特別企画
Blu-ray Disc vs. HD DVD 真冬の決戦 1/2
Blu-ray Disc vs. HD DVD 真冬の決戦 2/2
PCでHDコンテンツを再生する
Blu-ray Disc/HD DVD関連製品カタログ
Windows Vistaでの次世代DVD対応状況
過去の特別企画
Windows 7の検証に参加しよう!
全面リニューアルしたCore 2シリーズの全貌
Ultimate PCコンテスト結果発表!
開催! Ultimate PCコンテスト
Let'snote R6徹底検証レポート
デュアルコアとVistaで生まれ変わった Let'snote R6
Blu-ray Disc vs. HD DVD 真冬の決戦
Intel Core 2 Extreme QX6700
Core 2 Duoはオーバークロックしてもスゴかった!
動画で分かる PhysX P1 GRAW Editionの効果
過去の特別企画(2007年)
過去の特別企画(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
Blu-ray Disc vs. HD DVD 真冬の決戦
TEXT:北川達也
PCでHDコンテンツを再生する
 Blu-ray DiscやHD DVDでは、ハイビジョンコンテンツを収録するため、簡単に動画をキャプチャされたり、データを抜き出されたりしないよう、従来のDVD-Video以上に厳しい条件が課せられた。また、新たに採用されたH.264やVC-1などの動画コーデックは、高圧縮率を誇る半面、その再生にはDVD-Videoとは比較にならないほどのCPUパワーを必要とする。このため、PCでBD/HD DVDを再生する場合は、PCのスペックをはじめとした厳しい条件を満たす必要がある。

 BDMVやHD DVD-VideoをPCで再生する上で重要な点は、大きく分けて二つある。一つは、その再生に必要となるPCのスペック。もう一つが出力される動画の著作権保護にかかわる事項で、具体的にはビデオカードやディスプレイといったデバイスが関係する。

 まず、使用するPCのCPUについてだが、BD/HD DVDで新たに採用された動画コーデック、H.264/VC-1は、DVD-Videoで採用されていたMPEG2の再生以上にCPUパワーが必要となる。たとえば、同一解像度、同一平均bitレートの動画を再生する場合、H.264の再生がもっともCPUパワーが必要で、ついでVC-1、MPEG2の順に軽くなる。では、具体的にどの程度のCPUが必要になるかと言うと、BD/HD DVD対応の再生ソフトウェアを発売しているメーカーが推奨している「Core Duo T2500」または「Pentium D 840」以上のCPUは最低限必要だ。ただし、これはあくまでも最低限で、できれば予算が許す限り、より高速なCPUを準備したい。と言うのも、BD/HD DVDには、PnP(Picture in Picture)機能などの2ストリーム同時再生機能があるだけでなく、将来的にはインターネットから追加の音声データをダウンロードしながらのミキシング再生などの機能も実装される。加えてBDでは、映像に最大40Mbpsのbitレートを割り振ることもできる。これらを総合的に考えると、各機能を確実に利用するためにはCPUはできるだけ高速なほうがよい。

 次にビデオカードやディスプレイについてだが、BD/HD DVD再生時にデジタルで映像を出力する場合は、「HDCP(High-band width Digital Content Protection)」対応のディスプレイとビデオカードが必要だ。加えて、ビデオカードは、「COPP(Certified Output Protection Protocol)」への対応が必須で、COPP対応ドライバをインストールする必要もある。また、COPPは、OS側の対応も必要だ。COPP対応OSは、Windows XP SP2以降またはWindows Vistaである。この条件を満たしていないとPC上でBD/HD DVDに収録された映像をデジタルで出力することはできない。また、アナログディスプレイに出力する場合は、COPP対応のOSとビデオカード、ドライバの三つがあれば、出力が可能となっている。

 なお、PowerDVDで有名なサイバーリンクでは、BD/HD DVDの再生に対応できるかどうかを診断するソフト「BD/HD Aduisor」(英語版)を無償配布している。BD/HD DVD再生に対応したPCの自作を考えているユーザーは、このソフトを使用し、使用中のPCをチェックしてみるとよいだろう。
CPU
imageBD/HD DVDの再生には、最低でもCore Duo T2500もしくはPentium D 840クラスのCPUが必要。できれば、Core 2 Duo E6400以上を準備しよう
ディスプレイ
imageデジタル出力でBD/HD DVDを再生する場合は、HDCP対応のディスプレイが必須となる
ドライブ
imageBDまたはHD DVD対応ドライブ。内蔵用でもUSB 2.0を採用した外付け用のドライブのいずれでも使用できる
ビデオカード
imageデジタル出力はHDCP対応ビデオカードとCOPP対応ドライバが必須。アナログ出力ならCOPP対応のみでOK。COPPは、最新の製品はすべて対応している
再生ソフト
imageBDまたはHD DVDの再生に対応したプレイヤーソフトが必要。PCでは、AACSの暗号鍵の更新が定期的に行なわれる点にも注意したい
ライティング/オーサリングソフト
imageBD/HD DVDに記録したい場合は、対応ソフトが必要。DVD同様にライティングソフトとオーサリングソフトが準備される
imagePC用ディスプレイでもHDCPに対応していれば、上のようなDVI-D-HDMI変換アダプタを利用することで、保護されたコンテンツを表示できる
imageWinDVD 8 PlatinumでHDコンテンツを再生している画面。H.264やVC-1形式のデータを再生するにはハイスペックなPCが必要となる
imageWinDVD 8 PlatinumはBD、HD DVDの両方に対応しているが、インストール時にどちらの環境で使うのかを選択する必要がある
image
<ベンチマーク環境>
CPU:Core 2 Duo E6700(2.66GHz)、Pentium D 960(3.6GHz)
マザーボード:GIGABYTE GA-965P-DQ4(Intel P965)
ビデオカード:Sapphire Radeon X1600 Pro HDMI(ATI Radeon X1600 PRO)
メモリ:センチュリーマイクロ CD512M-D2U800(PC2-6400 DDR2 SDRAM/
CL=5/512MB)×2
HDD:Maxtor DiamondMax 10(Serial ATA 2.5、7,200rpm、250GB)
OS:Windows XP Professional SP2

Blu-rayタイトル「The Fifth Element(北米版)」を、インタービデオジャパンのBD再生ソフト「WinDVD 8 Platinum」を用いて再生。CPU負荷測定は、「NT-CPUモニタ v1.42」で測定した5分間の平均値
Xbox 360用HD DVDドライブはPCで使えるか?
 マイクロソフトが発売したXbox 360 HD DVDプレイヤーは、形の上では、Xbox 360専用の周辺機器だが、外観は、単なるUSB接続の外付け用HD DVD-ROMドライブにしか見えない。このため、PCでも使用できるのでは?――と考えるユーザーも多いだろう。実際に筆者がテストしてみたところ、Xbox 360 HD DVDプレイヤーをPCに接続するとHD DVD-ROMドライブ「TOSHIBA DVD/HD X807616 USB Device」以外に「Xbox 360 HD DVD Memory Unit」という見慣れないデバイスを同時に認識する点を除けば、問題なく使用できることを確認した。PCに接続したXbox 360 HD DVDプレイヤーは、HD DVDの再生はもちろん、DVD-Videoや音楽CDなどの再生も行なえる。Xbox 360 HD DVDプレイヤーは、実売2万円程度で購入できるので、HD DVDをPCで再生したいというユーザーには便利な製品と言えるだろう。
imageXbox 360 HD DVDプレイヤーの背面にはUSB端子が用意されている。これを使って簡単にPCと接続できる
imageWindows Vistaのデバイスマネージャ画面。Xbox 360 HD DVDプレイヤーを接続すると、「Xbox 360 HD DVD Memory Unit」という見慣れないデバイスが認識される。このドライバは準備されていないが、HD DVD再生に支障はない
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2018年6月号

発売日:4月28日
定価:1,380円

書籍(ムック)

パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻二〇一八 【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2017/11/29
販売価格:1,680円+税


無料でWindowsが快適になる鉄板フリーソフト2017「窓の杜」公式

発売日:2017/3/29
販売価格:1,400円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


BIOS/UEFI 完全攻略読本 Skylake&Windows 10 対応版

発売日:2016/3/28
販売価格:2,380円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス