その他の特集
最新microATXはここまですごい!!
ATXとmicroATXの違いを検証する
microATXマシン自作の注意点
microATXマザーボードを選ぶ 1/3
microATXマザーボードを選ぶ 2/3
microATXマザーボードを選ぶ 3/3
microATXケースを選ぶ 1/3
microATXケースを選ぶ 2/3
microATXケースを選ぶ 3/3
microATXに最適なCPUを選ぶ
microATX PCに最適なビデオカードを選ぶ
microATXに最適なCPUクーラーを選ぶ
microATXに最適な電源を選ぶ
カスタマイズ&チューンナップ
microATXで組むオリジナルPC
拡大する小型プラットフォーム市場
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
全マシンmicroATX化計画!
TEXT:保坂陽一
今、コンパクトが熱い!!
拡大する小型プラットフォーム市場
microATXより小さなマシンが欲しいなら
 microATXでは安価にコンパクトなPCが作れると言っても、マザーボードのサイズには限界がある。ブック型のケースや、SFF規格に対応した“Mt.Jade”ケースがmicroATXケースとしてギリギリのものと思われるが、それより小さなPCが作りたいとなると、Mini-ITXフォームファクターや独自フォームファクターの超小型製品を選択することとなる。

 Mini-ITX対応製品は組み込み用途向けが多く、マザーボードが高価なため、一部のマニアを除いて、自作市場での人気は今一つパッとしないものであったが、最近ではIntelの参入などによって、にわかに活気付いている。CPU付きで1万円台前半のIntel製Mini-ITXマザーボード、「D201GLYL」が話題になったのは記憶に新しい。加えて、最近では2台目用の小型PC需要や、CPUやチップセットの高性能化で、超小型市場は一気に活気付いている。もはや定番となったキューブタイプのベアボーンPCなども、最新チップセットを搭載したモデルが、安価に手に入る時代だ。とにかくコンパクトなPCが欲しいという人にとっては、それらはmicroATXよりも大きな魅力を持つ存在だろう。

 ただ、やはり汎用性の高いmicroATXマザーボードは、コスト面で非常に有利だ。Mini-ITXは一部の製品を除いてマザーボードが非常に高価で、比較的高価なモバイル向けCPUとSO-DIMMメモリを使用するものが多いので、この辺りがネックとなる。ただ、キューブタイプPCに代表される小型ベアボーンはSiSやVIA製チップセットの採用や、旧型チップセットの搭載により、以前と比べてかなり安価なものが販売されている。しかし、それでもやはりマシン全体のコストはmicroATXマシンよりも高価になってしまう。普及が進むにしても、なかなかこれを超えることはできないだろう。

 そういう点ではAMDが提唱しているDTXマザーボードの普及に期待がかかるが、対応製品の数が増えてくるのはまだまだこれからだろう。DTXはATXと互換性があり、microATXマザーボードから拡張スロットを二つ削ったサイズとされているので、microATXケースでも使用できる。しかし、小型フォームファクターをわざわざ使用するからには、それに合った魅力的な小型のケース(microATXよりもコンパクトで、Mini-ITXより拡張性のある)がなくては、存在価値はあまり生まれてこないだろう。やはりケースも含めて、安価なものが入手できるようにならなくては、新フォームファクターとしての成功はないと思われる。小型フォームファクターの今後の展開を楽しみに見守りたいところである。
圧倒的にコンパクトなMini-ITX
imagemicroATXケースの中でもかなり小さなMt.Jadeに沿ったケース「In Win IW-BK623/300(R)」と比較してもMini-ITXは二回りほどコンパクトだ
高機能・低価格化の進むMini-ITXフォームファクター
Albatron
KI690-AM2
実売価格:29,000円前後
問い合わせ先:03-5215-5650(アスク)
URL:http://www.albatron.jp/
imageAMD 690Gを採用したSocket AM2対応マザーボード。強力なオンボードグラフィックス機能に加えて、Dsub 15ピン、DVI-D、HDMI、コンポーネント、S-VIDEO OUTと豊富な映像出力端子が魅力的
Intel
D201GLYL
実売価格:12,500円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/
image組み込み用のCeleron 215をオンボード搭載したマザーボード。Intel製ながらチップセットにSiS671FXを採用するというめずらしい製品だ。性能はそこそこだが、低価格なところがうれしい
ディラック
Noah 800AL
実売価格:18,000円前後
問い合わせ先:03-5298-3880
URL:http://www.dirac.co.jp/
imageスリムタイプの光学ドライブと3.5インチHDDを各1基搭載可能なMini-ITX対応PCケースのマイナーチェンジモデル。表面にアルマイト加工のパネルを採用した。80WのACアダプタ電源が付属する
ついに登場!? DTXフォームファクター
SilverStone
ML02B-MXR
実売価格:35,000円前後
問い合わせ先:03-5298-3880(ディラック)
URL:http://www.silverstonetek.com/
image横置きで非常に薄いこのケースは、microATXケースながら、DTXフォームファクターへの対応もうたう製品。まだDTXマザーボードは市場に登場していないが、こんなスタイリッシュなデザインの製品が増えるのなら期待大だ。
imagemicroATX、DTX、Mini-ITXの3種類のプラットフォームに対応したHTPCケース。PCI Express x16スロットなどはライザーカードで使用可能。省電力CPUを組み合わせて使いたい
忘れちゃ困る?小型ベアボーンPC
 小型マシンと言えば、もはやmicroATXより先に挙げられるようになったキューブタイプのベアボーンPC。これ以外にもさまざまな形状の小型PCはあるが、PCの一つの定番として受け入れられているのはキューブタイプだけだろう。Intel G33などの最新チップセット搭載モデルもすでに入手可能で、PCI Express x16スロットとPCIスロットも使用可能。何より洗練された構造で、ケーブルの取り回しも良好。素直に組むだけで、一定の静音性も確保できる。

 このほかには、弁当箱サイズのMiniPCも定番化したものの一つと言えるが、どちらも基本的にマザーボードの交換などは考えられていない。特価品を探すというのは一つの手だが、汎用性とコストではmicroATXに分があるだろう。ただ、これらのデザインとサイズはmicroATXにはマネのできないものなのは確かだ。
Shuttle
XPC Prima SP35P2 PRO
価格:未定
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://jp.shuttle.com/
imageIntel P35チップセットを搭載した同社のフラグシップモデル。固体電解コンデンサを採用した高品質マザーボードを採用し、指紋認証機能やTurbo Memoryスロットなどを備える。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI×1
AOpen
MP-965D
実売価格:37,000円前後
問い合わせ先:048-288-0988(エーオープンジャパン)
URL:http://aopen.jp/
imageキューブタイプやMini-ITXを超える超小型サイズベアボーン。Core 2 Duo Tシリーズに対応し、メモリにはSO-DIMMを採用する。光学ドライブはスリムタイプ、HDDは2.5インチと拡張性は低いが、省電力性に優れる点は魅力だ
Back
Page Top
 

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年4月号

発売日:2月28日
定価:1,380円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス