その他の特集
イマドキのPCパーツはとんでもなくお買い得!!
激安CPU編
激安マザーボード編 1/2
激安マザーボード編 2/2
激安ビデオカード編 1/2
激安ビデオカード編 2/2
激安HDD・SSD編
激安PCケース編
そのほかの激安パーツ編 1/2
そのほかの激安パーツ編 2/2
パワレポ執筆陣が作る激安PC
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
激安パーツの逆襲
TEXT:橋本新義
激安・爆安はもはや当たり前!?
イマドキのPCパーツはとんでもなくお買い得!!
imageここ数年、PCパーツのコストパフォーマンスは上昇し続けているが、今はとくにお買い得になっているタイミングなのだ。それは、どういった要因によるものなのだろうか?
安くてオイシイPCパーツが目白押し!
 ここ数年のPCパーツの価格低下は、従来は考えられなかったほど激しいレベルとなっている。4、5年前くらいは激安PCパーツと言ってもそのパフォーマンスはあくまで安いなりで、とりたててスゴいというレベルではなかった。と言うのも、似たクラスのパーツを搭載したメーカー製PCの特価品を狙ったほうが安価なため、結果として本当に安価なPCは自作するより買ったほうが有利ということが多かったからだ。

 しかしここ1、2年で自作用PCパーツのコストパフォーマンスが著しく向上。その結果「同じ価格でも自作ならもっと高い性能が出せる」という、もともと自作PCが持っていたメリットが復権しつつあるのだ。

 しかし、自作PCパーツの価格低下や、これに伴うコストパフォーマンスの向上自体は、今に限ったことではなく、技術革新の早いPC業界では絶えず続いているものだ。ではなぜ今回に限って、大きく向上しているのだろうか?

 その大きな要因は、低価格製品の性能向上(性能の「底上げ」と表現してもよいだろう)と、ミドルレンジ~ハイエンド製品の大きな価格低下という二つの波のタイミングが合ったことだ。この二つの波は常に動いてはいるものの、大きな波が同時に来ることは非常にめずらしい。

 さらに、世界的な不況によるメーカー製PCの減産(=PCパーツの供給量が過剰になる)も価格下落に寄与している。また、日本国内に限って言えば最近の円高傾向も大きく影響していると言えるだろう。最新激安PCパーツの性能向上は、こうした複数の要因が同時に発生した結果なのである。

 こうした二つの要因によりお買い得度が増しているPCパーツだが、とくに性能の向上に関しては特筆すべきものがある。

 なかでも目覚ましい性能向上を遂げているのは、マザーボードだ。代表的な製品は搭載製品が1万円を切りながら、低価格ビデオカード並みのグラフィックス性能を持つAMD 780Gチップセットを搭載したものだろう。
imageマザーの高機能化が激安市場を後押し
AMD 780Gや790GXといった高機能チップセットにより、激安マザーボードでも3Dグラフィックス性能や映像/音声出力が充実。安価に高性能なPCを自作しやすくなった
imageクアッドコアCPUが1万2,000円!
もっとも低価格な5,000円クラスのCPUでもデュアルコアは当たり前に。クアッドコアCPUも1万円少々で購入が可能になり、グッと身近になった。リテールクーラーの静音性向上もなにげにうれしい点だ
imageメモリが4GBで4,000円!
メモリは需要と供給のバランスに連動して市場価格が大きく上下する流動性の高いパーツだが、ちょうど現在は安価な時期。4GB搭載も当たり前になりつつある。高嶺の花だったDDR3 SDRAMもずいぶんお求めやすい価格に
imageHDDは1TBで7,000円、SSDも安価に
HDDの価格の下限自体はほとんど動かないが、容量による価格差が急速に減少。結果、容量1TB付近の製品がコストパフォーマンス最良となっている。また、SSDも容量単価が急激に下落中だ
 またCPUも、性能向上が目立つジャンルだ。低価格製品のデュアルコア化で先行したAMDに続き、IntelもCeleron Dual-Coreの投入により、実質的にデスクトップPC向け製品のすべてがマルチコア化している。

 さらに上位クラスの価格低下も顕著で、最近までは高価だった印象の強いクアッドコアCPUも、ここ数カ月で急速に身近になっている。実売1万2,000円台からと手頃なPhenom X4シリーズを擁するAMDに続き、Intelも1月の価格改定でCore 2 Quad Q8200が1万7,000円台にまで値下がり、ずいぶん気軽に買えるようになった。

 また、メモリやHDDでは、強烈な価格下落と容量増加により、小容量モデルと大容量モデル間の価格差が大きく縮まっている。HDDはとくに極端で、容量単価の優秀さから、売れ筋製品が1TB品にシフトしている状態だ。

 こうしたPCパーツのコストパフォーマンス向上により、最新の低価格PCパーツは、一昔前のミドルレンジクラスと変わらないほどの実力を備えるにいたっている(上のコラムを参照)。その意味で現在は、PCパーツの大きな「買い得期」であるとも言えるのだ。このチャンスを見逃す手はない。今回はそんなおいしいパーツたちを、下は5,000円以下から上は今話題の定額給付金でちょうど購入可能な1万2,000円クラスまで厳選し、本誌ライター陣が徹底レビューを行なった。逆風の吹く世相の中、少しでも読者諸兄の自作PCライフの手助けになれば幸いだ。
imageついに液晶ディスプレイも1万円に!
3月中旬にHPから発表された「HP 1859m」は直販価格で1万500円を実現した価格破壊モデルだ。18.5型で1,366×768ドットという仕様も十分なもの
image価格の低下だけでなく品質の向上も
単純に製品価格が下がるだけでなく、製品品質の向上もポイント。とくに分かりやすいのがマザーや電源のコンデンサだろう。1万円以下でオール固体コン採用のマザーもめずらしくなくなっている
新世代3万円PCの性能を検証
  Athlon X2 4850e搭載3万円PC
image
 本文で紹介したように、最新のPCパーツは性能の底上げが激しく、激安のパーツでも十分な性能を備えるようになっている。では、実際の実力はどのようなものだろうか? そこで今回は、3万円前後に収まるように選んだ激安PCパーツを組み合わせ、その性能をベンチマークソフトで測定してみた。

 結論から言えば、何と2年前のミドルレンジPC(Core 2 Duo E6600+Intel G965チップセット搭載機)と同クラスの性能を発揮している。とくに3Dグラフィックスの速度では、大きく上回っており、Windows Vistaや7のAero表示でも快適に使えるレベルと言える。一昔前の3万円マシンは性能に難があることが多かったが、最新の激安PCは十分過ぎるほどの実力を持っていると言える。
image
image
【パーツ構成】
CPU:Intel Core 2 Duo E6600(2.4GHz)
べアボーン:ASUSTeK T3-P5G965(Intel G965+ICH8)
メモリ:ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB×2
HDD:Seagate Barracuda 7200.7 ST3160023AS(7,200rpm、160GB)
OS:Windows Vista Ultimate SP1
新世代3万円PCの構成
CPU AMD Athlon X2 4850e(2.5GHz) 実売価格:6,000円前後
マザーボード ASUSTeK M3A78-EM(AMD 780G+SB700) 実売価格:8,000円前後
メモリ ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB×2 実売価格:2,000円前後
HDD Western Digital WD Caviar Blue WD3200AAKS(7,200rpm、320GB) 実売価格:4,500円前後
記録型DVDドライブ ソニーオプティアーク AD-7200S 実売価格:3,000円前後
PCケース AOpen PC-511 WT400(400W電源搭載) 実売価格:6,500円前後
合計 30,000円前後
 
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス