その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠

高級

#A61955
#FFF

2,560×1,600ドット、
30型のハイエンドモデル

 PCオペレーションを快適に行なうための必須条件とはデスクトップが広いこと。これは画面サイズが大きいことだけを言っているのではない。画面の大きさに見合うだけの解像度を伴わなければ意味がない。その意味でこのU3011は、ある種究極形に位置する製品だ。30型という大きさは、40~50cmの距離で使うPCディスプレイとしては"大き過ぎない"範疇に入る。さらに2,560×1,600ドットという解像度は、ノートPCの液晶パネルで多く見られる1,280×800ドットの4面分に相当する超高解像度だ。そのためDVI-D端子で接続する場合、ビデオカード、あるいはマザーボード内蔵グラフィックスが高解像度出力を可能にするDual-Linkに対応している必要がある。
 液晶パネルとしては、視野角の広いIPSを採用する。30型の大画面でも中央と外周で色みは一定だ。パネル表面は非光沢タイプで、外光の映り込みは少ない。
 インターフェースも豊富で、DVI-DとHDMI端子をそれぞれ2系統備えるほか、DisplayPortやコンポーネント(D5)端子まで備えている。幅広い機器のモニタとして活用できるだろう。

(西川善司)

Dell
U3011
直販価格:159,170円
問い合わせ先:0120-912-039(デル)
URL:http://www.dell.co.jp/
  • IPSパネル
  • 30型ワイド
  • DisplayPort
画像

大画面パネルで高品位な映像を実現

LEDバックライトではなく広色域表現が可能なCCFLをあえて採用する。そのため色再現性はsRGBは100%、AdobeRGBでも99%のカバー率を誇る

画像

自由度の高いスタンド

厚みが抑えられておりスタンドもコンパクトなので、奥行きがない場所にも設置可能。高さとスイベル、チルト調整が可能なスタンドを装備する

画像

上下左右ともに178゚と視野角は非常に広い。原理的に視野角が有利なIPS液晶採用の恩恵だ。見る位置を変えても色みの変化がほとんどないのも優秀

画像

OSDの操作には、静電容量式のボタンを利用する。ボタンのすぐ横にOSDメニューが表示されるため、直感的に操作することができる

画像

注目したいのは再現できる色域の広さ。ガンマカーブにも揺らぎはほとんど見られないなど、ハイエンド製品らしい結果となった

画像

【Specification】 ●液晶パネル:30型ワイド●最大表示解像度:2,560×1,600ドット●応答速度:中間色域7ms●輝度:370cd/m2●コントラスト比:1,000:1(ダイナミックコントラスト 100,000:1)●視野角:水平178゚/垂直178゚●チルト:上19゚/下3゚●スイベル:左右60゚●インターフェース:DisplayPort ×1、Dsub 15ピン×1、DVI-D(HDCP)×2、HDMI×2、コンポーネント(RCA)×1、USB 2.0×4●本体サイズ:694.5×211.3×481.3~571.3mm●重量:9.3kg

マルチタッチに対応した
高画質液晶ディスプレイ

 Windows 7の特徴の一つとして、複数の指で画面に直接触れて操作できるマルチタッチ機能のサポートが挙げられる。ナナオから登場した「FlexScan T2351W-L」は、このマルチタッチに対応した液晶ディスプレイである。アイコンやボタンのタップ、指先を滑らせてのスクロールに加え、2本指を使って拡大/縮小や回転といった操作が行なえる。
 特徴は本体を直接机上に置き、背面から本体を支える「LaidBack Stand」で角度を調整して使うという独特の設置スタイルだ。机の面に対して垂直に近い角度で使う一般的な液晶ディスプレイと比べると設置面積が大きくなるデメリットがあるが、見下ろすような姿勢で使えるため首への負担が小さい。とくに集中して画面上の文字を読むといった場合には、楽な姿勢で使えるメリットは大きい。
 液晶パネルはVA方式で、3,000:1と高いコントラストを実現している。シャドー部が引き締まっていることでシャープな画質を実現しており、文字だけでなく写真や映像を見るためのディスプレイとしても申し分ない。メインのディスプレイに使ってもよいが、机の脇に置いてサブディスプレイとして使っても便利だろう。

(川添貴生)

EIZO
FlexScan T2351W-L
実売価格66,000円前後
問い合わせ先:0120-956-812
URL:http://www.eizo.co.jp/
  • VAパネル
  • 23型ワイド
画像

高コントラストで締まりのある黒を再現

クッキリとしたシャドー部からハイライトまで、グラデーションはなめらか。暗部のディティールもしっかり表現されている。色調は落ち着いていて嫌みがない

画像

本体を支えるLaidBack Stand

つっかえ棒のように本体を支える「LaidBack Stand」を採用。15゚から65゚まで、6段階のチルト調整ができる。HDMIなどの入力端子は本体側面に配置されている

画像

VAパネルということもあり、十分な視野角を持つ。傾けて設置する場合には上下の視野角が気になるが、大きな色の変化は見られなかった

画像

Windows 7の特徴であるマルチタッチに対応する。本体を傾けられるため、指による操作も自然な姿勢で行なうことができる

画像

RGB各色とも全体的に輝度が抑えられているが、補正量は一定で素直な特性であることが分かる。再現できる色域はFORIS FS2331と同様の傾向だ

画像

【Specification】 ●液晶パネル:23型ワイド●最大表示解像度:1,920×1,080ドット●応答速度:25ms(中間色域7ms)●輝度:265cd/m2●コントラスト比:3,000:1●視野角:水平178゚/垂直178゚●チルト:15゚~65゚●インターフェース:Dsub 15ピン×1、DVI-D(HDCP)×1、HDMI ×1、ヘッドホン×1●本体サイズ(W×D×H):557×194~367×204.5~375.5mm●重量:約7.6kg

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス