その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

新世代ビデオカード スーパーガイド DirectX 11、GPGPU、新アーキテクチャFermi……激変するPCグラフィックスを追え!

TEXT:夏目敬介

ゲームも映画も3Dで楽しもう!

NVIDIAの3D技術「3D Vision」

画像

3D映画が好評を博し、家電量販店には3D対応テレビが並び、もはや3D映像は身近な存在となってきた。しかし映画館に行かなくても、テレビを買い換えなくても、PCで3Dゲームや映像を簡単に楽しむことができるのだ。

3D映像を楽しむために必要なものは?

 PCで3D映像を楽しむ一番簡単な方法は、「NVIDIA 3D Vision」を利用することだ。これはメガネ(3Dグラス)と赤外線エミッタのセットで、NVIDIAのビデオカードと対応ディスプレイと組み合わせることで、3D環境を構築できる。筆者も実際に試してみたが、導入は非常に簡単。対応ゲームをプレイしてみたところ、画面に奥行きが生まれ、手前にある物体は触れられるのではないかと思うほどで、抜群の臨場感を楽しむことができた。

画像

3D対応の液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイは、リフレッシュレートが120MHzに対応している必要がある。最近ではLG Electronicsの「W2363D-PF」(実売価格:4万2,000円前後)や、Acerの「GD245HQbid」(実売価格:4万円前後)など、3Dに対応した製品もだいぶ増えてきている

3D Vision

「NVIDIA 3D Vision」は、ワイヤレスの3Dグラスと、信号を送るための赤外線エミッタで構成される。3DグラスはUSBケーブルでPCと接続することで充電できる。赤外線エミッタはとてもコンパクトなので場所を取らない

NVIDIAの3D対応ビデオカード

3DVisionはNVIDIAの技術のため、NVIDIA GeForceのビデオカードが必要だ。最近の市場に出回っているほとんどのシリーズが対応しており、具体的にはGeForce8800、9800、9600GT、GTX/GTS/GT200(GT220、210は除く)などがある。同社のWebサイトでも対応状況は確認できる

3D環境を実現するまでのインストール手順

〔1〕設定ウィザードを起動する
画像

NVIDIAのWebサイトから、ビデオカードの最新ドライバと、3D Visionドライバを入手してPCにインストールする。セットアップはウィザード方式。項目を選んでいくだけなので設定は簡単

〔2〕赤外線エミッタをPCに接続
画像

ウィザードに従って進めていくと、3D Visionの赤外線エミッタを接続するよう促されるので、画面の指示どおりに接続する。NVIDIAのロゴがあしらわれたON/OFFボタンが緑色に光れば、接続完了だ

〔3〕3Dグラスのテスト
画像

液晶ディスプレイの検出などを終えると、いよいよ3Dグラスの電源を入れて装着だ。3D効果を確認するためのハードウェアテスト、視覚テストを行なう。何も問題がなければ設定作業は終了。3Dコンテンツを楽しむ環境が整った

従来の動画コンテンツも3Dで楽しめる

 市販されている動画視聴ソフトの中には、3D表示に対応しないコンテンツを3D映像化する製品が存在する。手持ちのDVD-Videoを立体表示で楽しめるのだ(動画ファイルは将来のアップデートで対応)。もちろん、この機能を使うには、3D Visionが必要。ただし、もともと2Dの映像を3D化しているので、3D対応コンテンツと比べると、その効果が分かりづらいケースもある。

画像

CyberLinkの「PowerDVD 10 Ultra 3D」(http://jp.cyberlink.com/)は、3D Visionと組み合わせることで、2Dの動画を3D表示できる。メイン画面の右下にある「3D」ボタンを押せば、設定画面が現われる

画像

3D表示の設定を行なう「TrueTheater 3D設定」画面。「CyberLink TrueTheater 3Dを有効にする」にチェックを入れると3D表示が有効になる

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2023年冬号

発売日:12月28日
特別定価:2,310円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 2022【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2021/11/29
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください