その他の特集
要となるパーツの特性を理解せよ1/3
要となるパーツの特性を理解せよ2/3
要となるパーツの特性を理解せよ3/3
オーバークロックの神髄を聞く!!
秘められたCPUの力を引き出そう! 1/6
秘められたCPUの力を引き出そう! 2/6
秘められたCPUの力を引き出そう! 3/6
秘められたCPUの力を引き出そう! 4/6
秘められたCPUの力を引き出そう! 5/6
秘められたCPUの力を引き出そう! 6/6
メーカー別マザーボード付属OCユーティリティ解説 1/2
メーカー別マザーボード付属OCユーティリティ解説 2/2
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

眠れるCPUを覚醒させろ! オーバークロックの神髄

TEXT:鈴木雅暢

オーバークロック前の下準備

要となるパーツの特性を理解せよ!

まずは、実際にオーバークロック作業の解説に入る前に、その下準備としてオーバークロック向けのパーツ選びについて解説していこう。よりよい結果を得るためには、オーバークロックに最適なパーツについて知ることが大切だ。

CPU偏重ではクロックは伸びない。トータルのバランスが重要

OCで性能アップ+αの楽しみ

 オーバークロック(OC)とは、PCパーツを定格以上のクロックで動作させること。うまくいけば少しの設定変更で数万円も高価なCPUに匹敵する性能をゲットできるメリットがある。また、限界を突き詰めたり、OC状態で安定させるべく試していく知的なプロセス自体も楽しく、そこにハマるユーザーも多い。
 もちろん、必ず成功するとは限らないし故障のリスクもあるが、しかるべき注意を払えば、即故障してしまうことはそうそうないのも事実。大掛かりな仕掛けをしなくても、大幅にOCできるCPUもあり、普通にOC状態でPCを常用する自作ユーザーもいる。自作PCの楽しみの一つとして、オーバークロックの世界を知っておいて損はないだろう。

オーバークロックで重視したい五つのパーツ

冷却強化でOC上限アップ
CPUクーラー

OC状態での安定性を高めたり、クロックを伸ばしたりするには冷却強化は必須。できるだけ強力なクーラーを使いたい

+12V大出力電源で安定性を確保
電源

OCは電源にもかなりの負担がかかる。できるだけ信頼性の高い製品が欲しい。+12V1系統あたりの最大供給電流もポイントだ

OCに向いたモデルがある
CPU

最新のプロセスルールを採用したCPUなどはマージンが高い傾向にある。また、倍率変更できるCPUならほかのパーツへの影響を最小限に抑えられる

マザーボードは電源部が決め手
マザーボード

とくに負担がかかるCPU用電源回路部分の設計がしっかりしたミドルレンジ以上の製品を使いたいところ。自動OC機能などもあれば便利だ

高クロック動作メモリが安心
マザーボード

メモリクロックはCPUのベースクロックに連動するため、高クロック動作に対応しているもののほうがOCを行ないやすい

オーバークロックのココがオイシイ!

27,000円以上おトク!

Core i7-860とCore i7-870の差は、ほぼ133MHzの動作クロックのみ(Turbo Boostの上昇幅が若干異なる)で実売価格は2万7,000円も差がある。つまり、Core i7ー860をオーバークロックで133MHzアップできれば、2万7,000円も高いCPUと同等の性能が手に入るというのだからオイシイ話だ

※オーバークロックは、メーカー保証外の動作となるため、オーバークロックが原因で不具合が起きても、メーカーのサポートは受けられません。また、メーカー、編集部ともにオーバークロックの設定や不具合に関する問い合わせにはお答えできません。自己責任でお試しください。

CPU

新プロセスルールのOCマージンに注目
CPU 内部倍率ロックフリーのCPUもよし!

  OCを行なう場合、CPUのOC耐性が一つのポイントになる。CPUの定格クロックは、ある程度は温度環境がよくない状態でも運用できるようマージンを見込んで設計されているが、この幅が広いほどOCもしやすく、OC耐性も高いと言える。新しいプロセスルールを採用したモデルや、同一ブランドの下位グレードのモデルなどはCPUの動作マージンが高い傾向にあり狙い目だ。
 また、IntelのExtreme EditionやAMDのBlack Editionモデルなど、OC向けに内部倍率のロックが解除されているCPUも注目だ。CPUの動作クロックは「ベースクロック×内部倍率」で決定される。たとえばCore i5-650なら、133MHzのベースクロックを24倍にして定格動作クロックとなる3.2GHzを作 り出している。通常のCPUをOCするにはベースクロックをアップするしかないが、ベースクロックはメモリやチップセットなどにも影響するため、CPUをOCするとこれらにも負担がかかってしまう。設定で負担を減らす方法も一応あるが、ベースクロックも内部倍率も変更できる内部倍率のロックが解除されたCPUのほうが自由度が高く、(CPUの耐性が同じであれば)クロックも伸ばしやすい。
 また、クアッドコアよりデュアルコアのほうが高いクロックまで上がりやすい。しかし、クロックあたりの性能はクアッドコアのほうが大きいためクロック上昇に伴う性能向上幅も大きい。どちらがよいかは目的しだいで決めればよいだろう。

CPUの種類によるオーバークロック方法の違い

通常のCPU ベースクロックを上げる

通常、OCはベースクロックを上げる。ベースクロックを上げると連動してメモリやQPI(システムバス)などのクロックが上がってしまうため、それぞれの設定についても気を配る必要がある

OC向きのCPU 倍率を上げる

内部倍率のロックが解除されているCPUなら、ベースクロックを上げる必要がなく、メモリなどといったほかのデバイスのクロックがつられて上がらないので、OC失敗時の原因の特定もしやすい

Intel Core i5-650

  • 動作クロック3.2GHz
  • デュアルコア
グラフィックスコアを内蔵した
32nmプロセスルール採用の注目株

開発コードネーム「Clarkdale」として知られる、グラフィックスコアを内蔵したCore i5シリーズ。CPUコア部分はクアッドコアよりもOCしやすいデュアルコアの上、新しい32nmプロセスルールで製造されており、大幅なクロック上昇が期待できる。

実売価格:17,500円前後
問い合わせ先:0120-868686(インテル)
URL:http://www.intel.co.jp/

AMD PhenomII X4 965 Black Edition

  • 動作クロック3.4GHz
  • クアッドコア
内部倍率のロックが解除された
AMDのクアッドコア最上位モデル

AMDCPUの最上位モデルにして倍率ロックフリーのOC向けモデル。TDPが125Wと高いので冷却が課題になるが、クロックあたりの性能がよいクアッドコアCPUだけにクロック上昇に伴う性能アップ幅も大きい。

実売価格:16,000円前後
問い合わせ先:0053-165-0441(日本AMD)
URL:http://www.amd.co.jp/

オーバークロッカーduckさんのアドバイス

今Core iシリーズでOCを楽しむなら、個人的にはClarkdaleのOC耐性の高さに可能性を感じます。

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス