その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

Windows 7 実用的テコ入れ術

ドライブ暗号化で盗難・処分に対応

TEXT:芝田隆広
#00ADA9
#FFF

堅牢化チューン

ドライブ暗号化で盗難・処分に対応

ドライブを暗号化して
安全性を高める

 PCからの情報漏洩はすでに社会的な問題となった。ウイルスやスパイウェアなどによる流出だけではなく、PCを丸ごと、あるいはHDDだけ盗むといったケースもある。より厳密にセキュリティを求める場合は、最悪の場合に備えて、ドライブ内のデータを暗号化しておくとよい。暗号化しておけば、HDDを盗まれたとしても、復号キーがなければデータの中身を見ることはできない。
 Windows 7/Vistaには、OS標準でドライブ暗号化機能「BitLocker」が用意されている。といっても利用できるエディションは、UltimateとEnterpriseのみ。より幅広い環境で使いたい場合は、フリーソフトの「TrueCrypt」がオススメだ。BitLockerはドライブ丸ごとの暗号化しか行なえないが、TrueCryptであれば特定のファイル・フォルダだけ暗号化するといったきめ細かな運用が可能だ。もちろんWindowsのシステムドライブの暗号化にも対応している。なお、どちらもAES-NIに対応している。

画像

Windows標準の
ドライブ暗号化機能

BitLocker

Windows標準機能(Ultimate/Enterprise)

画像
画像

機能が豊富で
柔軟な運用が可能

TrueCrypt

URL:http://www.truecrypt.org/

画像
#F0831F
#1F1F1F

TPMなしでBitLockerを使う

画像

グループポリシーエディタの設定を変更

「プログラムとファイルの検索」で「gpedit.msc」を入力。「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「BitLockerドライブ暗号化」→「オペレーティングシステムのドライブ」で「スタートアップ時に追加の認証を要求する」をダブルクリック。「有効」にチェックを入れて「互換性のあるTPMが装備されていない〜」にチェックを入れて「OK」を押せばよい。

#445056
#FFF

USBメモリを暗号化する

画像

BitLocker(BitLocker To Go)やTrueCryptを使うと、USBメモリ内のデータも暗号化できる。重要なデータの入ったUSBメモリは、盗難や置き忘れに備えて暗号化しておくと安心だ

#445056
#FFF

HDDを処分するときは暗号化しておくと安心

画像

古いHDDを捨てるときは、データを復元できないようにHDD自体を破壊するのがベストだが、リサイクルできなくなってしまう。処分前のHDDを暗号化しておけば、売却・譲渡してもデータが漏洩する恐れがないので安心できる

画像

ドライブを暗号化すると、データの読み書き時に暗号化・復号化処理が必要となるため、速度は低下する傾向にある。Bit Lockerはライト性能にはほぼ影響がないが、リードでそれなりの低下が見られる。TrueCryptはシーケンシャル性能がやや低下し、ランダムリードで大きな性能低下が見られた

【検証環境】 CPU:Intel Core i5-650(3.2GHz、AES-NI対応)、Intel Core i3-530(2.93GHz、AES-NI 非対応)、マザーボード:ASUSTeK P7H55-M/USB3(Intel H55)、メモリ:Kingston Technology KHX1600C9D3LK2/4GX(PC3-12800 DDR3 SDRAM 2GB×2)、システムSSD:Samsung 470 MZ-5 PA064(Serial ATA 2.5、MLC、64GB)、計測用SSD:Philips & Lite-On Digital Solusions PLEXTOR SSD M2S PX-128M2S(Serial ATA 2.5、MLC、128GB)、OS:Windows 7 Ultimate SP1 64bit版、※Core i5-650はTurbo BoostをOFFに設定

TrueCryptでドライブを暗号化する

インストーラと言語パックを入手する

画像

TrueCryptのサイトの「Downloads」で最新版(LatestStable Version)をダウンロードする。また「Source code, language packs, past versions, public key」→「Language Packs」とリンクをたどり、日本語版の言語パックをダウンロードしておく

メニューに従ってインストール

画像

インストーラを実行したらメニューに従ってインストールを進めていく。標準から変更すべき点はとくにない

言語パックをコピーする

画像

言語パックのファイルを展開し、出てきたファイルをTrueCryptのインストールフォルダにコピーする。標準では「C: ¥Program Files ¥TrueCrypt」にインストールされているはずだ

システムドライブを暗号化する

画像

TrueCryptを起動する。Windowsのシステムドライブを暗号化するときは「システム」→「システムパーティション/ドライブの暗号化」を選択する

暗号化の作業を行なう

画像

「TrueTypeボリューム作成ウィザード」が開く。「システム暗号化タイプ」は「通常」でよいだろう。シングルブートかマルチブートかなどを尋ねられるので、自分の環境に合わせて設定していく

パスワードを設定する

画像

暗号化の設定作業中にパスワードを求められる。システムドライブを起動すると、PCの起動時にこのパスワードを入力するよう求められるので、忘れないようにしよう

暗号化の予備検査

画像

メニューに従い設定を進めていき、レスキューディスクの作成などが終わると、暗号化が正常に行なえるかの予備検査が行なわれる。「テスト」をクリックするとPCが再起動され、正常であれば暗号化の作業が始まる

ドライブが暗号化される

画像

検査が正常に終了したら、暗号化が開始される。暗号化には結構時間がかかるので、終了するまでのんびり待とう

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス