その他の特集
イマドキのPCパーツはとんでもなくお買い得!!
激安CPU編
激安マザーボード編 1/2
激安マザーボード編 2/2
激安ビデオカード編 1/2
激安ビデオカード編 2/2
激安HDD・SSD編
激安PCケース編
そのほかの激安パーツ編 1/2
そのほかの激安パーツ編 2/2
パワレポ執筆陣が作る激安PC
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
激安パーツの逆襲
サブタイトル
ライター橋本新義が作る
image
お買い得品を探すために日々アキバをチェックする「激安自作の殿堂」担当ライター
高い基本性能を実現
4万円台でできるクアッドコアバランスPC
image
microATXケースでクアッドコアCPUでも使えそうな電源が付属するものが見当たらなかったので、ATXケースのCASE by CASE2を使用。そのため内部には余裕があり、組み立て作業は楽だ
クアッドコアで余裕のスペック 5万円で気分は大富豪!?
 今回のテーマは、ずばり「5万円で作る、イマドキのバランス型PC」。激安パーツで低価格なPCを作るのは当たり前だが、ちょっと高価なパーツと組み合わせたらどうだろうか?というコンセプトである。

 さて、今回はあえてCPUパワーをとくに重視、つまりクアッドコアCPU搭載の構成とした。クアッドコアと言うと、ビデオ編集やエンコードのイメージがあるが、今回は同時にメインメモリを4GBとすることで、多数のアプリを同時に使っても応答性のよいPCを目指している。四つのコアを効率よく使うわけだ。

 低コストマシンであれば、本体の価格だけでなく運用コストも抑えたい。そのため消費電力は低いほうがよい。そこで45nmプロセスルール製造のCore 2 Quad Q8200(2.13GHz)を中心に、GIGABYTEのG31搭載マザーをはじめ激安パーツの定番的製品を結集。さらにHDDには、速度と省電力性のバランスに優れたBarracuda 7200.12の500GB版(1プラッタタイプ)を選択。こうして組んだPCは、左のようにかなりの性能。これで価格は5万円を大きく下回る。激安で「CPUパワー富豪」気分が味わえるこの組み合わせには、ハマると独特の魅力がある。

 もう少しお金を使ってビデオカードを追加すればさらに性能が伸びること請け合い。総額5万円は超えてしまうが、CPUとのバランスを考えると、5,000円前後のローエンドビデオカードではなく、1万円強を追加してこちらに掲載したビデオカードを搭載してみてはいかがだろうか?
image(1)CPUはIntel製クアッドコア最安値のCore 2 Quad Q8200を搭載。当然ながらこの価格としては十分なCPUパワーを備えている
image(2)電源はケース付属ながら、500Wの出力で品質もなかなかのもの。リアファンもケース付属品をそのまま使った
image(3)microATXマザーを装着したため、フロントUSB端子などの配線の長さがギリギリに。組み立て時はこの辺りに注意しよう
image(4)シャドーベイの数には余裕があるが、HDDはフロントファン(これもケース付属)の風が当たる位置に装着すること
image
MemoriesとGamingを除けば、こちらに掲載の旧世代ミドルレンジPCに大差のスコアをマーク!
パーツ構成
CPU Intel Core 2 Quad Q8200(2.13GHz) 17,000円前後
マザーボード GIGABYTE GA-G31M-ES2L(Intel G31+ICH7) 7,000円前後
ビデオカード なし
HDD Seagate Barracuda 7200.12 ST3500418AS(7,200rpm、500GB) 5,000円前後
ケース サイズ CASE by CASE2 9,000円前後
光学ドライブ ソニーオプティアーク AD-7200S 3,000円前後
メモリ ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2 4,500円前後
CPUクーラー CPU付属リテールクーラー
電源 ケース付属(500W)
合計 45,500円前後
ライター目黒廣道が作る
image
PCを使ったAV環境には、Commodore Amigaの頃からハマっているフリーライター
Mini-ITX環境でBD-Video再生を実現
5万円小型AVPC
image
コストパフォーマンスを重視しつつ、UJ-120を活用できるだけの基本性能は確保した
UJ-120を活かしたAVマシンを組む
 ある日ふと立ち寄ったPCショップで目にしたパナソニックのUJ-120。スリムタイプでBD読み出しに対応した記録型DVD-Rドライブだが、その価格を見て釘付けになった。

 「表示価格に1万のケタを入れ忘れてませんか?」と思わず目を疑った。実際、棚の横に並んだほかのBDドライブの価格表示は、どれも1万円以上。しかし、何度目を凝らしても、UJ-120の価格は変わらない。次の瞬間にはUJ-120を手にレジへ並んでいた。

 UJ-120を入手したからには、BD-Videoの再生環境を整えたいと思うのが当然の成り行き。約5万円の予算で、BD-Video再生がメインの小型PCを組んでみることにした。

 今回使用したパーツは下のとおりだが、基本的にはUJ-120を活かすのに必要となる機能を搭載しつつ、コストパフォーマンスに優れたパーツで固めている。

 悩んだのはケースとHDD。ケースはAVラックにマッチする横置きに対応することやサイズ、価格といった要素を考慮した結果、これにたどり着いた。低価格ながら、思いのほか作りがよくシンプルなデザインも◎。また、静音性を重視してHDDは搭載せず、SSDを選択。予算の都合上、容量は32GBとなったが、BD-Video再生には十分だろう。

 誤算だったのがUJ-120のインターフェース。IDE接続なのだが、何とマザーボードに端子が用意されていなかった。これは大失敗。スリムドライブ用のIDE-Serial ATA変換アダプタを購入することで対応できたが、予定していた5万円から少し足が出てしまった。

 組み上がったマシンはHDMI端子も標準搭載しており、大画面の液晶テレビにも接続可能。非力なCPUなのでBD再生時のCPU負荷は60%前後となるが、G45チップセットの動画再生支援のおかげか、再生時のコマ落ちなどはなく十分満足がいくもの。消費電力もアイドル時42W、高負荷時72Wで、150W電源でもかなり余裕がある。電源ファンが少々うるさいが、離れていればとくに気にならない。ただ、こうなるとリモコンが欲しくなってくる。次はマウス操作も可能なワイヤレスリモコンを買ってくるか。
image(1)リテールCPUクーラーの高さがギリギリで、ドライブベイと干渉してしまうが、実害はないのでそのまま使用する
image(2)Mini-ITXケースだけに内部空間はあまり余裕がない。ケーブル類の取り回しは結構キビシイ
image(3)HDMI出力を搭載しているので、液晶テレビにも出力できる。大画面で楽しみたいなら、断然テレビのほうが有利だ
image(4)マザーボードにIDEポートがなかったため、IDEーSerial ATA変換アダプタを投入。当初の予算をオーバーしてしまった
パーツ構成
CPU Intel Pentium Dual-Core E5200(2.5GHz) 7,000円前後
マザーボード DG45FC(Intel G45+ICH10R) 14,000円前後
ビデオカード なし
SSD CFD販売 CSSD-SM32NJ(32GB) 7,500円前後
ケース センチュリー CF-A6719DG150 8,000円前後
光学ドライブ パナソニック UJ-120 7,000円前後
メモリ ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2 4,000円前後
CPUクーラー CPU付属リテールクーラー
電源 ケース付属(150W)
そのほか ディラック DIR-SSOA01(スリムドライブ用)IDEーSerial ATA変換アダプタ) 3,000円前後
合計 50,500円前後
【検証環境】
再生タイトル:「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」BD再生時のCPU使用率はほぼ60%前後で推移している。MPEG4 AVCのデータのbitレートが40Mbpsを超えるような場面で、瞬間的に90%程度になることもあるが、コマ落ちはまったく起きなかった
Back
Page Top
 

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス