その他の特集
コンピューティングは新たな段階へ
64bit環境でのメモリ使いこなし術 大容量メモリで作業を快適に!1/2
64bit環境でのメモリ使いこなし術 大容量メモリで作業を快適に!2/2
最新CPUの64bit性能を検証する
64bit版ドライバの対応状況 1/2
64bit版ドライバの対応状況 2/2
続々と増える64bit対応アプリケーション 1/2
続々と増える64bit対応アプリケーション 2/2
64bit Vistaをインストールする
64bit Vista環境を使いこなす
64bit Vistaのギモンをずばり解決
64bit Vistaで仮想環境を試す
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
64bit Vista完全導入ガイド
TEXT:芝田隆広
64bit版ドライバの対応状況
64bit Vistaを利用するにあたって、もっとも気になるのが、自分が使っているハードウェアが64bit環境で動作するかどうかではないだろうか? ここでは、多くのパーツで対応が進んでいる2008年初頭の状況をデバイスごとに紹介していこう。
ロゴプログラム取得は64bit対応が必須
POINT
1.ロゴがあれば64bit対応
2.DVD化で収録ドライバ増加
3.64bit対応は今後拡大
 64bit版Vistaを使い始めるにあたって、自分の使用しているハードウェアがVistaで使えるかどうかは気になる問題だ。

 新しくパーツ類を購入するときに、その製品が64bit版に正式に対応しているかを調べるには、パッケージにWindows Vistaロゴがあるかどうかを確認するとよい。

 Windows Vistaには、その製品がVistaで動作するかを示す「ロゴプログラム」が用意されている。これを製品に貼るには、Microsoftの設けた基準を満たすことが必要だ。ロゴには「Basic」と呼ばれる「Works with Windows Vista」ロゴと、「Premium」と呼ばれる「Certified for Windows Vista」の2種類がある。このロゴはいずれも、その製品がWindows Vistaマシンで正常動作することを保証するもの。Basicロゴは、Windows Vistaでその製品が動作し、基本的な機能が利用できることを示している。一方のPremiumロゴは、Basicの上位となるが、承認のための要件は製品の種類によってそれぞれ細かく用意されているので、Microsoftの設定するもっとも高度な基準を満たしているといった具合に理解すればよい。

 ロゴを取得する際は、PremiumだけでなくBasicでも64bit版に対応していることが条件付けられている。BasicであれPremiumであれ、ロゴがパッケージに貼付された製品は64bit版に対応していると考えてよい。
imagePremiumロゴ
より高度な基準を満たす製品に添付されるCertified for Windows Vistaロゴ。ビデオカードではAero、ルーターではWindows Rallyに対応するなど、細かく規定されている
imageBasicロゴ
Works with Windows Vistaロゴは、Vistaにおいて基本機能を利用できるデバイスに貼付される。ただし、64bitへの対応は必須だ
64bit対応ドライバは今後大幅に拡大
 Windows Vista発売以降のハードウェアに関しては、上で述べたように、ロゴプログラムを取得した製品を選べば64bit版に対応している。ただし、ロゴプログラムの要件としてドライバの配布は義務付けられていないので、現時点では事実上動作させることが難しい製品も存在している。また、Vista登場以前の製品であれば、当然ロゴは貼られていないし、Vista用ドライバも同梱されていないことが多いだろう。

 しかしWindows Vistaでは、インストールメディアにDVDを採用したこともあって、収録されているドライバ(Inboxドライバ)の数がXPよりもかなり多くなっている。一般的なデバイスであれば、別途ドライバを用意しなくても事足りてしまう場合も多い。またService Pack1が正式リリースされれば、Inboxドライバの増加が予想される。

 各メーカーもVista 32bit版だけでなく、64bit版への対応を進めており、メーカーのWebサイトから64bit版ドライバがダウンロードできるケースは増えてきている。

 なお64bit版のドライバでは、開発者によるデジタル署名がないドライバの動作保証はされていない。デジタル署名とは、デジタルデータの正当性を証明するために利用されるもの。32bit版Vistaならデジタル署名のないドライバもインストールできるが、64bit版ではインストールできないので注意したい。
image64bit環境では、デジタル署名されたドライバしか起動時に読み込めなくなっている。セキュリティを考慮したより安全な仕組と言える
Windows Vista互換性情報サイト
http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/compatible/
image MicrosoftオフィシャルのVista互換性情報サイト。7,500以上のハードウェアと、4,000以上のソフトウェアについて、Vista 32bit、64bitでの対応状況を確認できる。左のメニューにある「周辺機器メーカー」から、各種パーツと周辺機器についてのVista対応ドライバの提供に関する情報を、メーカーごと、または製品名から検索することが可能だ。

 「標準サポート周辺機器」では、Vistaのインストールディスクに収録されているドライバを検索できる。

 メーカー製PCやソフトの検索も行なえるので、64bitへ移行する前に、ぜひ手持ちのパーツの対応状況を確認しておこう。
パーツのドライバ対応状況
TEXT:芝田隆広
ここでは、自作PCユーザーがもっとも気になる各種パーツの64bit対応ドライバの提供状況を、代表的な製品を取り上げながら、製品ジャンルごとに見ていくことにしよう。
マザーボード
image ここでは、マザーボードの中でもチップセットについて見ていこう。オンボードデバイスは以降の各項目を参照してほしい。

 マザーボードは、最近の製品であれば添付のDVD/CDに64bit版ドライバが収録されていることが多く、とくに現行製品では、64bitへの対応がかなり進んでいる。

 64bit対応CPUが利用できるマザーボードなら、多くの製品が対応している。一般的なチップセットであれば、VistaのインストールDVDのInboxドライバで問題なく動いてしまう場合が多い。InboxドライバがなくてもマザーボードメーカーのWebサイトを通じてドライバが入手できることがある。こちらも、だいぶサポートが進んできた状況だ。

 もしマザーボードメーカーのサイトにドライバがなかった場合でも、以下に掲載した各チップセットメーカーのWebサイトから、64bit対応ドライバを入手できることが多い。探してみるとよいだろう。
image最新マザーボードであれば、添付のドライバディスクに64bit対応ドライバが収録されていることがほとんど。セットアップを行なえば自動的に64bit対応ドライバをインストールしてくれる場合も多い
メーカー 製品種別 ドライババージョン
Intel チップセット各種 INF Update Utility 8.3.0.1013
ATI AMD 690/ATI Radeon Xpress ATI Catalyst 7.12 South Bridge Driver
NVIDIA nForce 600シリーズ nForce 15.08
SiS チップセット各種 SiS RAID Driver v4.10
VIA チップセット各種 VIA HyperionPro Driver Package 5.15A
ビデオカード
image ビデオカードに搭載されるGPUは、現状ではNVIDIA、ATIが多くのシェアを占めている。ATIのCatalyst、NVIDIAのForceWareともに対応済み。最新チップでなければ64bit版VistaのInboxドライバでも動作する。

 チップセット内蔵グラフィックス機能にまで目を広げても、この2社にIntelを加えた3社で市場のほとんどを占めている。こちらも915世代のチップセットまでの64bit対応ドライバがWebサイトで提供されている。

 そのほかのメーカーだが、MatroxについてはParhelia/P650/G550/G450用の64bit版ドライバはすでに用意されている。SiS、VIAといったメーカーについては、現在64bit版ドライバが提供されているのは、一部の製品のみに限られるようだ。
imageビデオカードのドライバは更新間隔が短め。最新版をWebサイトからダウンロードして利用するのがオススメだ
メーカー 製品種別 ドライババージョン
ATI Radeon HD/Xシリーズ ATI Catalyst 7.12 Display Driver for Windows Vista (64 bit)
NVIDIA GeForce 6/7/8シリーズ ForceWare Release 169.25
Matrox P750/P690/P650/G550/G450 2.05.01.030
SiS SiS66x/76x/67x SiS UniVGA3 graphics driver
VIA VIA Chrome9 P4M900, VN896, CN896 Display Driver Version - 21.03.01e
Intel GMA X3100/3000/950 Intel Graphics Media Accelerator Driver 15.7.64.1364
マルチGPUは64bitでも使える?
imageNVIDIA SLI、ATI CrossFireともに対応ドライバが配布されており、前者は3-way SLIにも対応する。さらに言えば、32bit環境では、メインメモリだけでなくビデオメモリなども合計して4GBまでのメモリしか認識しないため、ビデオカードの数・オンボードメモリ搭載量が増えるほど、OSで認識可能なメインメモリが減るので、マルチGPU環境における64bit Vistaは、今後より広まっていくだろう。
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス