読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

超高性能ビデオカードと水冷GPUクーラーの最強タッグを限定特価で!

#f57f20
#FFF

 「ZOTAC GeForce GTX 480」は、精細なグラフィックスを多用する最新ゲームを快適に楽しめる超高性能ビデオカードだ。しかし、フラグシップモデルだけに発熱も大きく、冷却や静音性に不安を感じる方も多いのではないだろうか。
 そこで組み合わせたいのが、GPU用水冷システム「CoolIt Systems Omni A.L.C. for NVIDIA GTX 480(以下Omni A.L.C.)」だ。これを装着することにより、標準クーラーに比べて冷却能力や静音性がぐっと向上する。最近の高性能GPUの発熱量はCPUをはるかに超えているので、水冷システムの高い冷却効率が活きてくるのだ。また、Omni A.L.C.はポンプ、水冷ジャケット、ラジエータなどがすべて配管済みのオールインワンモデルであり、交換作業やケースへの設置が簡単に行なえることも見逃せない。
 交換作業はユーザーの自己責任で、標準搭載されるクーラーを取り外すとビデオカードメーカーの保証を受けられなくなる点には注意が必要だが、最新ゲームを静かに、快適に楽しみたいユーザーには唯一無二の魅力的な組み合わせだ。

インプレスダイレクト限定セットを69,800円で販売!!

URL:http://direct.ips.co.jp/dvpr/201012/

【写真左】 

CoolIT Systems
Omni A.L.C. for NVIDIA GTX 480
実売価格:25,000円前後

対応GPU:NVIDIA GeForce GTX 480■搭載ファン:12cm角(1,100~2,500rpm)

画像

【写真右】 

ZOTAC
GeForce GTX 480
実売価格::55,000円前後

GPU:GeForce GTX 480■コアクロック:700MHz■メモリクロック:3.696GHz■ビデオメモリ(バス幅):1.5GB GDDR5(384bit)■対応スロット:PCI Express 2.0 x16

Omni A.L.C.取り付け手順

【1】GPUクーラーのカバーを外す

画像

カードの天板や下面にあるフックをドライバーなどで押し込み、ヒートシンクやファンを覆っているカバーを取り外す

【2】ヒートシンクとベースプレートを外す

画像

背面にあるスプリングの付いた四つのネジを外し、GPUのヒートシンクを取り外す。その次に、残りのネジとブラケット部のネジを外し、ベースプレートを取り外す

【3】水冷ジャケットを取り付ける

画像

Omni A.L.C.の水冷ジャケットをカード上のチップ配置に合わせてネジ止めする。グリスを塗るのも忘れずに。ラジエータはケースファン設置部に取り付ける

【4】完成!

画像

GPU温度/動作音とも大幅に低下

画像
画像

オーバークロックでさらに性能アップ

画像

静音化に効果絶大の水冷システム

高い冷却性能を活かし、今回の検証ではコア/メモリクロックをオーバークロック(コア756MHz、メモリ:3.8GHz)した結果も併記しているが、オーバークロック時も非常に安定して動作しており、高負荷時のGPU温度はオーバークロックしない状態と差がほとんどなかった。動作音も大きく低下するため、性能と静音性、どちらも妥協したくないユーザーに最適。

インプレスダイレクト限定セットを69,800円で販売!!

URL:http://direct.ips.co.jp/dvpr/201012/

【検証環境】
CPU:Intel Core i7-920(2.66GHz)、マザーボード:ASUSTeK P6T Deluxe(Intel X58+ICH10R)、ビデオカード:ZOTAC GeForce GTX 480( NVIDIA GeForce GTX 480)、Corsair Memory CMX4GX3M2A1333C8(PC3-10600DDR3 SDRAM 2GB×2)、HDD:日立GST Deskstar 7K1000.C HDS721050CLA362(Serial ATA 2.5、7,200rpm、500GB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版、暗騒音:31.2dB、室温:27℃、動作音測定距離:ファンから約20cm、アイドル時:OS起動から10分後の値、高負荷時:3DMark Vantage(Extreme設定)をループで3回実行中の最大値、HWMonitor1.16の「Core#0~8」に表示された値の最大値

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2018年7月号

発売日:5月29日
定価:1,380円

書籍(ムック)

パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻二〇一八 【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2017/11/29
販売価格:1,680円+税


無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス