その他の特集
まもなく発売!
Windows Vista
Q2.Windows Vistaはどうやって買う?
Windows Vistaのエディション別機能一覧
Q3.VistaはXPよりパフォーマンスが高い? 1/2
Q3.VistaはXPよりパフォーマンスが高い? 2/2
Q4.Windows Vistaを快適に使うには? 1/2
Q4.Windows Vistaを快適に使うには? 2/2
Q5.Windows Vistaのドライバ提供は順調?
Q7.Vistaのライセンス形態は従来のWindowsより厳しい?
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
Windows Vista 発売直前レポート
TEXT:清水理史
Question VistaはXPよりパフォーマンスが高い?
新しいOSほど高性能なPCが必要? そんな常識を覆す可能性があるWindows Vista。同一スペックのPCで比較した場合、Windows XPよりも高いパフォーマンスを期待できそうだ。
スーパーフェッチ
よく使うアプリケーションを効率的にメモリにキャッシュ
 PCを使っていて「軽くて快適!」と感じる瞬間はどんなときだろうか? 数値によってパフォーマンスが計れるベンチマークテストを除くと、普段感じるのはアプリケーションの起動時だろう。使いたいアプリケーションのアイコンをダブルクリックしても、なかなか起動してこないとイライラするが、サクッと起動してくると実に快適に感じられる。

 こうした体感的なパフォーマンスを大幅に改善することができるのが、Windows Vistaから新たに搭載された「スーパーフェッチ」と呼ばれるメモリ管理機能だ。バックグラウンドの処理よりも、よく使うアプリケーションのデータを優先的にメモリに読み込むことで、アプリケーションを素早く起動することができる。これにより、よく使うアプリケーションほど快適になるわけだ。

 こうした、いわゆるメモリへのキャッシングはWindows XPでも行なわれており、直近で使用したアプリケーションのデータがキャッシュされる仕組になっている。ただ、次々とアプリケーションを使い分けているとキャッシュ容量がなくなり、キャッシュが新しいデータに置き換わってしまう。スーパーフェッチは使用頻度によってキャッシュを保持する仕組になっているのだ。

 同様の技術は、USBメモリを使ってパフォーマンスを向上させる「Windows ReadyBoost」にも応用されている。
image
スーパーフェッチでは、ユーザーがよく使うアプリケーションのデータほどメモリに優先的に読み込まれる。これにより、アプリケーションの起動や動作が従来より快適になる
Windows ReadyBoost
image
Windows ReadyBoostではUSBメモリやSDメモリーカードをスーパーフェッチのキャッシュ領域として利用。アプリの起動や切り換えが高速化する
Internet Explorer 7
imageInternet Explorerなど、毎日使うアプリケーションほどメモリ処理が優先され、快適に利用できる
Office 2007
imageOffice 2007など高機能なアプリケーションも、スーパーフェッチのおかげで素早く起動させることが可能
ロープライオリティI/O
バックグラウンドI/Oの優先度を低く設定
 Windows Vistaのパフォーマンス向上に寄与しているもう一つの新技術が「ロープライオリティI/O」だ。

 これは文字どおり、ディスクの読み書きに関するI/O(入出力)プロセスを状況に応じて制御する技術だ。具体的には、バックグラウンドサービスのI/O要求に対して、低い優先順位を設定することができる。

 たとえば、Windows Vistaではレスポンスのよい検索機能が一つの特徴となっているが、これを実現するためには、インデックスサービスによってあらかじめシステム上の検索対象データの索引を作っておく必要がある。

 たとえば、このプロセスが実行されている最中にアプリケーションを起動しようとしたらどうだろうか? これまでのWindows XPであれば、バックグラウンドサービスの負荷によって、目的のアプリケーションがなかなか起動しなかったり、起動してもまともに操作できなかったりした。ところが、Windows Vistaではアプリケーションを素早く起動することができ、普段とほぼ変わらないレスポンスで操作できる。

 これは、ロープライオリティI/Oによって、ユーザーからの要求があった時点でバックグラウンドサービスのI/O優先度を下げ(場合によっては動作を停止)、ユーザーのアプリケーションを優先的に処理するためだ。

 同様にウイルスチェック、スパイウェアのスキャン、デフラグツールの実行など各種バックグラウンドサービスの動作時にも、ロープライオリティI/Oが適宜効果を発揮するため、ユーザーはこれらのマシン負荷をあまり意識することなくPCを利用できる。Windows XPではバックグラウンドの処理が終わるまでユーザーが待たなければならなかったが、Windows Vistaではもはや重い処理に待たされることはない。
image
プログラミング時にバックグラウンドサービスのI/O優先度を低く設定することで、ユーザーからの要求を優先して処理することが可能。場合によっては、アプリケーションの起動時などにバックグラウンド処理を一時的に中断する。たとえば、XPではデフラグ中は処理が重くなってほかの操作がまともに行なえなくなってしまうが、Vistaは一時的にデフラグを止めることで対処してくれる
検索インデックス
image検索に欠かせないインデックスの作成。この作成中でもアプリケーションを高速に起動させることができる
スパイウェアスキャン
imageウイルス/スパイウェアスキャンもI/O負荷が高いサービスの一つだが、ロープライオリティI/Oによって操作性を損なわずにすむ
デフラグ
imageデフラグ中はPCを放置するのが普通だが、場合によってはアプリケーションを起動して快適に利用することもできる
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2014年9月号

発売日:7月29日
定価:1,180円

書籍(ムック)

Windowsタブレット完全購入ガイド 2014春

発売日:2014/3/27
販売価格:850円+税


NASオールカタログ2014

発売日:2013/12/26
販売価格:850円+税


自作PCパーツパーフェクトカタログ2014

発売日:2013/11/29
販売価格:1,880円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一四

発売日:2013/10/29
販売価格:1,680円+税


髙橋敏也の改造バカ一台大全集 1999-2013

発売日:2013/10/25
販売価格:3,333円+税


最強の通販サイト「アマゾン」で始めるネットショッピング

発売日:2013/3/18
販売価格:1,300円+税


SSD完全攻略読本

発売日:2013/3/8
販売価格:1,880円+税


自作PC マザーボード BIOS/UEFI完全攻略読本 Windows 8/7対応版

自作PC マザーボード BIOS/UEFI完全攻略読本 Windows 8/7対応版

発売日:2012/12/21
販売価格:2,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス