特設ページ
Shuttle KPC K45を遊びつくす 1/2
Shuttle KPC K45を遊びつくす 2/2
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
Shuttle KPC K45を遊びつくす
TEXT:保坂陽一
14,800円の新世代スタイリッシュベアボーン
Shuttle KPC K45を遊びつくす
キューブタイプベアボーンPCでおなじみのShuttleからニューモデルが登場した。さまざまなバリエーションをラインナップする同社だが、このKPC K45は1万5,000円を切る低価格ながらも、一味違った製品に仕上がっている。ここではこのユニークなマシンの特徴を、実際の使い勝手を交えつつ解説しよう。
フロントパネル用の壁紙ダウンロードはこちら
Shuttle
KPC K45
URL http://jp.shuttle.com/
問い合わせ先 support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
KPC K45
Specification
対応CPU Core 2 Duo、Pentium Dual-Core、Pentium D/4、Celeron D、Celeron 4xx(45nm版CPU対応)
CPUタイプ LGA775
チップセット Intel 945GC+ICH7
メモリスロット PC2-5300/4200 DDR2 SDRAM×2(最大2GB)
グラフィックス機能 Intel 945GC内蔵
拡張ベイ シャドーベイ×2(フロントパネル取り外しでスリム光学ドライブ×1使用可)
拡張スロット PCI×1
HDDインターフェース Serial ATA 2.5×2、Ultra ATA/100×1
背面インターフェース PS/2×2、USB 2.0×4、シリアル×1、パラレル×1、Dsub 15ピン×1、LINE IN×1、LINE OUT×1、マイク×1、1000BASE-T×1
サイズ(W×D×H) 190×280×170mm
キュートなボディの超低価格べアボーン登場
 Shuttleと言えばキューブタイプベアボーンPCの定番メーカーだが、その枠組みをかたくなに守りつつも、ときどきユニークな製品を発売するメーカーでもある。ここで紹介するのは同社の代表ブランドである「XPC」ではなく「KPC」と名付けられたもので、XPCシリーズのエントリーモデルよりもさらに低価格な1万5,000円以下を実現! その分機能は限定されたものとなっているが、独自のアイディアを組み込むことで、ほかにはない魅力のある製品として昇華させているのだ。
最小クラスのキューブタイプ最小クラスのキューブタイプ
同じ945GCチップセット採用の「XPC SD30G2 Plus」(右)との比較。オープンベイがない代わりに、一回りコンパクトになっている
945GCで超低価格945GCで超低価格
チップセットはグラフィックス機能内蔵の945GC。低価格デュアルコアCPUなどを組み合わせるのならば、性能的に不足はないはずだ
945GCマザーボードで光学ドライブは非搭載!
 従来のXPCシリーズよりも一回り小さなボディとなっているが、それを実現するために、何と光学ドライブが非搭載となっている。そのためフロントマスクは非常にシンプルで、スマートなデザインを追求した形である。一方、シャドーベイは二つ使用可能だ。また、コンパクト化と関係するポイントとしては、拡張スロットがPCIスロット一つのみとなっている点も挙げられるだろう。

 マザーボードには低価格ながらも安定した動作で人気の945GCチップセットを採用。クアッドコアにこそ対応していないが、Core 2 DuoやPentium Dual-Coreといった幅広いCPUを搭載可能だ(システムバス1,066/1,333MHzや、最新の45nm版CPUにも対応している)。メモリはDDR2 SDRAMを2スロットで最大2GB搭載可能。現在の安価なメモリ価格を考えると、最初から2GBにしておくのがよいだろう。たとえば、1万円弱のPentium Dual-Coreに、メモリ2GB(1GB 2枚)、そしてこちらも1万円程度の500GB HDDを組み合わせれば、わずか4万円程度でマシンが完成することになる。光学ドライブが搭載できないので、初心者向けとは言い難いが、それでも魅力的であることには変わりない。

 ただ、本製品の真の魅力は、その価格ゆえの大胆なアレンジのしやすさにあると言ってよさそうだ。以降のページで紹介している隠されたギミックやオプションに加え、フロントパネルのデザインアレンジも必見。自作ユーザーのサブマシンにはもちろん、低価格なりのさまざまな使い方が考えられるはずだ。性能を見きわめつつ、ぜひ自分だけの使い方を考えてみてもらいたい。
KPC K45KPC K45の内部構造をチェック!
KPC K45の内部構造
KPC K45の内部構造
3.5インチシャドーベイ×23.5インチシャドーベイ×2
シャドーベイは二つ使用可能。5インチベイこそ存在しないが、HDDの積載能力は十分。よく見るとシャドーベイの上には……?
メモリは最大2GBメモリは最大2GB
メモリは2スロットで2GBまで。HDDインターフェースは、Serial ATAポート二つと、IDEポートが一つ使用できる
PCIスロットが使用可能PCIスロットが使用可能
拡張スロットはPCIのみで、ビデオカード専用スロットは持たない。なお、背面インターフェースもシンプルだが、LAN機能は1000BASE-T対応だ
気になる使い勝手はここがポイント!
光学ドライブは外付けで光学ドライブは外付けで
光学ドライブは搭載できないので、OSインストールなどの必要時はUSB接続の光学ドライブを利用したり、内蔵ドライブを一時的に接続したりする
リテールクーラーは中心ズレリテールクーラーは中心ズレ
CPUクーラーにはリテールクーラーが使用可能だが、マザーボードの都合上中心が少しずれることになる。ただ、冷却性能には問題がないようだ
システムバス1,333MHz CPUは設定が特殊
システムバス1,333MHz CPUは設定が特殊
システムバス1,333MHzのCPUを使う場合は、BIOSセットアップ画面の「Frequency/Voltage Control」でCPU Clockを「333」に設定した後、「Load Optimized Defaults」を実行する。また、メモリもDDR2 800を搭載する必要がある
 
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス