その他の特集
電源ユニットを理解する
電源ユニット購入の際にチェックしたいポイントはここだ
電源の中身はこうなっている!
電源カタログ 1/6
電源カタログ 2/6
電源カタログ 3/6
電源カタログ 4/6
電源カタログ 5/6
電源カタログ 6/6
電圧安定性・静音性・消費電力を大検証 1/2
電圧安定性・静音性・消費電力を大検証 2/2
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
至高の電源はコレだ!
電圧安定性・静音性・消費電力を大検証
TEXT:長畑利博
静音性と消費電力をチェックする
 700W未満クラスの静音性は最初からファンの回転数が高い恵安 BULL-MAX KT-620RSが目立つ以外はすべての製品で一定のレベルを保っている。その中でも静音性が高いと言えるのはオウルテック EVEREST 85PLUS 620、TP-550APとKRPW-V560W、サイズ CORE POWER3プラグイン 500W。いずれも体感的にも十分に静かと言えるレベルだった。

 700W以上クラスではアイドル時・高負荷時ともに静かなのはEnermax REVOLUTION85+ ERV1050EWT。次いでCMPSU-850HXJP、SS-850EMの順。ERV1050EWTは風切り音も小さく、かなり静かだと言える。気になったのはOCZ Technology OCZZ1000MとAcBel Polytech R88 Power 700W PC7063。個体差があるのかもしれないが、高負荷時は定期的にコイル鳴きと思われる「キュィィー」という音が発生していた。このコイル鳴きがないタイミングではほかの製品と同様、騒音レベルは39dB前後であり、両製品とも一定の静音性は保たれている。

 高負荷時の消費電力は、700W未満クラスでは、80PLUS Bronze認証モデルのEVEREST 85PLUS 620がもっとも小さいが、総合的に見るとやはり80PLUS Bronze認証を取得しているTP-550AP、AX550-85EPの2製品も優秀だ。ただ、こうした80PLUS認証は取得していないものの、KRPW-V560Wも上記の製品に匹敵する省エネ性を見せている点は注目できる。

 700W以上クラスではCMPSU-850HXJP、OCZZ1000Mの2製品が飛び抜けている。OCZZ1000Mの結果は80PLUS Gold取得電源として立派なものだが、そのOCZZ1000Mよりアイドル時、高負荷時ともに良好な結果を出しているのがCMPSU-850HXJP。本製品は発表当初は80PLUS Gold対応をうたっていたが、発売前に80PLUS Silverに変更された経緯があり、なかなか興味深い結果となった。
image
image
着実に進化が進んでいるATX電源
 全体的に見てみると、最近の電源のウリとなっている80PLUS認証取得による高変換効率アピールはウソではないことが分かる。とくにハイエンド系では発熱が小さくなることから、システム全体の負荷を考えれば、80PLUS対応電源の導入による恩恵は大きいと思われる。

 上記のような結果を踏まえて、今回の製品の中からオススメを選ぶ。700W以上クラスではCMPSU-850HXJP、OCZZ1000M、SS-850EMの3製品が安定性、静音性、消費電力の各項目において実力が伯仲している。その中でも安定性はほかの2製品に一歩譲るが、ハイエンドモデルの中では比較的安価(実売で2万6,000円前後)ということや、メンテナンス性の面でも評価できるということからCMPSU-850HXJPをSilver Recommendedに選んだ。

 700W未満クラスでは安定性、静音性、消費電力ともにTP-550AP、KRPW-V560Wのバランスがよい。ただ、KRPW-V560Wはテスト環境での電圧が全体的に低かったこともあり、今回はTP-550APをGold Recommendedに選んだ。ただ、KRPW-V560Wのコストパフォーマンスのよさは飛び抜けており、次点としてSilver Recommendedに推薦した。
Antec
TruePower New TP-550AP
image安定性や消費電力の小ささでもよい結果を出しているが、風切り音なども小さく静音という印象が強い。拡張性やケーブルレイアウトも十分考えられており、誰にでもお勧めできる電源と言える。
Corsair Memory
CMPSU-850HXJP
image80PLUS Goldに近いSilver電源と言われるだけあり、消費電力の小ささは特筆モノ。高い安定性を持ち、静音性についても十分なレベルのバランスのよい製品と言える。国内代理店5年間保証も心強い。
玄人志向
KRPW-V560W
image実売価格7,000円前後でありながら、静音性、安定性、消費電力ともにバランスの取れた製品。コネクタ数やケーブルの長さなど拡張性はやや低めだが全体的なコストパフォーマンスはバツグンと言える。
Back
Page Top
 

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2023年冬号

発売日:12月28日
特別定価:2,310円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 2022【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2021/11/29
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください