特設ページ
ゲーマー向けPC環境構築テクニック 1/2
ゲーマー向けPC環境構築テクニック 2/3
ゲーマー向けPC環境構築テクニック 2/3
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
ゲーマー向けPC環境構築テクニック
ゲーマー向けPC環境構築テクニック
Seasonic
S12 ENERGY+ SS-650HT
問い合わせ先:046-236-3522(オウルテック)
URL:http://www.owltech.co.jp/
S12 ENERGY+ SS-650HT
定格出力:650W
ファン:12cm角×1
コネクタ:ATX24/20ピン×1、ATX12V×1、EPS12V×1、P
CI Express6ピン×2、Serial ATA×6、ペリフェラル×9、FDD×2
変換コネクタ:PCI Express6ピン→8ピン×1
Seasonic
M12 SS-700HM
問い合わせ先:046-236-3522(オウルテック)
URL:http://www.owltech.co.jp/
M12 SS-700HM
定格出力:700W
ファン:12cm角×1、6cm角×1
コネクタ:ATX24/20ピン×1、ATX12V×1、EPS12V×1、PCI Express6ピン×4(最大)、PCI Express8ピン×1、Serial ATA×8、ペリフェラル×10
変換コネクタ:PCI Express6ピン→8ピン×1、ペリフェラル4ピン→FDD×2
ゲーム用PCには安定性の高い電源ユニットが不可欠!
 電源メーカーの中でも、品質とコストパフォーマンスの高さで定評のあるのがSeasonicだ。S12 ENERGY+/M12シリーズは高品質電源としてはすでに定番となっている同社の主力製品で、S12 ENERGY+はコストパフォーマンスを、M12は機能と出力を重視したモデルだ。

 もちろん品質に関しては両製品とも折り紙付き。内部のアルミ電解コンデンサには耐久性の高さで定評のある日本メーカー製の105℃品を採用している。このコンデンサは105℃の高温度環境でも、数千時間の安定動作が保証されているというものだ。また、出力20%以上の全域で80%以上の変換効率を保証する「80PLUS」認証も取得。加えて過電圧保護をはじめとする各種保護回路を搭載するなど、省エネや安全性などにも気を配った仕様だ。

 コストパフォーマンスモデルのS12 ENERGY+シリーズについては、80%をさらに上回る最大88%という高い効率を誇る。これは発熱の低減にも効果が大きい。

 ハイエンドモデルのM12では使い勝手に優れるプラグインケーブルを採用。PCI Express電源コネクタは最大4基装備可能で、8ピンタイプのPCI Expressコネクタや、SLI/CrossFireといったヘビーな環境にも対応できる。もちろん、GeForce GTX 280/9800 GX2といった最新GPU搭載ビデオカードにも対応する。オウルテックのWebサイトには各CPUやビデオカードへの対応状況が細かく記載されているので確認してみてほしい。

 この2製品に3DMark06で負荷をかけ、安定性の指標となる+12V系の電圧と動作音の変化を調べた。+12Vの電圧変化については、最新ハイエンドビデオカードであるRadeon HD 4870との組み合わせであるにもかかわらず、両製品とも上のグラフのように完全にフラットになっており、その安定性の高さがうかがえる。

 動作音はS12 ENERGY+がアイドル・高負荷時ともに38.9dB、M12がアイドル時で36.4dB、高負荷時で37.9dBだった。いずれも静音性は非常に高い。
最新ビデオカードでも大丈夫最新ビデオカードでも大丈夫
M12 SS-700HMでは、PCI Express 6ピンが2基付いたケーブルが2本、PCI Express 8ピンが1基付いたケーブルが1本付属。最大2本のケーブルが取り付け可能で、6→8ピン変換ケーブルも付属
プラグインケーブルで内部スッキリプラグインケーブルで内部スッキリ
必要なケーブルだけを取り付け可能な着脱式を採用。不要なケーブルを使用しないことでケース内のレイアウトをスッキリさせることができる
デュアルファン構造デュアルファン構造
M12は底面に12cm角ファンを1基、PCケース内部側に6cm角ファンを1基搭載するデュアルファン構造を採用。静音性も高い
ファンは山洋電気製ファンは山洋電気製
S12 ENERGY+では底面に12cm角の大型・静音ファンを採用している。両製品ともファンは品質と信頼性に定評のある山洋電気製だ
8ピン端子にも対応8ピン端子にも対応
S12 ENERGY+の内部ケーブルは本体直付け。PCI Express 6ピンは2基用意されている。8ピンへの対応は付属の変換ケーブルを利用
高負荷時も+12V系の電圧は安定!
高負荷時も+12V系の電圧は安定!
高い負荷がかかっても+12Vの電圧に変化は見られない。基準値はS12が12.20V、M12が12.15Vとなっている
【検証環境】
CPU:Intel Core 2 Duo E8400(3GHz)
マザーボード:ASUSTeK P5K-E(Intel P35+ICH9R)
メモリ:Patriot Memory PSD24G800KH DDR2(PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB CL=5)×2
ビデオカード:Sapphire HD4870(ATI Radeon HD 4870)
騒音測定距離:底面部のファンから約15cm、暗騒音:33.8dB
Back
Page Top
 

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス