その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

キワモノだけど、使ったらやめられない!マニアックパーツ百花繚乱

そこらのパーツとは一味違う! 個性豊かな製品を大解剖

TEXT:多和田新也
#E84C80
#FFF

ネットワーク高速化チップを搭載したゲームユース特化型マザーボード

  • LGA1366
  • Intel X58+ICH10R
  • XL-ATX
GIGABYTE
G1.Assassin
実売価格:50,000円前後
画像
このパーツはこう使え!
・1fpsにこだわってゲーム環境を改善したい人
・スロットやUSBに拡張デバイスをつなぎまくる

Specification 対応CPU:Core i7
メモリスロット:PC3-16000 DDR3 SDRAM×6(最大24GB)
グラフィックス機能:-
ディスプレイ:-
拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×4(x16/x16/x8/x8で動作)、PCI Express x1×2、PCI×1
インターフェース:Serial ATA 3.0×2、Serial ATA 2.5×6、USB 3.0×8※1、USB 2.0×8※2
LAN:1000BASE-T×1
※1 4基はピンヘッダで実装
※2 4基はピンヘッダで実装

 マザーボードベンダーとしておなじみのGIGABYTEからゲーマー向けの1枚が登場した。GIGABYTEはこれまでにも高品質をウリにしたオーバークロック向け製品などを発売してきたが、ゲーマー向けを前面に出したマザーボードを発売するのは初めてだ。ちょっと意外な印象も受ける。
 その外観は非常に特徴的なものとなっており、ライフルのマガジンを模したSouth Bridge上のヒートシンクがとくに目立っている。もちろん、見た目だけではなく、NorthBridge側のヒートシンクに簡易温度計となる五つのLEDを内蔵。温度が上がるにつれて光るLEDの数が増える仕組だ。ただ、ちょっと残念なのはLEDがすべて同じ緑色という点。たとえば高温時のLEDの色が異なるようにすれば、ケースから漏れる光の色で温度上昇を識別しやすくなったと思う。おもしろい機能だが、まだまだ工夫の余地を感じる。

画像

ミリタリーコンセプトのデザイン

South BridgeのICH10Rには、ライフルのマガジンを模したヒートシンクを搭載。全体的にメカニカルさを強調したボードデザインだ

画像

温度状態を表示するLEDも搭載

North Bridge上のヒートシンクには温度状態を示す5個のLEDを搭載。具体的なしきい値は不明だが、試した限り、平常利用では2、3個の点灯

画像

多機能ブラケットも付属

付属のブラケットアクセサリはUSB 3.0のフロントインターフェースのほか、ワンタッチでオーバークロックを行なうQuickBoostボタンを装備する

ゲーマー向けLANチップ搭載でネットワーク性能が向上

画像

10個のWebサーバーにつないで、そのデータ転送速度の平均を算出するテストの結果。Killer NICはTCP通信をとくにチューンしているわけではないが、LANコントローラの特性としても良好なものを持っているようだ

実ゲーム内のレイテンシも改善

画像

5カ所のサーバーに接続して、各5分間動き続けた場合のPingの平均値。安定して10ms以上のレスポンスタイム向上が見られる。この数字に重要性を感じられるユーザーであれば本製品の価値がよく理解できるだろう

Killer NICとSound Blaster X-Fiをオンボード搭載

画像

 一方で、マザーとしての機能面の充実は目覚ましい。GIGABYTE製品でもハイエンド製品でのみ採用される16フェーズVRMを採用し、3-way SLIとQuad CrossFireXをサポート。USB 3.0は最大で8ポートを備える。
 とくにゲーマー向け製品らしいポイントは、Sound Blaster X-Fi Xtreme FidelityとKiller NICのオンボード搭載だ。前者はクリエイティブメディア製のサウンドカードでおなじみだが、本製品では高品質なヘッドホンアンプなどもオンボードに実装し、よりFPSゲーマーを意識した仕様になっている。また、本製品の目玉と言ってもよい「Killer NIC」は、オンラインゲームのパケット処理優先度を高めるほか、ネットワーク処理中のCPU負荷を下げるなど、オンラインゲームのレスポンスを高めることをアピールするネットワークコントローラだ。これらの搭載で劇的にパフォーマンスが改善する、というほどの効果はないが、ちょっとでもゲームのプレイ環境を向上させたい、というヘビーゲーマーにはうれしい装備と言える。
 これまで、どちらかと言うとオーソドックスな方向性で品質・機能を強化してきたGIGABYTEだが、その方向性を引き継いだ上で、外観、機能ともにゲーマー向けのマニアックさを兼ね備えてきた。これが本製品の魅力と言えるだろう。

画像

背面端子はスタンダードな構成

特徴的な外見の本製品だが、バックパネルに関しては至極スタンダードな仕様。USB 3.0ポートを4基備えている

画像

アプリケーションごとにカスタマイズが可能

Killer NICには管理ツールが付属。アプリケーションごとにパケットの優先度の指定や帯域幅の制限を設定することができる

画像

USB 3.0には注意が必要

USB 3.0はバックパネルに4ポート、ピンヘッダで4ポートを提供するが、USB 3.0コントローラはルネサス エレクトロニクス製チップ1個のみ。これにVIA Technologiesの4ポートハブコントローラ「VL810」を2個接続して8ポートを提供する仕組になっている。ポート数は多いがフルに使うとコントローラの帯域幅がボトルネックになりそうだ

画像

サウンドチップも手抜かりなし

Sound Blaster X-Fi Xtreme Fidelityをオンボード搭載し、周辺には品質に定評あるニチコンのコンデンサであるMuse ESとMWが並ぶ

画像

定番のUSB 3.0コントローラ

ルネサス エレクトロニクス「D720200A F1」。すっかりおなじみのUSB 3.0コントローラで、本製品の8基のUSB 3.0ポートはすべてこれに接続される

画像

ゲーム専用というわけではなく
ハイエンドマザーとしても見所が多い

Killer NICやSound Blaster X-Fiの搭載など、いかにもゲーマーに向けた製品。ただ、PCI ExpressスロットやUSB 3.0をやたらと数多く備えるほか、さりげなくPCIスロットもある。ゲーマーでなくとも、いろいろな使い方を見い出せそうな一品だ。

ライター 多和田新也

クセのある製品はどんどん出てほしい

画像

直球勝負のベンチマーク記事を書くことが多いフリーライターだが、こういう“尖った”製品を触るのは本当に楽しい。

ここがマニアック

画像

高性能LANコントローラを採用

Bigfoot Networksが開発したLANコントローラ「Killer E2100」をオンボード搭載。これまで拡張カードで提供されていた本製 品をオンボード搭載したマザーは初

【問い合わせ先】 GIGABYTE:050-3786-9585(CFD販売)/ http://www.gigabyte.co.jp/

【検証環境】 CPU:Intel Core i7-930(2.8GHz)、メモリ:ノーブランド PC3-12800 DDR3 SDRAM 2GB×3、ビデオカード:NVIDIA GeForce GTX 580リファレンスカード、HDD: Seagate Barracuda 7200.12 ST3500418AS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、500GB)、OS: Windows 7 Ultimate 64bit 版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2022年秋号

発売日:9月29日
定価:1,980円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 2022【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2021/11/29
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください