その他の特集
小型PCの時代到来!
microATX/Mini-ITXで作る自分だけの小型PC 1/3
microATX/Mini-ITXで作る自分だけの小型PC 2/3
microATX/Mini-ITXで作る自分だけの小型PC 3/3
ベアボーンPCを使って手軽に小型PCを楽しむ 1/3
ベアボーンPCを使って手軽に小型PCを楽しむ 2/3
ベアボーンPCを使って手軽に小型PCを楽しむ 3/3
カンタン・手軽な、小型自作PCレシピ集
その他の特集(2011年)
「2万円自作時代」始まる
最新ビデオカード徹底攻略
SATA 3.0世代SSD・基礎と応用
イマドキパーツの冷却と静音
Mini-ITX最新自作事例集
今日からはじめる「PCの節電」
目的別ビデオカード購入ガイド
Windows 7 実用的テコ入れ術
神速のUSB 3.0
マニアックパーツ百花繚乱
プラン別・至福のサウンド構築術
高級 vs. 低価格!液晶ディスプレイ群雄割拠
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
やっぱり小さいPCが欲しいっ!!
ベアボーンPCを使って手軽に小型PCを楽しむ
TEXT:保坂陽一
見た目重視でもなんとかなる!
小型マシンを拡張するアイテム
小型PCでも大丈夫
 小型PCはシンプルなセカンドマシンや、インターネット専用機として活用するのもよいが、メインマシンとして活用する場合は、マシンパワーに不満がなくとも、拡張性に不安が残るかもしれない。しかし、少ないスペースを活用する複合インターフェースや、外付けデバイスを装着することで、大型PCに負けない機能を付加することができる。ノートPCなどと同じ感覚だが、あきらめずにどんな拡張アイテムがあるか探してみていただきたい。
少ないベイを有効活用
 超小型PCならともかく、スリムタワータイプやキューブタイプであれば、少ないながらも5インチベイや3.5インチベイが備わっているはず。右のコンパネ3.1号のようなインターフェースユニットならば、メモリカードリーダーやUSBポートにファンコントローラなども一体になっており、少ないベイを最大限に活用することができる。そのほかにも光学ドライブを外付けドライブで使うこととし、代わりに5インチベイにHDDを増設、といったこともできる。こうしたアイディアを考えるのは、小型PC自作の醍醐味の一つと言えるだろう。
imageサイズのコンパネ3.1号はデジカメユーザーなどに最適。既成概念に捕らわれず、自分らしいドライブベイ構成を考えてみよう
外付け機器で機能を補う
 自作PCユーザーとしては、機能は何でも内蔵してしまいたくなるところだが、小型PCではそうも言っていられない。PCIスロットなどの拡張スロットが使えない、もしくはあっても一つ程度の小型PCでも、外付けデバイスを使用すれば機能を補うことができる。有り余るCPUパワーを活用しないのはもったいないので、ぜひこうした製品を活用してみていただきたい。配線がめんどうではあるが、使用しないときは別途収納しておけば卓上もスッキリする。
imageアイ・オー・データ機器のテレビキャプチャBOX「GV-MVP/TZ」。PCIスロットが使えないPCでも、外付けユニットでテレビマシンに変身できる
imageオンキヨーの高音質なUSBサウンドデバイス「WAVIO MA-700U」。アンプを内蔵しているほか、FM/AMチューナーも内蔵している
eSATAポートでHDD容量の不満を解消
 単なるデータ保存領域が欲しいならばUSB接続のHDDでもよいだろうが、内蔵HDDと同じ高速なドライブが欲しいという人には、eSATAポートはいかがだろうか。このインターフェースに対応した外付けHDDならば、転送速度は内蔵ドライブと同等。システムドライブとしても使用できるため、HDDの増設ベイ感覚で扱うことができる。もしeSATAポートを備えていないマザーボードでも、内部のSerial ATAポートを外に引き出すパーツなども販売されているので、試してみるとよいだろう。大きなミドルタワーPCなどよりも、小型PCでこそ最大限に活用できるインターフェースと言えるのではないだろうか。
imageベアボーンPCの背面に備わったeSATAポート。今後の高速外付けストレージは、これでの接続が基本になってくるのは間違いない
imageeSATA接続の外付けドライブ製品は、USB接続と違い、内蔵のSerial ATA HDDと同じ転送速度で、システムドライブとしても活用できる
小型ベアボーンカタログ
TEXT:長畑利博
独自フォームファクター
AOpen
MiniPC MP945-VX
実売価格:48,000円前後
問い合わせ先:048-290-1819(エーオープンジャパン)
URL:http://aopen.jp/
imageCore 2 Duo Tシリーズに対応したデザイン性の高い超小型ベアボーン。電源は65WのACアダプタを使用する。標準でスーパーマルチドライブを搭載、5.1チャンネルオーディオ、1000BASE-T、DVI-Iなどインターフェースも豊富。Mini PCIスロットを持ち、無線LANカードなどを増設することも可能。
対応CPUタイプ:新Socket479
チップセット:Intel 945GM+ICH7-M DH
電源:65W
サイズ(W×D×H):165×165×50mm
独自フォームファクター
AOpen
XC Cube EZ965
実売価格:41,000円前後
問い合わせ先:048-290-1819(エーオープンジャパン)
URL:http://aopen.jp/
imageCore 2 Duo Eシリーズに対応したXC Cubeの最新モデル。チップセットはIntel G965+ICH8。ドライブベイは5インチ×1、3.5インチ×1、シャドーベイ×1。7.1チャンネルオーディオ、1000BASE-T、IEEE1394などのインターフェースを備える。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1。
対応CPUタイプ:LGA775
チップセット:Intel G965+ICH8
電源:275W
サイズ(W×D×H):200×320×190mm
独自フォームファクター
ASUSTeK
P1-AH2
実売価格:25,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ コーポレーション)
URL:http://www.asus.co.jp/
imageSocket AM2対応のブックタイプベアボーンキット。チップセットはGeForce 6150+nForce 430で、DVI出力のほかHDTV出力などを持つ。そのほかのインターフェースは6チャンネルオーディオ、1000BASE-T、IEEE1394など。メモリカードリーダーも搭載する。拡張スロットはPCI×2で、ライザーカードを使用。
対応CPUタイプ:Socket AM2
チップセット:GeForce 6150+nForce 430
電源:250W
サイズ(W×D×H):91×275×357mm
独自フォームファクター
ASUSTeK
T2-PH2
実売価格:28,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ コーポレーション)
URL:http://www.asus.co.jp/
imageミニタワータイプのベアボーンキット。5インチベイ×2、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×1の高い拡張性を持つ。6チャンネルオーディオ、1000BASE-T、IEEE1394などのインターフェースのほか、Windowsを起動せずに音楽CDなどの再生が可能な「Audio DJ」機能を搭載。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI×1。
対応CPUタイプ:LGA775
チップセット:Intel 945G+ICH7
電源:250W
サイズ(W×D×H):190×300×310mm
microATX
ASUSTeK
V2-AH2
実売価格:18,000円前後
問い合わせ先:news@unitycorp.co.jp(ユニティ コーポレーション)
URL:http://www.asus.co.jp/
imageミニタワータイプのSocket AM2対応ベアボーンキット。低価格なのが大きな特徴となっている。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PC I×2と比較的多い。DVI出力も用意されている。そのほか6チャンネルオーディオ、1000BASE-T、IEEE1394などのインタ-フェースが搭載されている。
対応CPUタイプ:Socket AM2
チップセット:NVIDIA GeForce 6150+nForce 430
電源:300W
サイズ(W×D×H):168×354×380mm
microATX
Shuttle
XPC SS31T
実売価格:18,000円前後
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://jp.shuttle.com/
imageベアボーンキットでは初めてnanoBTXに対応した製品。コンパクトながら排熱効率が高く、ATX電源も利用可能な設計がウリ。比較的低価格なのも特徴だ。本体はミニタワー型で5インチベイ×2、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×1と比較的高い拡張性を持つ。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI×1。
対応CPUタイプ:LGA775
チップセット:SiS662+SiS966L
電源:250W
サイズ(W×D×H):185×310×310mm
独自フォームファクター
Shuttle
XPC SD37P2
実売価格:50,000円前後
問い合わせ先:
imageCore 2 Duo Eシリーズに対応したベアボーンキット。PCI Express x16×2、容量400Wの電源など、CrossFire環境にも堪えられる仕様がウリ。このサイズでHDDを2台搭載できるのもメリット。メモリスロットも4本用意されており、最大8GBの搭載が可能。ベイは5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×2。
対応CPUタイプ:LGA775
チップセット:Intel 975X+ICH7R
電源:400W
サイズ(W×D×H):220×325×210mm
独自フォームファクター
Shuttle
XPC SK22G2
実売価格:25,000円前後
問い合わせ先:support@jp.shuttle.com(日本Shuttle)
URL:http://jp.shuttle.com/
imageSocket AM2対応キューブタイプベアボーン。TDP 65W版のAthlon 64 X2にも対応している。同社製品の中では比較的小型で低価格帯のモデルにあたり、ベイ数は5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、シャドーベイ×1と標準的。拡張スロットはPCI Express x1×1、PCI×1。
対応CPUタイプ:Socket AM2
チップセット:VIA K8M890CE+VT8237R+
電源:200W
サイズ(W×D×H):200×300×185mm対応CPUタイプ:Socket AM2
チップセット:VIA K8M890CE+VT8237R+
電源:200W
サイズ(W×D×H):200×300×185mm
Back
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2022年秋号

発売日:9月29日
定価:1,980円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 2022【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2021/11/29
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください