特集
デュアルコアCPUとは 1/4
デュアルコアCPUとは 2/4
デュアルコアCPUとは 3/4
デュアルコアCPUとは 4/4
デュアルコアCPUの実力をチェック 1/2
デュアルコアCPUの実力をチェック 2/2
デュアルコア自作PCの消費電力を考える 1/3
デュアルコア自作PCの消費電力を考える 2/3
デュアルコア自作PCの消費電力を考える 3/3
デュアルコアCPU対応マザーボードカタログ 1/2
デュアルコアCPU対応マザーボードカタログ 2/2
デュアルコアCPUで自作しよう 1/2
デュアルコアCPUで自作しよう 2/2
アップグレードで作るPentium Dマシン
Athlon 64 X2で最強ゲームマシン!!
BIOSのアップデート
デュアルコアCPUの性能・機能を実感する 1/2
デュアルコアCPUの性能・機能を実感する 2/2
オーバークロック再入門 1/2
オーバークロック再入門 2/2
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
デュアルコアCPU 自作完全マニュアル
TEXT:橋本新義
デュアルコアCPUの実力をチェック
Core Duoの全グレードが市場に出揃ったことで、現行のデュアルコアCPUすべてに対して一通りの性能比較ができる環境が整った。
ここでは各種の定番ベンチマークと動画エンコードテストを行ない、デュアルコアCPUの性能の違いを見てみたい。
今回使用したベンチマークと測定項目を解説
 まず、今回使用したベンチマークの測定方法や、その測定意義を紹介したい。

 最初は、PCシステムの総合性能を測定するベンチマークとして、FutureMarkの「PCMark05 Professional」を使う。今回はCPUやMemory、HDD、Graphicsという項目も測定している。フリー版ではこうしたパーツレベルの性能が測定できない(総合スコアしか測定できない)ためPro版を使用した。比較的マルチスレッド性能が大きく影響するため、デュアルコアCPU環境には好適である。

 次に、2種のコーデックを用いたビデオエンコードテストだ。3分28秒のDVコーデックのAVIファイルから、8MbpsのMPEG2と1MbpsのWindows Media Video 9(WMV9)のファイル(音声なし)に変換している。ソフトウェアはTMPGEnc 3.0 XPressの試用版(Ver.3.3.8.117)を使っている。MPEG2エンコードは負荷が比較的軽いものの、マルチスレッド環境での性能向上率が高いのが特徴だ。WMV9は演算負荷が高く、2スレッドまでは効率的にCPUを使えるのが特徴だ。このため若干Pentium XEには不利であるとも言える。

 最後に、3Dグラフィックスの描画速度を測定するベンチマーク2種を使っている。FutureMarkの「3DMark 05」と、Maxonの「CineBench 2003」だ。両者は同じ3Dグラフィックスベンチマークと言っても、内容は大きく異なる。3DMark05がゲーム向けのDirectXを使った3Dグラフィックスの性能を測定するのに対し、CineBench 2003はレンダリングという非リアルタイムの3Dグラフィックスの生成速度を測定する。CineBench 2003は、マルチスレッドやマルチコア環境での性能向上が非常に顕著で、また3Dレンダリングという処理自体も“重い”という、マルチスレッド環境の必要性も高い環境となる。Intelが最近積極的にマルチコアCPUの性能デモ用として使っているため、ベンチマークとしては目新しくはないが、最近とみに知名度が向上しているベンチマークプログラムである。
imagePCMark05の代表的テストMultithreaded Testの数々。複数プログラムの同時実行をシミュレートした、マルチタスクの処理能力を計測する
imagePCMark05では、基本的な3D(DirectX)描画性能もテストできる。これは追加テストとなる「Fill RateMulti-Texturing」の画面
総合性能ではCore DuoとAthlon 64 X2が一歩リード
 さて早速、PCMark05の結果から見ていこう。まずは総合スコア(一番左のグラフ)からだ。

 全体的な傾向としては、ベンチマークの評価基準の傾向もあってか、デュアルコアやマルチスレッド(ここではHyper-Threading)対応CPUが大きくスコアを伸ばしている。これはPentium M 760とAthlon 64 3800+の2製品と、ほかのCPUを比べてみると分かりやすい。

 Athlon 64 FX-60がトップの座に就いているが次点となるAthlon 64 X2 4800+に対して、Core Duo T2600が肉薄するスコアを記録しており、優秀な結果を見せている。注目のPentium XE 965はPentium D 950とほぼ同じで、Athlon 64 X2 4200+を若干上回る。

 また、Pentium XE/Dの“粘り”にも注目したい。全般的にはAthlon 64 X2/Core Duo有利という傾向には変わりないが、登場当初に見られた、比較的大きな性能差ではなくなっている。

 いわゆるワットあたりの性能で劣る点は否めないものの、「コストパフォーマンスに優れたプラットフォーム」というキャラクターはまだまだ健在といったところだ。

 CPUテストでは全体結果とは一転して、4スレッドに対応したPentium XEが性能を伸ばしている点が注目できる。全体的な傾向としてもPentium DがCore DuoやAthlon 64 X2を上回っているのが目立つ。Core Duoに関しては、全体結果と同じく、Athlon 64 X2と同様の傾向が見られる。

 Memoryテストに関しても、CPUテストと似たグラフの傾向を描く点がおもしろい。やはりPentium XEが頭一つ抜ける展開となるが、Pentium 4 670が大きくスコアを伸ばしている点も特筆できる。このテストではCore DuoはAthlon 64 X2に比べて一段低い傾向となっている。Pentium M 760も含めて比較すると、このテストではPentium M系が比較的不得意な演算が含まれるようだ。

 HDDは、これまでのテストに比べて比較的差が少なく、グラフ上でも全体的に山谷の少ない状態となっている。これまでのテスト結果から勘案すると、今回の測定環境ではマザーボード上のインターフェースの速度に大きな差がない、ということだろう。

 最後にGraphicsだが、これはCPUやMemoryとは逆に、Core DuoやAthlon 64 X2が大きくスコアを伸ばし、全体結果とかなり近い傾向のグラフとなっている。Core DuoやAthlon 64 X2が総合スコアで強いのは、ここでの強さが大きく影響していると考えてよいだろう。

 また、これまで見られたシングルコアCPUでのスコアの落ち込みが見られないのもおもしろいところだ。とくにPentium 4は、Pentium Dに比べても大きく優位に立っているのが目を引く。やはり現状のDirectXでの3D系の演算はデュアルコアCPUよりもクロックの高さが優位に働くようである。
image同じくDirectXを使う、「Pixel Shader」テスト。このテスト結果は総合性能に含まれるため、3D描画性能も高いほうが好スコアとなる
image
【ベンチマーク環境】
[Core Duo環境]
マザーボード:MSI 945GT Speedster Plus(i945GT)
メモリ:PC2-5300 DDR2 SDRAM(CL=5)512MB×2

[Pentium XE/D/4環境]
マザーボード:Intel D975XBX(i975X)
メモリ:PC2-5300 DDR2 SDRAM(CL=5)512MB×2

[Pentium M環境]
マザーボード:AOpen i915Ga-HFS(i915G)
メモリ:PC2-4200 DDR2 SDRAM(CL=4)512MB×2

[Athlon 64環境]
マザーボード:ASUSTeK A8N32-SLI Deluxe(NVIDIA nForce4 SLI X16)
メモリ:PC3200 DDR SDRAM(CL=3)512MB×2

[共通環境]
ビデオカード:NVIDIA リファレンスGeForce 7800 GTX(256MB、ForceWare 81.98)
HDD:日立GST Deskstar T7K250(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB)
OS:Windows XP Professional SP2(DirectX 9.0c)
Vsync:OFF
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年夏号

発売日:6月30日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス