特集
ウワサその01 CPU編 1/4
ウワサその01 CPU編 2/4
ウワサその01 CPU編 3/4
ウワサその01 CPU編 4/4
オマケ検証 メモリ編
ウワサその02 ビデオカード編 1/2
ウワサその02 ビデオカード編 2/2
ウワサその03 HDD耐衝撃編
ウワサその04 HDD振動設置場所編
ウワサその05 HDD安全神話編
ウワサその06 HDD高速運用編
ウワサその07 電源編 1/2
ウワサその07 電源編 2/2
ウワサその08 グリス編
ウワサその09 サウンドカード編
ウワサその10 セキュリティ編
ウワサその11 アンチウイルス編
ウワサその12 Mac編 1/3
ウワサその12 Mac編 2/3
ウワサその12 Mac編 3/3
オマケ検証
その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
PC自作 ウワサの検証 完全版
ウワサその02 ビデオカード編
検証人:平澤寿康
  検証その2:
実際のゲームを利用した画質比較
エイジ オブ エンパイアIIIの描画比較
imageGeForce 7600 GT搭載カード
AoE3の描画エンジンはSM3.0ベースとなっており、HDRレンダリングやセルフシャドーなど、非常に高度な映像処理が行なえる。実際、影の付き方や水面の光の反射、周囲の映り込みなどがしっかりと表現されている
imageRADEON X1600 Pro搭載カード
木の影の付き方や、水面に映る空中を飛ぶ鳥の影、水面の光の反射など、GeForce 7600 GT搭載カードの結果と若干異なって見える部分もあるが、全体的にはクオリティはほとんど同等と言ってよいだろう
imageRADEON X700 Pro搭載カード
SM3.0世代のビデオカードと比較して、画像はかなり劣っている。水面の処理、影の付き方、草や木の葉の表現など、どれもぱっと見て違いが分かるほど。やはりSM3.0対応ゲームはSM3.0世代のビデオカードでプレイしたい
 
エイジ オブ エンパイアIII:(C)&(P) 2005 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Age of Empires, DirectX, Ensemble Studios, the Microsoft Game Studio logo, The Age of Kings, and Windows are either registered trademarks or trademarks of Microsoft Corporation in the United States and/or other countries.
コール オブ デューティー 2 日本語版の描画比較
imageGeForce 7600 GT搭載カード
CoD2はSM2.0ベースの描画エンジンを利用しているが、それでもそのグラフィックスは十分高いクオリティを誇る。とくに炎や煙の表現はかなりリアルだ
imageRADEON X1600 Pro搭載カード
RADEON X1600 Pro搭載カードとGeForce 7600 GT搭載カードの描画結果を比較しても、双方にほとんど違いは見られない。SM2.0世代ゲームの描画品質も、現行世代のビデオカードであればまず違いはないと言えるだろう
imageRADEON X700 Pro搭載カード
RADEON X700 Pro搭載カードの描画結果も、SM3.0世代のビデオカードでの結果とまったく違いが分からない。もちろん、3枚すべてのビデオカードがSM2.0をサポートしていることからもこの結果は当然と言える
 
コール オブ デューティー 2 日本語版:(C)2005 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks of Activision Publishing, Inc. All rights reserved. This product contains software technology licensed from Id Software ("Id Technology"). Id Technology ゥ1999-2005 Id Software, Inc. ゥ 2005, Discovery Communications, Inc. Military Channel, logo and Go Behind the Lines are trademarks of Discovery Communications, Inc., used under license. All rights reserved. www.discovery.com. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. Marketed and distributed in Japan by Russell.
検証結果

 次に実際のゲームソフトをそれぞれのビデオカードで実際にプレイしつつ、描画品質をチェックしていこう。ここでは、現行世代グラフィックスチップ搭載のビデオカードだけでなく、旧世代グラフィックチップス搭載のビデオカードでも試した。また、基本的にすべてのゲームで、最高の描画品質設定でプレイした。

 SM3.0ベースの描画エンジンを採用している「エイジ オブ エンパイア III(AoE3)」から。GeForce 7600 GTおよびRADEON X1600 Pro搭載カードでプレイした場合には、先ほどの3DMark06の結果同様に、双方の差はまったくと言ってよいほど感じられなかった。SM3.0世代のグラフィックスチップであれば、基本的な描画品質に差はないことが、実際のゲームでも確認できたわけだ。

 それに対し、RADEON X700 Pro搭載カードでプレイした場合には、一見して分かるほどの描画品質の違いが確認できた。水面の透明度や光の反射、木や草の表現など、色みからして異なるほどの違いとなっている。もちろん、現行世代のビデオカードのほうが上だった。

 次に、「コール オブ デューティー 2 日本語版(CoD2)」をプレイ。CoD2はAoE3と異なり、SM2.0ベースの描画エンジンを採用している。そのため、RADEON X700 Pro利用時でも画質が劣ることはないと思われる。そして、実際の描画品質をチェックしてみたが、予想どおり3カード間で描画品質にほとんど差は見られなかった。炎や煙の描写、アップになっている銃器表面の質感、レンガを積み上げた壁など、どこをチェックしてもほぼ同等の品質が再現されている。やはりSM2.0世代のゲームであれば、現世代と前世代のビデオカードとで描画品質に差はないと考えてよいだろう。

 ただし、ここではすべて描画品質にのみ注目しており、パフォーマンスはまったく考慮に入れていない。今回のように、ほぼ最高描画品質設定で各ゲームをプレイした場合、GeForce 7600 GTおよびRADEON X1600 Pro搭載カード利用時には、双方ともそれなりに快適にプレイできたが、RADEON X700 Pro搭載カードではかなりフレームレートが落ち、プレイに支障をきたすと感じる場面も少なくなかった。この点は頭に入れておいてもらいたい。
  検証その3:
実際のゲームを利用した安定度チェック
エレクトロニック・アーツ
バトルフィールド2
image実売価格:6,400円前後
URL:http://www.japan.ea.com/
TEL:03-6229-8800
サイバーフロント
デイ オブ ディフィート:ソース 日本語版
image実売価格:4,000円前後
URL:http://www.cyberfront.co.jp/
TEL:052-779-6549
サイバーフロント
雷電III
image実売価格:6,800円前後
URL:http://www.cyberfront.co.jp/
TEL:052-779-6549
ズー
コードネーム:パンツァーズ ~フェーズ2~
image標準価格:8,190円
URL:http://gamezone.zoo.co.jp/
E-mail:support@zoo.co.jp
マイクロソフト
エイジ オブ エンパイアIII
image標準価格:9,870円
URL:http://www.microsoft.com/
japan/games/

TEL:0120-41-6755
ラッセル
コール オブ デューティー 2
日本語版
image実売価格:7,500円前後
URL:http://www.w-russell.jp/
E-mail:support@russel.co.jp
検証結果

 最後に、ビデオカードの違いによってゲームプレイ時の安定度に違いがあるのかどうかチェックしていこう。とはいえ、複数のゲームをすべてのビデオカードでエンディングまでプレイするには時間が足りない。そこで今回は、1時間ほどプレイしてトラブルが出なければOKとした。筆者の過去の経験では、ビデオカードが原因でゲームプレイ時にトラブルが発生する場合、ゲーム起動直後からなんらかの兆候が見られることが多いからだ。

 そして、左に挙げた六つのゲームをプレイしてみたが、トラブルが発生したゲームはまったくなかった。確かに描画品質やパフォーマンスの違いを感じる部分はあったが、プレイできないような問題は皆無であった。もちろん、これだけですべてのゲームが問題なく動作するとは言えないが、少なくとも以前に比べトラブルは減っていると考えてよいだろう。
まとめ
 今回、ビデオカードを、パフォーマンスという従来の観点からではなく、ゲームプレイ時の描画品質や安定度という観点からチェックしてきた。

 全体を通して見ると、最新世代のグラフィックスチップを搭載するビデオカードであれば、基本的に描画品質・安定度ともに高いレベルで安定していると考えてよいだろう。

 ただし、SM2.0世代など旧世代のグラフィックスチップでは、今後続々登場してくるSM3.0対応ゲームを、高い描画品質で楽しめなくなる。実際に確認したように、SM3.0世代のゲームをプレイした場合、旧世代ビデオカードの描画品質は低くなる。ゲームプレイを重視した製品選びをしたいなら、SM3.0世代のビデオカードを選択することが必須だ。

 実際の製品選択では、パフォーマンスやコストばかりが重視されることが多い。しかし、ゲーマーを自負するユーザーならば、それらよりも品質や安定性を重視した製品選択を心掛けよう。それによって、ゲームプレイ時の満足度が大きく向上すること間違いなしだ。
結論:SM3.0世代ならNVIDIAとATIの差は少なく、画質・安定度も問題なし
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2017年7月号

発売日:5月29日
特別定価:1,080円

書籍(ムック)

無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


自作PCパーツパーフェクトカタログ 2017

発売日:2016/11/29
販売価格:1,850円+税


PC 自作・チューンナップ虎の巻 二〇一七

発売日:2016/10/31
販売価格:1,680円+税


VR2 Vol.1

発売日:2016/9/29
販売価格:1,780円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


NASオールカタログ2016-2017

発売日:2016/6/17
販売価格:1,380円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス