特集
目まぐるしく変わる自作シーン
CPU編 1/6
CPU編 2/6
CPU編 3/6
CPU編 4/6
CPU編 5/6
CPU編 6/6
マザーボード編 1/6
マザーボード編 2/6
マザーボード編 3/6
マザーボード編 4/6
マザーボード編 5/6
マザーボード編 6/6
HDD編 1/3
HDD編 2/3
HDD編 3/3
ビデオカード編 1/4
ビデオカード編 2/4
ビデオカード編 3/4
ビデオカード編 4/4
今年の夏オススメのゲームタイトル!
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
新世代パーツの台頭
(1)CPU編
TEXT:鈴木雅暢
新世代はここがすごい!(2)
ミドルレンジ以下のCPUをオーバークロック!
気になる新モデルのOC耐性をチェック
 パーツを定格以上のクロックで動作させるオーバークロックは、自作の一つの楽しみ方として定着しつつある。オーバークロックをする過程そのものを楽しむ方もいれば、できるだけ安く高性能を手に入れたいということから、オーバークロックした状態で常用することを前提としてCPUを選ぶ方もいる。もちろん、メーカー保証外というオーバークロックのリスクを理解した上での自己責任が大原則ではあるが、実際に動作クロックのマージンを大きめに取ってあるCPUも多く、しかるべき注意を払いさえすれば、オーバークロック状態で常用するのも非現実的なことではない。

 新しいCPUが登場した場合にも、そのスペック、定格での性能、消費電力などといったことと同じように、「そのCPUはどこまでオーバークロックできるのか」という、いわゆる「オーバークロック耐性」も(ただの1例に過ぎないにしても)一つの情報として価値が増してきているようだ。とくにそれが、上位モデルと同じアーキテクチャを採用したローエンドモデルであったり、新しいプロセスルールを採用したモデルだったり、一般に「オーバークロックしやすい」と認識されるような種類のものであればなおさらである。
imageBIOSでFSBクロックを上げる
今回はCPUの大まかな傾向を見るのが目的のため、FSBクロックとコア電圧以外は基本的に「Auto」設定を利用している
imageコア電圧もちょっとアップ
定格電圧でのオーバークロックが限界に達した後、0.1VだけCPUコア電圧をアップした。その後さらにFSBクロックを上げて、限界値を結果とした
 というわけで、ここでは2008年前半に登場した新CPUを含めたミドルレンジ以下の割安なCPUを六つピックアップし、改めてオーバークロック耐性とオーバークロック後のパフォーマンスを検証してみた。オーバークロック向けとしては定番的な存在が多いが、45nm世代の新顔であるCore 2 Duo E7200やクアッドコア最安値のPhenom 9500などの結果は興味深いところだ。

 テスト環境は別掲したとおり。CPUクーラーは、Intel CPUとAMD CPUで同じものが使えるように、LGA775/Socket AM2両対応のThermaltake GunMet Orbを利用している。FSBクロックの上昇以外の設定は最小限にとどめ、電圧はCPUコア電圧のみ+0.1Vを上限として上げている。なお、OC動作クリア条件は、StressPrime 2004を10分間動作させ、エラーが出なければ合格とした。
image空冷によるOCにチャレンジ!
Intel CPUとAMD CPUで共通して使えるよう、CPUクーラーはThermaltakeのGunMet Orb(CL-P0478)を利用している
image
【検証環境】
マザーボード:ASUSTeK P5E3 Deluxe(Intel X38+ICH9R)【LGA775環境】、GIGABYTE GA-MA790FX-DQ6(AMD 790FX+SB600)【Socket AM2環境】
メモリ:OCZ Technology DDR3 PC3-14400 Platinum Edition(PC3-14400 DDR3 SDRAM、CL=7、1GB)×2【LGA775環境】、Kingston Technology ValueRAM KVR1066D2N7K2/2G(PC2-6400 DDR2 SDRAM、CL=7、1GB×2)【Socket AM2環境】
ビデオカード:NVIDIA GeForce 8800 GTXリファレンスカード
HDD:WesternDigital WD Raptor WD1500AHFD(Serial ATA 2.5、10,000rpm、150GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
Wolfdaleコアの下位モデル
Intel
Core 2 Duo E8200
実売価格:22,000円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/
imageほかのCPUに比べるとやや高価なのは、最新の45nmプロセス製造で、定格でもかなりパワフルな性能を持っているため。2次キャッシュも大容量なので、さまざまな場面で活躍してくれる。
CPUソケット:LGA775
コア数:2
動作クロック:2.66GHz
対応システムバス:1,333MHz
2次キャッシュ:6MB
TDP:65W
2次キャッシュなどを制限した割安45nmデュアルコア
Intel
Core 2 Duo E7200
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/
image45nmプロセスながら1万5,000円前後と割安なデュアルコアCPU。システムバスや2次キャッシュ容量が制限されているが、SSE4.1など、45nmから追加された機能は搭載されている。
CPUソケット:LGA775
コア数:2
動作クロック:2.53GHz
対応システムバス:1,066MHz
2次キャッシュ:3MB
TDP:65W
旧世代のデュアルコアCPU下位モデル
Intel
Core 2 Duo E4500
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/
imageE6000シリーズの下位モデル。2次キャッシュと動作クロックが抑えられているため、発熱が小さく扱いやすい。前世代モデルではあるが、最新パーツでなくとも動作し、サブマシンなどにオススメできる。
CPUソケット:LGA775
コア数:2
動作クロック:2.2GHz
対応システムバス:800MHz
2次キャッシュ:2MB
TDP:65W
デュアルコアCPUのエントリーモデル
Intel
Pentium Dual-Core E2220
実売価格:10,000円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/
image価格が1万円前後と非常にお手頃なデュアルコアCPU。Core 2 Duo E4000シリーズに比べ、2次キャッシュのサイズが半減され1MBとなっているが、動作クロックは高めに設定されている。
CPUソケット:LGA775
コア数:2
動作クロック:2.4GHz
対応システムバス:800MHz
2次キャッシュ:1MB
TDP:65W
デュアルコアCPUに生まれ変わった伝統ブランド
Intel
Celeron Dual-Core E1200
実売価格:5,500円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/
imageローエンドに位置する低価格CPU。2次キャッシュが上位モデルと比較して大きく削減されている。動作クロックは低いが、オーバークロック耐性が高く、クロックが2倍の3.2GHzで動作する個体もある。
CPUソケット:LGA775
コア数:2
動作クロック:1.6GHz
対応システムバス:800MHz
2次キャッシュ:512KB
TDP:65W
Phenomシリーズ最安値モデル
AMD
Phenom 9500
実売価格:19,000円前後
問い合わせ先:0120-263-669(日本AMD)
URL:http://www.amd.co.jp/
imageTLBにエラッタを抱えているため敬遠されがちだが、不具合が起こるのはAMDによれば仮想環境のみ。自作PCではまず起こらないため、割安なこのクアッドコアCPUを狙うのもアリだ。
CPUソケット:Socket AM2
コア数:4
動作クロック:2.2GHz
対応システムバス:3,600MHz
2次キャッシュ:512KB×4
TDP:95W
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス