その他の特集
まもなく発売!
Windows Vista
Q2.Windows Vistaはどうやって買う?
Windows Vistaのエディション別機能一覧
Q3.VistaはXPよりパフォーマンスが高い? 1/2
Q3.VistaはXPよりパフォーマンスが高い? 2/2
Q4.Windows Vistaを快適に使うには? 1/2
Q4.Windows Vistaを快適に使うには? 2/2
Q5.Windows Vistaのドライバ提供は順調?
Q7.Vistaのライセンス形態は従来のWindowsより厳しい?
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
Windows Vista 発売直前レポート
Q3.VistaはXPよりパフォーマンスが高い?
TEXT:清水理史
ファストブート
スリープへの移行や復帰をわずか数秒で実現
 Windows Vistaは、「ファストブート」と呼ばれる新機能によって、OSの起動や終了に関しても大幅なパフォーマンス改善が行なわれている。

 Windows Vistaでは、スタートメニューから従来のように電源ボタンをクリックすると、シャットダウンではなくスリープへの移行処理が行なわれる。このスリープの完成度は非常に高く、スタートメニューの電源ボタンをクリックするとほぼ瞬時にスリープへと移行する。そして、PCの電源ボタンを押すと、再びほぼ瞬時にスリープから復帰し、ログオン画面が表示される。おそらく1、2秒という素早さで、従来のWindows XPからは考えられないスピードだ。

 スリープの安定性も向上しており、従来のWindows XPではサスペンドや休止状態への移行がドライバによって阻害されることがあったが、Windows Vistaではドライバの仕様が変更され、スリープに移行できなくなるというトラブルは、基本的になくなった。

 ちなみに、Windows Vistaのスリープは「ハイブリッドスリープ」と呼ばれ、従来のスタンバイと休止状態(ハイバネーション)を組み合わせたような機能になっている。スリープ前の状態をメモリに書き出す(スタンバイ)だけでなく、同時にHDDにも書き出している(休止状態)。これによって、停電などで電源供給が絶たれてしまっても、元の状態に復帰できるわけだ。

 これまでPCを使い終わったらシャットダウンするのが当たり前だったが、これからはスリープによって、より素早く起動や終了が行なえるようになるだろう。
image
ファストブートによって大幅に高速化されたスリープへの移行と復帰。スリープはXPのスタンバイよりも安定性が増し、復帰もわずか数秒で行なえる。これからはPCをシャットダウンすることのほうが少なくなりそうだ
標準でスリープ
imageスタートメニューの電源ボタンの機能は標準でスリープに変更された。ボタンをクリックすると即座にスリープする
電源設定
image電源ボタンの動作は電源設定で変更できる。従来どおりシャットダウンも選べるが、スリープのほうが速くて快適だ
ハイブリッドスリープ
imageデスクトップPCでは、標準でハイブリッドスリープが有効になる。メモリとHDDの両方に現在の状態が保存される
Question Vistaなら三つの技術で快適な操作性を実現する
XPとVistaの体感速度の違いを検証!
TEXT:山本倫弘
 新OSは処理が重いというのがWindowsの常識だったが、前ページで紹介してきた新技術のおかげで、Windows Vistaはこれまでの常識を覆してキビキビ動作することが分かった。

 ではもっと具体的に、同一スペックのXPマシンとVistaマシンを比べるとどうなのだろうか。ここでは同スペックのPCを2台用意してVistaとXPのインストールを行ない、それを並べて操作して、エクスプローラやアプリケーションの体感速度などを実際に使い比べてみた。
【使用環境】
CPU:Intel Core 2 Duo E6600(2.4GHz)
マザーボード:ASUSTeK P5B Deluxe /WiFi-AP(Intel P965)
メモリ:センチュリーマイクロ CD512M-D2U800
(PC2-6400 DDR2-SDRAM512MB/CL=5)×2
HDD:日立GST Deskstar 7K80 HDS728080PLA380
(Serial ATA 2.5、7200rpm、80GB)
ビデオカード:MSI NX6800GT-T2D256E
(NVIDIA GeForce 6800 GT)
クラシックスタイルも健在
imageVistaのインターフェースを「Windowsクラシック」にした様子。Aeroを無効にするとVistaのパフォーマンスは発揮できないので、クラシックスタイルはお勧めできない
はたしてVistaの体感速度は!?
デフラグ利用中のファイル操作などが快適になった!
(ライター 山本)
image バックグラウンドでデフラグを行なっているときにファイル操作をしても、XPと比べストレスなくコピーなどが行なえるようになった。また、デフラグに限らず、複数の処理を同時に行なっていても、ロープライオリティI/Oにより、前面で行なっている操作が優先的に処理されるため、PCが同スペックのXPと比べて体感速度が明らかに向上している。

 XP以前のWindowsで仕事中にデフラグを行なうと、ソフトの動作が重くなることは言うまでもなく、IMEでの日本語入力ですら反応が遅くなってしまい、イライラしていた。しかし、Vistaなら気兼ねなく好きなときにデフラグを行なえるので、毎週デフラグを行なわないと落ち着かない筆者でも安心だ。
たくさんのウィンドウを開いても描画が軽い!
(編集部 松本)
image 複数の作業を行なっていると画面の中がウィンドウで一杯になってきてしまうものだが、Windows Vistaではウィンドウを新規に開いたり、最小化をしたり、元のサイズに戻したりしても、画面の再描画にさほど時間がかからない。

 これは、通常のデスクトップ作業だと力を持て余し気味だった、DirectX 9世代ビデオカードのGPUの処理能力を用いて、Aeroの描画を行なっているためだ。

 今回は同一のスペックでXPとVistaを使い比べてみたが、同一の解像度でVistaの方が軽いということは、より高解像度での使用に耐えるということ。

 つまり、最新のビデオカードとワイド液晶ディスプレイを揃えれば、Vistaの魅力をより堪能できるのではないだろうか?
Windows自体もIEの起動もけっこう速くなった?
(編集部 竹元)
image PCの電源をONにしてから、OSが起動して実際にアプリケーションを操作可能になるまでの時間を計測してみた。なお、あらかじめスタートアップにIEのショートカットを登録しておき、IEが完全に起動してホームページ(MSN Japan)が表示された時点でストップウォッチを止めている。

 結果としてはVistaでは47秒、XPでは57秒の時間を要した。ちなみにPentium 4 3.06GHz、NVIDIA GeForce 6600、メモリ2GBの自宅マシンでは2分強かかるので、XPの起動もスペック次第でこれほど速くなるものか・・・と感心したが、Vistaでの結果を知って驚きが2倍に。アプリケーションの起動にはスーパーフェッチも効いてくるので、Vistaを使い込めばもっと体感速度が向上しそうで楽しみだ。
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年春号

発売日:3月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス