特集
はじめてのPC自作 保存版
自作PCのパーツ構成はこうやって決める 1/3
自作PCのパーツ構成はこうやって決める 2/3
自作PCのパーツ構成はこうやって決める 3/3
パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード 1/3
パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード 2/3
パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード 3/3
パーツ選びのコツ(2) メモリ
パーツ選びのコツ(3) ビデオカード
パーツ選びのコツ(4) ストレージ
パーツ選びのコツ(5)ケース
パーツ選びのコツ(6) 電源
パーツの買い方手取り足取り 1/2
パーツの買い方手取り足取り 2/2
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 1/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 2/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 3/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 4/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 5/5
BIOS設定方法からアップデートまで 1/2
BIOS設定方法からアップデートまで 2/2
ちょっぴりチューニングテクニック
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

大原則を押さえて3年間大満足のマシンを作る!! 性能・コスト・使い勝手のバランスがポイント はじめてのPC自作 保存版

パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード

TEXT:石川ひさよし

3.自分に必要な性能を持つCPUを見極めろ!

パフォーマンスから目的のCPUを選び出そう

 PCの頭脳にあたるCPU。その性能を比較したのが下のグラフだ。PCMark VantageはPC全体のシステム性能を、CINEBENCH R11.5は3DレンダリングをベースにCPU性能に特化したベンチマークだ。どちらのベンチマークでもトップスコアをマークするCore i7-980X Extreme Editionは、六つのCPUコアを内蔵した製品。圧倒的なパフォーマンスだが、6コアのパフォーマンスを引き出せるアプリケーションはまだ限られる。一般的な使い方であればデュアルコアで十分、クアッドコアならかなり余裕がある。PCMark Vantageで言えば8,500前後を超えればハイエンドマシン、ミドルレンジが7,000以上、ローエンドで6,000前後というのが一つの目安になる。

PCMark Vantage Build 101

CINEBENCH R11.5

 消費電力もチェックしておこう。高負荷時の消費電力は、AMD製CPUが高い傾向にある。一方、LGA1156のCore i7/i5、そしてPentium G6950のアイドル時の消費電力は断然低い。PCは常時フルパワーで動かすわけではないため、アイドル時の省エネ性は重要だ。

システム全体の消費電力

【検証環境】マザーボード:GIGABYTE GA-X58A-UD7(rev. 1.0)(Intel X58+ICH10R)、ASUSTeK SABERTOOTH 55(i Intel P55)、ASUSTeK P5Q-E(Intel P45+ICH10R)、GIGABYTE GA-890GPA-UD3H(AMD 890GX+SB850)、メモリ:Corsair Memory CMX8GX3M4A1600C9(PC3-12800 DDR3 SDRAM 2GB×4 ※2~3枚のみ使用)、UMAX Pulsar DCDDR2-4GB-800(PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2)、ビデオカード:MSI R5770 Storm1G(ATI Radeon HD 5770)、HDD:Seagate Barracuda 7200.12 ST3500418AS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、500GB)、電源:Corsair Memory CMPSU-850HXJP(850W)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

CPU/チップセット内蔵GPU性能を比較

内蔵GPUは少ない投資額でディスプレイ出力機能を備えることが主眼。デスクトップの利用には十分だが、3DMarkのスコアから分かるとおり、3D性能はローエンドビデオカードにもおよばない

3DMark06 Build 110(1,280×1,024ドット/32bit)

4.拡張性の決め手はマザーボード

インターフェースを理解し拡張プランを立てよう

 マザーボードを選ぶ時、価格や追加機能も重要だが、もう一つ考慮しておきたいのが拡張性だ。拡張カードもHDDもメモリも、すべてのパーツはマザーボード上のインターフェースを通じて接続される。最初に選ぶマザーボードの拡張性は、後々まで影響するのだ。
 自作PCは、拡張スロットに拡張カードを挿すことでさまざまな機能が追加できる。一般的なところではテレビチューナーカードやサウンドカードにLANカード。今話題のUSB 3.0やSerial ATA 3.0も拡張カードという形で追加できる。組み立て当初は拡張カードスロットに余裕があるだろうが、将来の拡張を考慮し余裕を持っておきたい。なかでも注意したいのがビデオカードの厚みだ。大型クーラーを搭載したものは、直下のスロットをふさいでしまう。
 ここでは、PCの主要なインターフェースとその用途を整理した。この中から自分のPCにとって必要なインターフェースとその数を把握しておこう。

拡張カード用スロット

PCI Express x16

主にビデオカードを追加するためのインターフェース。標準的なマザーボードでは1本、マルチGPUをサポートするものでは2本以上備えるが、製品によってはx16スロットであっても速度が遅いものもあるので要注意

PCI Express x1

拡張カードを追加するためのインターフェース。チップセットによってPCI Express1.1の場合と2.0の場合があり、1.1は双方向500MB/s、2.0では同1GB/sの転送速度を持つ。なお、x1対応カードはx4スロットなどにも装着できる

PCI

広く普及したインターフェース。転送速度は133MB/sであり、現在では低速と言わざるを得ないが、テレビチュー ナーカードなどを利用するには十分。対応製品が充実しているため、入手性がよいところもメリットだ

最新インターフェースに注目!

インターフェースも進化を続けている。最近もUSB 3.0とSerial ATA 3.0が登場し、徐々に対応製品が出揃いつつある。USB 3.0の転送速度は5Gbpsで、USB 2.0より10倍以上高速だ。Serial ATA 3.0は6GbpsでSerial ATA 2.5から2倍に引き上げられている。現在はAMD 890GXだけがSerial ATA 3.0をサポートしているが、専用チップを搭載することで対応するマザーボードが増えている。

USB 3.0

USB 3.0の転送速度は、HDDの性能をフルに発揮させることができるほど速い。2.0との互換性も保たれている

Serial ATA 3.0

3Gbpsでも十分速いため、まだ必須ではないが、SSDの利用を想定するなら備えておきたいインターフェースだ

主なディスプレイインターフェース

Dsub 15ピン

アナログ接続に用いられるディスプレイインターフェース。ブラウン管ディスプレイ時代には主流を占めていた。現在は出力側のビデオカードでも、入力側の液晶ディスプレイでも、デジタル接続のインターフェースへの移行がかなり進行している

DVI

現在主流のディスプレイインターフェース。とくに出力側コネクタで一般的に用いられるDVI-Iは、アナログとデジタルの双方に対応しているのが特徴だ。WUXGA(1,920×1,200ドット)を超える高解像度デジタル出力をサポートするデュアルリンクDVIも存在する

HDMI

液晶テレビやHDDレコーダなど主に家電で利用されるデジタルインターフェース。小さなコネクタながら映像とともに音声信号も伝達でき、シンプルな配線が可能となる。PCをテレビに接続して利用するというニーズの高まりから、ビデオカードに採用例が増えている

DisplayPort

DVIの次を目指して策定されたデジタル接続のディスプレイインターフェース。HDMI同様にコネクタが小型であり、ノートPCなどでも採用が始まっている。マルチディスプレイへの対応、音声信号への対応、そしてノートPCにおける内部接続までもが想定された規格である

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス