その他の特集
コンピューティングは新たな段階へ
64bit環境でのメモリ使いこなし術 大容量メモリで作業を快適に!1/2
64bit環境でのメモリ使いこなし術 大容量メモリで作業を快適に!2/2
最新CPUの64bit性能を検証する
64bit版ドライバの対応状況 1/2
64bit版ドライバの対応状況 2/2
続々と増える64bit対応アプリケーション 1/2
続々と増える64bit対応アプリケーション 2/2
64bit Vistaをインストールする
64bit Vista環境を使いこなす
64bit Vistaのギモンをずばり解決
64bit Vistaで仮想環境を試す
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
64bit Vista完全導入ガイド
TEXT:芝田隆広
64bit Vista環境を使いこなす
 Vistaの32bit版と64bit版は、基本的なインターフェースは同じなので、すでに32bit版を使っているならば操作に悩む点はないだろう。しかしソフトの挙動などの面で、64bit版特有の部分も存在するので、導入時に注意すべき点についてまとめてみた。
32bitアプリケーションも動く
 64bit版Vistaはカーネルレベルでは完全に64bit化されている。性能面を考えると64bit対応アプリケーションを使うのがベストだ。

 しかしWindowsの場合、32bitのソフトウェア資産が膨大で、64bit版の登場が望めないものも多い。それを考慮し、64bit版Vistaには32bitアプリケーションを動作させる「WOW64」という仕組が用意されている。32bitアプリケーションを仮想的な32bit空間に呼び出して動作させるのだ。

 このおかげで、かなりの32bitソフトが64bit版Vistaで動作可能だ。Ctrl+Alt+Delキーを押してタスクマネージャを呼び出し、「プロセス」を見ると、32bit版アプリでは「イメージ名」の欄に「*32」と表示される。
image
WOW64は、64bit環境で32bitアプリケーションを実行するためのサブシステム。Win64 API上でWin32 APIをエミュレートする仕組だ
imageCtrl+Alt+Delキーを押してタスクマネージャを表示させ「プロセス」を見る。「イメージ名」の欄に「*32」と表示されているのが32bitアプリだ
32bit版Vistaとのデュアルブート
互換性の問題から64bit版への完全移行を躊躇する人もいるだろう。下のようにパーティションを切り分けてそれぞれインストールすれば、32bitと64bitの環境をデュアルブートで使用できる。ただし、デュアルブート環境を構築するには、32bit環境と64bit環境それぞれに、 OSのライセンスが必要(合計2ライセンス)となるので注意しよう
imageインストールの順番はとくに問わない。64bitと32bit用にパーティションを用意する
imageパーティションを分けて、インストールDVDで起動して空き領域にインストールすれば32/64bit環境を両立できる
※当記事の作成後、32bit/64bitのOSインストールDVDが同梱されているWindows Vista Ultimateパッケージ版においても、「1ライセンスで32/64bitを同時利用することはライセンス違反となる」ことが判明したため、該当する部分を赤字にて修正いたしました。読者ならびに関係各位にご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。
32bit版/64bit版IEの違い
 64bit版Vistaでスタートメニューを表示させると「Internet Explorer」と「Internet Explorer(64ビット)」があることに気付くだろう。32bit版と64bit版のIEでは、Webブラウザとしての表示機能自体には差がない。Webサイトも同じレイアウトで表示される。ではなぜ32bit版と64bit版が用意されているかと言えば、64bit版に対応していないIE用のプラグイン類が結構あるからだ。

 たとえばFlashプラグインは、現時点では64bit版IEでは利用できない。YouTubeなどにアクセスしてインストールしようとすると、画面のようなエラーが出てしまう。Webサイトの表示については差がないので、通常は32bit版を使うほうがよいだろう。
imageスタートメニューを見ると「Internet Explorer」と「Internet Explorer(64ビット)」があるのが分かる
image64bit版IEでは、YouTubeなどFlashを用いるサイトは見られない。Flashのインストールを試みると……
image上のように非サポートであるメッセージが出るので、こうしたサイトでは32bit版を使うようにしよう
32bit/64bitアプリでIMEを切り換える
 Vista標準のMS-IMEは32/64bit両対応だが、64bit版Vistaでサードパーティ製IMEを使う場合、IMEの挙動に注意が必要となる。

 製品によっては、64bit版Vistaに64bit版未対応のIMEをインストール可能だ。しかし64bitアプリから利用できるのは64bit対応のIMEのみで、32bit用IMEは使えないのだ。

 可能ならIMEも64bit対応のバージョンにしておきたい。ATOKなら2006以降では64bitに対応している。もし64bit対応のIMEがなければ、32bit版IMEをインストールしてアプリごとに切り換えて使うこともできる。

 言語バーを右クリックして「設定」を選び「詳細なキー設定」を選択すれば、IME切り換え用のホットキーを選べる。「キーシーケンスの変更」ボタンから変更可能だ。
image「テキストサービスと入力言語」の「詳細なキー設定」でIME切り換えに使うホットキーを設定できる。標準では左Alt+Ctrlが割り付けられおり、「キーシーケンスの変更」で利用するホットキーを変更可能
image言語バーで右クリックして「設定」を押すと、上のようなウィンドウが開いてIME関連の設定が行なえる。32bit対応のIMEでは、「(32bitのみ)」と表示される
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年8月号

発売日:6月28日
特別定価:1,680円

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス