その他の特集
ATX電源新時代到来! 今電源に求められるポイントとは?
電源の仕組を分かりやすく解説 1/3
電源の仕組を分かりやすく解説 2/3
電源の仕組を分かりやすく解説 3/3
自分のPCの消費電力はどれくらい?
電源カタログ 600W未満 1/3
電源カタログ 600W未満 2/3
電源カタログ 600W未満 3/3
電源カタログ 600W以上 1/3
電源カタログ 600W以上 2/3
電源カタログ 600W以上 3/3
ベンチマーク 1/2
ベンチマーク 2/2
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
ATX電源頂上決戦 夏の陣
自分のPCの消費電力はどれくらい?
600W以上クラス
Antec
EarthWatts EA-650
問い合わせ先:03-5812-5820(リンクスインターナショナル)
URL:http://www.antec.com/world/jp/
650W Active PFC 80PLUS
ファン:12cm角×1(底面)
電源コネクタ:ATX20/24ピン×1、EPS12V×1、ATX12
V×1、ペリフェラル×6、Serial ATA×6、PCI Express 6+2ピン×1、PCI Express 6ピン×1、FDD×1
image効率を重視した静音電源
 80PLUS認定を取得した高効率をうたう電源。Active PFC、過電圧、過負荷などの保護機能も装備する。底面に12cm角ファンを装備し、ケーブルは直付けタイプの標準的な構成だ。本体の奥行きは155mm。ケーブルの根元部分は曲げやすいので、4cmほどのスペースがあれば取り回しは可能だ。

 1本に3コネクタのSerial ATAケーブルを2本装備している。約80cmと長めのケーブルは、特殊なレイアウトの多い同社製ケースでの利用を考慮したものと思われる。ペリフェラル用のコネクタはイージープラグではなく、ごく普通のタイプ。

 +12Vは22Aが2系統、25Aが1系統。出力変化は上下のブレが少ないが変化の山は多めで可もなく不可もないレベル。(長畑利博)
image image
image
ATX12Vのブレは高いときで12.26V、低いときで12.24Vと比較的安定している。ATX24ピンはやや上下のブレが大きく、12.26Vを中心として、下は12.25V、上は12.28Vの範囲で変化している。ブレ幅は0.03V
高いブランドイメージながらも内部の作りは価格相応
 高品質というイメージのAntec製品だが、本製品は650W出力電源では比較的廉価で、設計はともかく内部の作りや仕上がりは標準的なもの。Active PFCを採用しているのに1次側コンデンサが2基あるのは、出力に応じて使うコンデンサの容量を調整する必要があるのかもしれない。

 保護回路もきちんと搭載しているので部品点数は多い。絶縁されている1次側と2次側との信号伝達に使うフォトカプラがメインとスタンバイの出力トランスの間に並んでいるのも目を引くが、内部は他社製品と変わらない平凡なもの。基板にはAntecのロゴが入っており、普段見ることのない部分にもブランドイメージへのこだわりが隠されている。(Ta 152H-1)
image
価格からするとオーソドックスな設計ながら手抜きもない
image1次側コンデンサは2基搭載されている
image1次側と2次側をつなぐフォトカプラ
600W以上クラス
GIGABYTE
ODIN GT GE-S800A-D1
問い合わせ先:03-3768-1321(マスタードシード)
URL:http://www.mustardgiga.co.jp/
800W Active PFC 80PLUS
ファン:14cm角×1(底面)
電源コネクタ:ATX20/24ピン×1、EPS12V×1、ATX12
V×1、ペリフェラル×5、Serial ATA×6、PCI Express 6+2ピン×4、FDD×1
imageソフトウェアによる制御が可能な特殊電源
 専用ソフト「P-Tuner」をインストールすることで電圧、消費電力などシステムの動作状態をPC側で調整可能な電源ユニット。PC側と電源はUSBケーブルを使用してリンクする。設定項目は+12V、+5V、+3.3Vの供給電圧の変更や14cm角ファンの回転モードなど。LEDを内蔵しており、こちらもソフトでON/OFFが可能だ。4系統の+12V出力を持ち、1・2系統が18A、3・4系統が25A。

 本体の奥行きは160mmだが、ケーブルの取り回しのため、本体前面に7cm前後のスペースが必要だ。Serial ATAケーブルは1本3コネクタで、92cmとかなり長い。温度センサーも四つ付属する。(長畑利博)
image image
image
ATX12Vは高いときで12.10V、低いときで12.08Vと安定しているが、たまに12.07Vと落ちる。ATX24ピンは12.07~12.05Vの間でブレがあり、極端に変化する山も多めだ。ブレ幅は0.02V
ギミックに目が行くが内部構成にとくに変わったところはない
 変わった形状のヒートシンクはファンで効率よく冷却しつつ、エアフローを考慮したデザイン。

 スイッチング回路より前の1次側のパワーデバイス用に大型ヒートシンクが使われており、表面実装部品が多いことも最近の設計の流行だろう。基板はGIGABYTEらしい青いレジストを使ったガラスエポキシ基板で、筐体の構造が少し変わっているため、基板の裏側がすぐ見える。

 当然の処置だがトランス部分には1次側と2次側のギャップをきちんと設けてある。コンデンサとファンの間隔が狭いのでクリアランスが少なく、ヒートシンクと干渉する。LEDが国産の1次側コンデンサを挟んでヒートシンクに埋め込まれている。(Ta 152H-1)
image
他社製品では見られない大型ヒートシンクが目立つ
image同社のマザーボードと同じ青いレジストの基板
image1次側コンデンサは日本製だ
電圧変動グラフの見方と測定環境についてはこちらを参照
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年夏号

発売日:6月30日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス