その他の特集
古くなったCRTから最新の液晶へ!ディスプレイ乗り換えのススメ
実売5万円以下で高速応答、DVI搭載の17、19型液晶を買う! 1/5
実売5万円以下で高速応答、DVI搭載の17、19型液晶を買う! 2/5
実売5万円以下で高速応答、DVI搭載の17、19型液晶を買う! 3/5
実売5万円以下で高速応答、DVI搭載の17、19型液晶を買う! 4/5
実売5万円以下で高速応答、DVI搭載の17、19型液晶を買う! 5/5
高速度カメラは見た! 液晶パネルの応答速度を検証 1/2
高速度カメラは見た! 液晶パネルの応答速度を検証 2/2
ヒストグラムで見る液晶ディスプレイの静止画画質 1/2
ヒストグラムで見る液晶ディスプレイの静止画画質 2/2
これがお勧めの17、19型液晶ディスプレイだ!
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
17、19型液晶ディスプレイに乗り換える!
実売5万円以下で高速応答、DVI搭載の17、19型液晶を買う!
TEXT:宇野貴教、目黒廣道、藤本 健
19型で奥行き164mmを実現したコンパクト設計【19型】
日本エイサー
AL1951
応答速度 8ms 最大輝度 300cd/m2 コントラスト比 700:1
実売価格:42,000円前後
URL:http://www.acer.co.jp/
問い合わせ先:03-5771-5250
同社の17型液晶「AL1751」の上位機種に当たる19型モデル。実売4万2,000円前後で応答速度8ms、コントラスト比700:1のスペックは同クラスでも高い部類で、買い得感のある価格設定と言えるだろう。19型ながら同社の17型と同じ奥行き164mmを実現しており、省スペース性も高い。ただ、やはりスタンド部に直接DVI-DやDsub 15ピンのインターフェースを接続するので、本体の背後にケーブルをさばくためのスペースを作らなければならないのがもったいない。
image
SPECIFICATION
最大表示解像度:1,280×1,024ドット
最大表示色数:1,670万色
視野角:上下135゚/左右150゚
チルト:非公開
インターフェース:DVI-D、Dsub 15ピン、LINE IN
本体サイズ(W×D×H):417×164×427mm
重量:5.4kg
image インターフェースが本体背面ではなくスタンド側に用意されている。そのため、設置スペースはコネクタを加味する必要がある
image AL1751と同じくスタンド部に配置されたボタン。上から見下ろす格好になるので、ボタンに書かれた文字も認識できる
On Screen Display
image大きなアイコンと読みやすいフォントでOSDの操作性は十分。それだけに、画質調整項目が少なめなのが残念だ
主な調整項目
色温度調整:暖色、寒色、ユーザー(RGB各色100段階)
本体上からボタンを排除した大胆な仕様の17型【17型】
日本サムスン
SyncMaster 760BF-R
応答速度 8ms 最大輝度 300cd/m2 コントラスト比 700:1
実売価格:49,000円前後
URL:http://www.samsung.com/jp/
問い合わせ先:0120-327-527
同社独自のRTA(Response Time Accelerator)チップを搭載することでオーバードライブ回路を実装し、中間階調の応答速度で4msを達成した。OSDメニュー用のボタンを一切排除し、付属ソフトの「MagicTune」によって画質を調整するという大胆な仕様になっており、調整項目は豊富に用意されている。画面の向きを90゚回転させるピボット機能や、デュアルヒンジ機構による95mmの高さ調整、350゚のスイベルなど、ハードウェアのユニークさが目立つ。
image
SPECIFICATION
最大表示解像度:1,280×1,024ドット
最大表示色数:約1,619万色
視野角:上下160゚/左右160゚
チルト:上45゚/下0゚
インターフェース:DVI-I
本体サイズ(W×D×H):380.6×258.8×392mm
重量:5.05kg
image 17製品中唯一、DVI-Iを1系統のみ搭載。デジタルとアナログのどちらかを一方しか接続できないようになっている
image 液晶パネル部分を90゚回転させて縦長の表示に切り換えるピボット機構を搭載している。切り換えは自動検出
On Screen Display
imageWindows上で動作する付属ソフトがOSDの機能を兼ねている。なお、ピボットは常駐ツールが画面の回転を検出すると実行される
主な調整項目
画質モード:テキスト、インターネット、ゲーム、スポーツ、映画
色温度調整:赤色系、ノーマル、青色系、ユーザー(RGB各色100段階)
ガンマ補正:3段階
2層コートで傷付きにくいパネルを採用【17型】
プリンストンテクノロジー
PTFWK-17G
応答速度 12ms 最大輝度 250cd/m2 コントラスト比 550:1
実売価格:40,000円前後
URL:http://www.princeton.co.jp/
問い合わせ先:0120-262-686
独自のA.R.C.(Anti Reflection Coating)パネルを採用し、ハ-ドコート層と低反射コート層の2層でキズが付きにくい。いわゆるグレアパネルではないが、つやのある表面処理が施されている。その反面、特殊コーティングのため光源が紫色に映り込んでしまう。また、最近の液晶ディスプレイとしてはベゼルの幅が太めで、その分本体サイズも17型としては大きめになっている。OSDメニューによる画質調整項目がほとんどないのが気になるところだ。
image
SPECIFICATION
最大表示解像度:1,280×1,024ドット
最大表示色数:1,619万色
視野角:上下140゚/左右140゚
チルト:上15゚/下5゚
インターフェース:DVI-D、Dsub 15ピン、LINE IN
本体サイズ(W×D×H):404×234×401mm
重量:6.3kg
image 下側から電源、アナログケーブル、デジタルケーブル、サウンド入力を挿し込む形になっているため、背面はすっきりする
image 左側の四つのボタンでOSDを操作するのだが、。どのボタンがメニューのどの機能に対応しているのかが非常に分かりづらい
On Screen Display
imageメニューの項目選択と移動が直感的に分かりにくいのが残念だ。DVI-DとDsub 15ピンの入力切り換えはOSD上で行なう
主な調整項目
輝度、コントラストなど
17型クラスの実売価格が魅力の19型液晶【19型】
プリンストンテクノロジー
PTFBK-19
応答速度 8ms 最大輝度 300cd/m2 コントラスト比 700:1
実売価格:37,000円前後
URL:http://www.princeton.co.jp/
問い合わせ先:0120-262-686
19型の液晶ディスプレイとしては格安で、同社の17型PTFWK-17Gを実売価格で下回る。応答速度は8msと高速で、かつ700:1のハイコントラストなので、スペック的には今回取り上げている17製品中でも高い部類に入る。PTFWK-17Gと違って狭額ベゼルで、肉抜きしたスタンド部などひねりの利いたデザインに仕上がっている。OSDメニューの操作に使うフロントのボタンは青色LEDで常時発光しており、暗い環境ではその明るさが気になってしまう。
image
SPECIFICATION
最大表示解像度:1,280×1,024ドット
最大表示色数:1,619万色
視野角:上下140゚/左右140゚
チルト:上5゚/下3゚
インターフェース:DVI-D、Dsub 15ピン
本体サイズ(W×D×H):420×196×448mm
重量:約6.2kg
image ケーブルは本体下側から挿し込むので背面はスッキリする。肉抜きされたスタンドはチルト機能を持つが、範囲が非常に狭い
image 前面に青く光るボタンが並ぶ。LEDの光量を調節する機能がないので、常用時に目に付いてしまう
On Screen Display
imageボタンの形状こそ異なるが、操作性はPTFWK-17Gとまったく同じ。四つのボタンに割り当てられた機能が分かりにくいのが難点だ
主な調整項目
輝度、コントラストなど
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年夏号

発売日:6月30日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス