その他の特集
デュアルコアCPUは高くない!
低価格アップグレードで要注目のIntel 865チップセット 1/2
低価格アップグレードで要注目のIntel 865チップセット 2/2
いつまでアップグレードパスになり得るか? AGP対応ビデオカード 1/2
いつまでアップグレードパスになり得るか? AGP対応ビデオカード 2/2
流用可能なパーツの代表格DDR2の普及でDDRはどうなる?
複数ドライブを活用できるIDE 今後の増設はSerial ATAを
電源は足りる? インターフェースの増設は? デュアルコア化に伴うアップグレードを考える
高価なCPUに迫るパフォーマンスを実現 Pentium D 805をオーバークロック!
デュアルコアを最大限活かすソフト選び
アップグレード時に必須!! スマートなシステム移行術を考える 1/2
アップグレード時に必須!! スマートなシステム移行術を考える 2/2
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
25,000円でデュアルコアマシンにアップグレードする方法
TEXT:編集部 遠山健太郎
デュアルコアCPUは高くない!
25,000円でアップグレードできる方法教えます
デュアルコアCPUは高いなんて思っていませんか?
実は激安なデュアルコアCPUとちょっと変わったマザーボードで、今のマシンをアップグレードしよう。
「デュアルコア=高い」は間違い 狙い目モデルはこれだ!
 昨年、これまでのCPUの枠を打ち破る革新的なアーキテクチャとして、一つのCPUパッケージの中に二つのコアを備えたデュアルコアCPUが華々しく登場したのは記憶に新しい。それから1年、デュアルコアCPUはその種類を増し、その勢いは衰えそうもない。本誌でもたびたび特集で取り上げているため、デュアルコアCPUの仕組や効果は本誌読者ならご存じだろう。

 登場当初は、ハイエンドのイメージが強かったデュアルコアCPUだが、改めて現在の市場を見渡してみると、実際は幅広い価格帯にまたがっていることが分かる。Athlon 64 X2やCore Duoに関しては、同クロックのシングルコアの価格を明確に上回るものの、Pentium DはデュアルコアCPUであることにさほどプレミアムを付けていない印象で、Pentium 4の価格だと言っても真に受ける人もいそうなほどだ。とくに1万6,000円程度で購入できるPentium D 805は、Pentium 4のローエンドモデルよりも安いのだから驚きだ。動作周波数は2.66GHz、システムバスクロックは533MHzと、ほかのモデルより1段落ちるスペックであるのは事実だが、非常に戦略的な価格設定がなされたお買い得モデルだと言えるだろう。動画や音楽のエンコードが高速で、同時に複数の処理を行なっても“遅くなりにくい”というデュアルコアCPUのメリットは、このPentium D 805でも十分に享受できる。
CPUとマザーボードは交換 そのほかのパーツはそのまま使う
 そんな最安値デュアルコアCPU、Pentium D 805だが、組み合わせるマザーボードとしてポピュラーなのは、チップセットにIntel 945シリーズを搭載した製品だ。これら二つを組み合わせた場合、合計金額は3万円程度ですむ。しかし、i945シリーズがサポートするビデオカードインターフェースはPCI Express x16、対応するメモリもDDR2 SDRAMである。CPUとマザーボードでは3万円でお釣りがきても、組み合わせるパーツをさらに購入すれば、あっという間に5万円を突破する。5万円を高いと思うか安いと思うかは人それぞれだが、デュアルコアCPUでなくてはならない絶対的な理由がない場合、多くはためらう微妙な金額と言えそうだ。

 そこでお勧めしたいのが、旧世代となるチップセット、Intel 865シリーズを搭載したマザーボードだ。Intel 865シリーズは本来、Socket478マザーボードに搭載され、Pentium 4やCeleronと組み合わされていたもの。旧世代らしく、ビデオカードインターフェースにはAGPが、メモリはDDR SDRAMがサポートされている。旧世代と言うと印象が悪いかもしれないが、要は、古いパーツがそのまま使える、アップグレードに最適ということだ。
二つのコアで処理を並列に実行
imageデュアルコアCPUはOSからは二つのCPUとして認識され、対応ソフトウェアであればシングルコアCPUの2倍に迫る性能を発揮することも
AGP、DDR対応LGA775マザーボード
imageLGA775の登場後すぐにi865Gチップセットを搭載したLGA775マザーボードは発売されたが、現在の注目はデュアルコアに対応した製品だ
AGPビデオカード
image最新GPUを搭載したビデオカードの主流は今や完全にPCI Express x16だが、AGPに対応した製品も途切れることなくリリースされ続けている
デュアルコアCPUの価格表
  AMD Athlon 64 X2 Intel Core Duo Intel Pentium D
7万円台 Athlon 64 X2 4800+(2.4GHz) Core Duo T2600(2.16GHz)  
6万円台 Athlon 64 X2 4600+(2.4GHz)   Pentium D 960(3.6GHz)
5万円台 Athlon 64 X2 4400+(2.2GHz) Core Duo T2500(2GHz)  
4万円台 Athlon 64 X2 4200+(2.2GHz)   Pentium D 950(3.4GHz)
3万円台 Athlon 64 X2 3800+(2GHz) Core Duo T2400(1.83GHz) Pentium D 940(3.2GHz)
2万円台   Core Duo T2300(1.66GHz) Pentium D 930(3GHz)
Pentium D 920(2.8GHz)
1万円台     Pentium D 805
(2.66GHz)
i865搭載でLGA775対応 デュアルコア対応製品を狙え!
 もちろん、古いチップセットで古いCPUを使うのではアップグレードする意味が半減するが、今回紹介するのは、このi865チップセットを搭載しながら、CPUソケットはSocket478ではなくLGA775を備え、デュアルコアCPUにも対応したマザーボードだ。こうしたマザーボードは価格も1万円を切るものもあり、CPUにPentium D 805を利用した場合、2万5,000円を切ることも可能だ。アップグレード目的の場合も従来のパーツをそのまま使うことができ、2万5,000円でデュアルコアCPU環境を手に入れられることになる。

 とはいえ、そんな古いチップセットとインターフェースで、最新のデュアルコアCPUの性能を活かすことができるのか、疑問に思う方もいることだろう。そこで今回の特集では、i865チップセット、AGPビデオカード、DDR SDRAMメモリ、さらにはIDE HDDといった、しだいに時代遅れとなりつつあるパーツを利用して、最新のデュアルコアCPUシステムと大きな差があるのかどうかを見ていこう。また、それらパーツの現状に加え、お勧めの製品も紹介する。
image来年早々登場予定の「Windows Vista」。OSの世代交代を控えたこの時期、丸丸1台新規にPCを組むより、アップグレードで様子を見たいところ
激安デュアルコアマシンアップグレードのポイント
CPUはLGA775のPentium D 805で決まり!
AGPスロット、DDRメモリ搭載マザーボードをチョイス
今のマシンからAGPビデオカード、DDRメモリを流用
激安デュアルコアと言えばこれ!
Intel
Pentium D 805
実売価格 16,500円前後
問い合わせ先
TEL:0120-868686
URL:http://www.intel.co.jp/
image Intel製デュアルコアCPUとして第2世代となるPentium D 9xx(開発コードネーム:Presler)登場後、第1世代のコア(開発コードネーム:Smithfield)による廉価版として発売されたのがPentium D 805だ。システムバスクロックが533MHzに制限されているものの(ほかのモデルは800MHz)、2次キャッシュ容量はPentium D 8xx同様、1MB×2を備えており、動画エンコード時などの性能はシングルコアCPUのハイエンドクラスをしのぐものだ。

 動作周波数も2.66GHzと十分なので、安価にPCをアップグレードするには最適だ。さらに、オーバークロック耐性の高さもかなりのもの。
image
[ベンチマーク環境]
マザーボード:Intel D975XBX(i975X)
メモリ:ノーブランド(PC2-5300 DDR2 SDRAM/CL=5/ 512MB)×2
HDD:日立GST Deskstar T7K250(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB)
ビデオカード:NVIDIA リファレンスGeForce 7800 GTX
OS:Windows XP Professional SP2
 
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス