その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

ATX電源が変わった!! イマドキ製品の中身も性能もすべて見せます!

最新ATX電源カタログ ●700W以上クラス

TEXT:長畑利博
#7595c3
#FFF

大出力・高効率・低価格と三拍子揃った定番モデル

  • 80PLUS Bronze
Compucase
HEC WIN+ 700W
実売価格:8,000円前後
問い合わせ先:03-3864-3763(マイルストーン)
URL:http://www.milestone-net.co.jp/
画像

700Wという定格出力に対して、実売価格が8,000円前後とコストパフォーマンスを重視した製品。PCI Expressコネクタも、6ピンと8ピン合わせて4本用意されているなど、出力に見合ったものになっている。出力だけでなく、80PLUS Bronze認証も取得しており効率も高い。また、本体の12cm角ファンに加え、外部ファンのコントロールが可能なファン接続端子が3基用意されている点も特徴だ。ATX24ピンやATX/EPS12Vのケーブル長は約45cmとやや短め。低価格モデルながら3年という長期保証が設定されているのもポイントだ。なお、WIN+シリーズは4モデルがラインナップされているが、80PLUS Bronze取得は700/550Wのみ(ほかはStandard)。

画像

+12Vは2系統。出力はそれぞれ30Aと定格出力に比したものとなっている。+5Vsbは2.5A

画像

すべての項目で+12Vを下回っている状態。高負荷時は0.4Vほど下がり、細かなブレも多く見られる

画像
画像

ケースファンなどを接続可能なファン用コネクタを3個装備。電源本体のファンと連動してファン速度を自動調整する

ファン:12cm角×1(底面)
電源コネクタ:ATX20/24ピン×1、EPS12V×1、ATX12V×1、Serial ATA×5、ペリフェラル×5、PCI Express 6+2ピン×1、PCI Express 6ピン×3、FDD×1、FAN×3

出力のわりには廉価、内部設計は価格相応で納得できる

画像

【内部仕様】
・1次側コンデンサ:CapXon 105℃品
・2次側コンデンサ:Su'scon 105℃品
・搭載ファン:HEC DFS122512M
・基板:ガラスエポキシ基板

80PLUS Bronze認証の700Wクラスではかなり廉価な製品で、回路構成は現在の電源としては平均的なものなのだが、使用部品や仕上がりにはコストダウンの跡が見て取れる。たとえば、1次側のコンデンサはCapXonの400V 470μFの105℃品で、今回評価した700W以上の電源の中では一番容量が小さい(Toughpower Grand 650Wのものは400V 560μF)。部品コストを抑えなければこの価格は難しく、この辺りは動けばよしといった感がある。奥行きが短く取り回しやすいが、内部構成は窮屈で、出力はすべて固定ケーブル。その端子処理も価格相応で、密集するケーブルにコンデンサが圧迫されている。(Ta 152H-1)

画像

製品の価格が下がるとそれに比例して作りが安くなるのがACインレットフィルタだが、この電源でも如実に現われている

画像

廉価かつ最低限の容量で実装された1次側の平滑コンデンサ。出力性能とコストの妥協点が部品選択に現われる

【検証環境(700W以上)】
CPU:Intel Core i7-860(2.8GHz)、マザーボード:ASUSTeK MaximusIII Extreme(Intel P55)、メモリ:Corsair Memory TR3X6G1333C9(PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3 ※2枚使用)、ビデオカード:MSI N480GTX-M2D15(GeForce GTX 480)、HDD:Western Digital WD Caviar Blue WD10EALS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、1TB)、OS:Windows 7 Ultimate 64bit版

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス