行される
D.E.S.の使用方法
 
image1 D.E.S.を有効にする
ユーティリティをインストール後、起動し、「DYNAMIC ENERGY SAVER」と記されたボタンをクリックすると同機能が有効に。あとは、D.E.S.がCPU負荷から適切なフェーズ数を自動的に割り振る。リアルタイムでその様子を確認可能だ
image2 タスクトレイから消費電力を確認
D.E.S.専用ユーティリティは終了してもタスクトレイに常駐する。そのアイコンにマウスカーソルを重ねると、現在、D.E.S.によりCPUの消費電力がどの程度抑えられているかが表示される
両者とも確かな効果を確認
 実際に、EPUとD.E.S.の有効/無効を切り換えてシステム全体の消費電力を「Watts Up? Pro ES」で測定した。いずれも数値の大小はあるものの、省電力機能により消費電力の低減が確認できている。なお、EPUにおける省電力モードにはMax Power Savingモードを適用した。ちなみに、Medium Power Savingモードでの消費電力は103.1Wで、Turboモードでは112.1Wであった。
image
【検証環境】
CPU:Intel Core 2 Duo E6750(2.66GHz)
マザーボード:ASUSTeK P5E(Intel X38+ICH9R)、GIGABYTE GA-EX38-DS4(Intel X38+ICH9R)
メモリ:センチュリーマイクロ CD1G-D2U800(PC2-6400 DDR2 SDRAM、CL=5、1GB)×2
ビデオカード:ASUSTeK EN8500GT SILENT/HTP/256M(NVIDIA GeForce 8500 GT)
HDD:Western Digital WD Caviar SE16 WD5000AAKS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、500GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
Column MSIの省電力機能「DrMOS」とは?
EPUやD.E.S.に続き、MSIも省電力機能としてP45マザーボードからDrMOSとGreen Powerを搭載させる。DrMOSは、従来のMOSFETやドライバICを1チップに統合し、電力変換効率を高めるというもの。また、Green Powerは、DrMOSと併用することで、VRMのフェーズ数を抑え、より低い消費電力での運用を可能にする機能だ。
imageMOSFETとドライバICを統合することで、リーク電流の低減が可能になるほか、発熱が減少すると言う
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス