その他の特集
PCサウンドを劇的に改善する方法
サウンドデバイスレビュー 1/3
サウンドデバイスレビュー 2/3
サウンドデバイスレビュー 3/3
iPodをもっとよい音で聞いてみたい!
約80万円の環境で各製品の実力を検証 1/2
約80万円の環境で各製品の実力を検証 2/2
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
1万円から始まるPCサウンド革命
サウンドデバイスレビュー
TEXT:藤本 健
Auzentech
Auzen X-Fi Bravura 7.1
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:sales@auzentech.jp(DTC Japan)
URL:http://www.auzentech.jp/
7.1チャンネル PCI Express x1 Creative X-Fi native
PCI Express audio processor
imageX-Fiチップ搭載でアナログ回路を強化
 製品名称からも分かるとおり、クリエイティブのX-Fiチップを搭載したサウンドカードだが、Auzentechがアナログ出力にこだわって独自設計をしたというもの。7.1チャンネルのマルチチャンネル出力だが、2チャンネルごとに搭載されたオペアンプは交換が可能。またそれらとは独立したヘッドホン出力回路も搭載されている。昨年末に発売された製品だけに、付属のドライバディスクにはWindows 7用ドライバも収録されており、64bit環境でも動作するので安心だ。
image左から2番目に標準ジャックのヘッドホン出力を備える。また、一番右にあるS/P DIF出力は、同軸/光の兼用端子となっている
image四つ並んでいるのが7.1チャンネル出力に対応する2チャンネルごとのオペアンプ。その左側にあるのがヘッドホン用のオペアンプとなっている。交換も可能
Specification
再生サンプリングレート/量子化bit数:192kHz/24bit
音声入出力:S/P DIF OUT(同軸/光ミニ/ピンヘッダ)×1、LINE OUT(7.1チャンネル、ミニ)×1、S/P DIF IN(ピンヘッダ)×1、LINE IN/マイク(ステレオミニ)×1、ヘッドホン(ホン)×1
image
THD
0.00282%
S/N
79.82dB
フロント側の2チャンネルを測定したが、S/Nは80dB近くと非常にキレイな波形だ。2kHz、3kHzに若干のノイズが出ているのが分かる
ESI Audiotechnik
Audiotrak PRODIGY HD2 ADVANCE
実売価格:15,000円前後
問い合わせ先:support@audiotrak.jp(WiseTech)
URL:http://www.audiotrak.jp/
2チャンネル PCI VIA Envy24HT-S
image2チャンネル出力のLow Profile対応製品
 2006年発売の前モデルで、ヒット製品となったPRODIGY HD2を改良し、より高音質化を図ったもの。コアチップにはVIAのEnvy24HT-Sを搭載し、192kHz/24bitに対応したステレオ出力が可能。

 そのほかの部品にも気が配られており、DACにはAK4396を採用するとともに、高級オーディオ機器で使われるFDO(Full Differential Output)のトリプルオペアンプ回路を搭載する。
imageコアチップとして搭載されているVIA Envy24HT-S。メインとなるステレオ出力に対して192kHz/24bitでの再生が可能となっている
imageFDO(Full Differencial Output)方式 による、三つのオペアンプ構成を採用。オペアンプはBurr-Brown(TI)だ
Specification
再生サンプリングレート/量子化bit数:192kHz/24bit
音声入出力:S/P DIF OUT(光角型)×1、LINE OUT(2チャンネル、RCA)×1、LINE IN(ミニ)×1、LINE IN(ピンヘッダ)×1、ヘッドホン×1
image
THD
0.00219%
S/N
79.97dB
2チャンネルのアナログ出力を意識して高性能化を図っただけに、S/Nも約80dBとよい値が出ている。全帯域的に見てもノイズはきわめて少ない
クリエイティブメディア
PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audio
実売価格:17,000円前後
問い合わせ先:03-3256-5577
URL:http://jp.creative.com/
7.1チャンネル PCI Express x1 Creative X-Fi Xtreme Fidelity
imageSound Blasterブランドの上位モデル
 PC用サウンドデバイスのデファクトスタンダードとも言える、Sound Blasterシリーズの上位モデル。

 PCI Expressに対応するほか、S/Nを向上させるため、全体がシールドで覆われている。音にこだわりのある日本のユーザー向けに、金メッキプラグと信号の伝達ロスを抑える高純度のOCF(無酸素銅)線を採用した、高音質3.5mm-RCAアナログケーブル(2m)が4本付属する、日本法人プロデュースのパッケージとなっている。
imageカード全体を覆うEMIシールドを取り外すと、基板上にはDSPであるX-Fiチップを中心にオペアンプやコンデンサなどがズラリと並んでいる
imageX-Fi Titanium Professional Audioの心臓部で、1秒間に100億回以上の処理を行なえるというX-Fi Xtreme Fidelityチップ
Specification
再生サンプリングレート/量子化bit数:192kHz/24bit
音声入出力:S/P DIF OUT(光角型)×1、S/P DIF IN(光角型)×1、LINE OUT(7.1チャンネル、ミニ)×1、LINE IN(2チャンネル、ミニ)×1、マイク×1、ヘッドホン×1
image
THD
0.00248%
S/N
82.30dB
波形を見た感じでは、S/Nが80dB前後のほかのサウンドカードと大きくは変わらないが、今回テストした中での最高値を出している
M-Audio
Fast Track Pro
実売価格:20,000円前後
問い合わせ先:052-218-0859(アビッドテクノロジー)
URL:http://www.m-audio.co.jp/
4チャンネル USB 2.0 非公開
image4チャンネル出力で24bit/96kHz対応のUSB製品
 DTMユーザーにはおなじみの、M-AudioブランドのUSBサウンドデバイス。最高96kHz/24bitにまで対応する製品で、アナログ出力をステレオ2系統の計4チャンネル、さらに同軸S/P DIF出力も別途装備している。

 マイクやギターなどを接続して録音する高性能な入力回路も備えているが、電源はUSBからの供給だけでも動作する。別売りのACアダプタを使えば、単体で動作するDACとしても利用可能だ。
imageフロントパネルにはキャノンプラグのマイクやギターと接続して、高音質な録音が可能なTRSバランスタイプの入力端子が二つ装備されている
imageバックパネルには、4チャンネル同時出力可能なRCAのアナログ出力のほか、同軸のS/P DIF入出力を備えている
Specification
再生サンプリングレート/量子化bit数:96kHz/24bit
音声入出力:S/P DIF OUT(同軸)×1、S/P DIF IN(同軸)×1、LINE OUT(4チャンネル、RCA)×1、LINE OUT(2チャンネル、ホン)×1、LINE IN(2チャンネル、ホン)×1、LINE IN/マイク(2チャンネル、XLR/ホン)×1、ヘッドホン(ホン)×1、MIDI OUT×1、MIDI IN×1
image
THD
0.00257%
S/N
79.35dB
波形を見る限りにおいては低域より高域のほうでノイズが若干多めになっているようであるが、ほぼ80dBという高いS/Nを実現している
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2022年秋号

発売日:9月29日
定価:1,980円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 2022【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2021/11/29
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください