特集
はじめてのPC自作 保存版
自作PCのパーツ構成はこうやって決める 1/3
自作PCのパーツ構成はこうやって決める 2/3
自作PCのパーツ構成はこうやって決める 3/3
パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード 1/3
パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード 2/3
パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード 3/3
パーツ選びのコツ(2) メモリ
パーツ選びのコツ(3) ビデオカード
パーツ選びのコツ(4) ストレージ
パーツ選びのコツ(5)ケース
パーツ選びのコツ(6) 電源
パーツの買い方手取り足取り 1/2
パーツの買い方手取り足取り 2/2
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 1/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 2/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 3/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 4/5
最新パーツで作るPC組み立てマニュアル 5/5
BIOS設定方法からアップデートまで 1/2
BIOS設定方法からアップデートまで 2/2
ちょっぴりチューニングテクニック
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

大原則を押さえて3年間大満足のマシンを作る!! 性能・コスト・使い勝手のバランスがポイント はじめてのPC自作 保存版

TEXT:石川ひさよし

マシンの性格を決めるCPUとチップセット

パーツ選びのコツ(1) CPU+マザーボード

自作PCにおいて中心をなすのがCPUとチップセットだ。 CPUはPCの頭脳であり、チップセットはPCの骨格と言えるマザーボードの核となる。 まずはこのCPUとチップセットについて理解を深めよう。

1.そもそも今は“買い時”なのか?

 自作PCは、パーツを交換しながら発展できるところが魅力だ。自作PCの購入を考える際は、CPUソケットの規格が変わるタイミングに注意したい。
 まずはIntelとAMDのCPUとチップセットのロードマップ(予定表)を確認しよう。2010年で注目したいのはAMDの6コアCPU「Thuban」(コードネーム)。ただしコア一つ一つの設計は現在の製品と同様で、ソケット規格に変更はないと見られる。
 ソケットが変わる大きな変革は、Intel、AMDともに2011年に控えている。Intelの「Sandy Bridge」はクアッドコアCPUとGPUが一体化した構造を採る。また、AMDは「Bulldozer」、「Fusion」が控えている。Bulldozerはコアの設計を一新したハイエンド向けCPU、FusionはSandy Bridgeと同様、CPUにGPUを統合した製品だ。
 2011年は変革の年だが、逆に2010年は大きな変化はなく、今PCを自作し て、「しまった、もうちょっと待っておけば……」という状況にはなりにくい。新たな1台を作るタイミングとしては悪くない時期なのだ。

現在主流のCPUソケット

LGA775

Intelの旧世代CPUに対応したソケット規格。サポートするCPUはCore 2シリーズおよびPentium Eシリーズなど。今後新CPUが登場する見込みは薄いものの、現時点ではまだ製品も豊富。新世代の製品と比べ低価格製品が豊富であり、低コストPC向けとしては侮れない

LGA1156

Intelの現メインストリーム向けCPUに対応したソケット規格。サポートするCPUはCore i7-800番台およびCore i5/i3、Pentium Gシリーズ。 対応するチップセットもP55、H57/H55/Q57など豊富に揃っており、選択肢が多いため、多彩なニーズにも対応できる

LGA1366

Intelのハイエンド向けCPUに対応したソケット規格。サポートするCPUは6コアのCore i7-980X XEを含むCore i7-900番台のCPUだ。対応CPUの数は少ないが、トリプルチャンネルメモリをサポートするため、より大容量のメモリを搭載した い場合にも適している

Socket AM3

AMDのCPUに対応したソケット規格。PhenomII、AthlonIIといった現在のAMDのCPU全般が利用できる。一つ前の規格としてSocketAM2/AM2+があるが、AM2対応CPUをSocket AM3に挿して利用することはできない。ただし、AM3対応CPUはAM2でも使用可能だ

2.チップセット選びのコツ

PCの性格を決定付ける
チップセットの選び方

 チップセットはマザーボードの中心となるチップだ。CPUと各種デバイスをつなぐ役割を持ち、拡張スロットやSerial ATA、USBといった各種インターフェースの本数もこのチップセットによって決まる。Core i7-900番台のように対応するチップセットがX58の一択ということもあるが、多くのCPUには複数のチップセットが用意されている。幅広いユーザーに対応しようというCPUには用途に応じた複数のチップセットが用意されるためだ。
 LGA1156向けのP55とH55を例に違いを見てみよう。P55はビデオカードを追加するパフォーマンス志向のユーザー向けであり、一部のCPUが内蔵するグラフィックス機能は利用できない。一方、H55はCPU内蔵のグラフィックス機能を利用できるものの、インターフェース機能の一部が制限され、全体的にローコストPC向けだ。P55とH55のこうしたターゲットの違いは、搭載マザーボードのサイズ(ATXかmicroATXか)、拡張性などにも現われる。
 また、AMD 890GXのSerial ATA3.0対応のように、新しいチップセットは新しい機能を備えていることも多い。チップセットを理解しておけば、後のマザーボード選びがスムーズに進むだろう。

これが現在のスタンダード

Intel P45

LGA775対応の定番チップセット
Core 2シリーズにおけるスタンダードチップセット。グラフィックス機能を統合していないためビデオカードが必須だが、PCI Express16レーンを2本に分けてCrossFireXが利用できるなど3Dパフォーマンスを求めるユーザーに向いている。とはいえ、その役目はP55に移りつつある

Intel P55

LGA775対応の定番チップセット
Pentium GからCore i7まで、幅広いラインナップをサポートする現在の主力チップセット。ディスプレイ出力機能を持たないことから、GPUを内蔵したCPUを選んだ場合、グラフィックス機能を利用できない点に注意。搭載マザーボードはハイエンド向けからコンパクトなmicroATX製品まで幅広い

ハイエンドと言えばコレ

Intel X58

唯一のLGA1366対応チップセット
6コアCPUを利用できる現在唯一のチップセット。LGA1366 CPUの位置付けから、オーバークロック動作を見込んだハイエンド向け製品が中心となる。CPUとチップセットを結ぶインターフェースがLGA775世代より格段に高速で、究極のゲームパフォーマンスを求める際にはこの点をポイントに選びたい

AMD 890GX

Serial ATA 3.0をサポート
AMDの最新チップセット。組み合わされるSB850により、コンシューマ向けチップセットとして初めてSerial ATA 3.0をサポート。広い帯域を活かし、Serial ATA 3.0の性能をフルに発揮できる。また、DirectX 10.1対応GPUを内蔵し、低コストPCやリビングPCにも、ゲーマー向けにも柔軟に対応できる

グラフィックス機能内蔵タイプ

Intel G41

DirectX 10対応のGPUを統合したLGA775向けチップセット。低コスト、省スペース向けマシン向けに人気だ。搭載マザーボードにはDDR3メモリ対応のものが増えてきている

Intel H55

ディスプレイ出力機能を備え、Core i3/i5のGPU機能を利用可能。LGA1156対応チップセットの中においては、低コスト、省スペース向けとして位置付けられている

AMD 785G

DirectX 10.1対応のグラフィックス機能を統合したSocket AM3向けチップセット。GPUコアはAMD 890GXと同等だが、クロックが若干低く、Serial ATA2.5までの対応となる

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス