特設ページ
The Tower of AIONを120%楽しむためのゲーミングPCガイド
ゲーミングPCカタログ 1/3
ゲーミングPCカタログ 2/3
ゲーミングPCカタログ 3/3
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
The Tower of AIONを120%楽しむためのゲーミングPCガイド
ゲーミングPCカタログ
静音性重視のコストパフォーマンスモデル
パソコン工房
Amphis BTO GS806iCi7 TYPE-SRX-TOA
直販価格:139,980円
問い合わせ先:06-6647-6048
URL:http://www.pc-koubou.jp/
Amphis BTO GS806iCi7 TYPE-SRX-TOA
Point 1
メンテナンスしやすいケースを採用
Point 2
静音性が高く消費電力も抑えられた電源を搭載
CPU Intel Core i7-920(2.66GHz)
メモリ PC3-8500 DDR3 SDRAM 1GB×3
チップセット Intel X58+ICH10R
ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 260(896MB)
HDD 1TB(Serial ATA 2.5、7,200rpm)
光学ドライブ DVD±R/RW/-RAMドライブ(±R DL対応)
OS Windows Vista Home Premium SP1
Windows 7への優待アップグレード権付き(ただしWindows Vista Home Basic/XP選択時、OSなしの場合はアップグレード権なし)
軽量アルミケースを採用
 パソコン工房の「TYPE-SRX-TOA」は、Intel Core i7-920(2.66GHz)を搭載しながら価格を抑えたコストパフォーマンス重視の1台だ。
 マザーボードとして採用されているのは、Intel X58チップセットを載せたMSI「X58 Pro」。ビデオカードにはコアクロックを625MHz、メモリクロックを2.1GHzにオーバークロックしたGeForce GTX 260搭載のGALAXY Microsystems「GFPGTX260+-OC/896D3」が選ばれている()。メモリは3GB、HDDには7,200rpmの1TBを搭載しつつ、コストパフォーマンスを重視しつつ、ゲームのプレイや多くのアプリケーションの実行において、なんら不満のない構成だ。

 本体はアルミ製ボディを採用したミドルタワーで、フロントパネルにヘアライン加工が施された高級感のあるデザインとなっている。シャドーベイは振動防止ゴム付きネジをHDDに取り付けてフックに引っかける横置きレイアウトで、HDDの振動による共振ノイズを防いでいる。

 ファンは前面に吸気用、背面に排気用のそれぞれ12cm角ファンが取り付けられており、効率的な内部エアフローが実現されており、高負荷のPCゲームでも安心してプレイできる。さらに搭載されているファンは12cm角と大型であるため、回転数を抑えることを可能にし、それによって静音性を高めつつ、冷却性能も確保されている。またケースの天板は取り外し可能で、電源の脱着が容易であることもポイントだ。

 また、本製品の特徴として挙げたいのが、低消費電力電源であるEnermax製「ECO80+ EES620AWT」を採用している点。この電源ユニットは80PLUS対応の省エネ仕様であるのに加え、静音性を重視しているのが特徴となっている。

 ビデオカードについても、5本のヒートパイプと3連静音ファンにより、高負荷でも静かなものを採用。コストパフォーマンスの高さに加え、静音性も追求したいというよくばりなユーザーにお勧めしたい製品だ。
フルアルミ製のケースを採用フルアルミ製のケースを採用
軽量なアルミを使った本体はメンテナンスがしやすく、使い勝手がよい。このケースにMSI製のマザーボード「X58 Pro」を組み合わせている
静音性重視のビデオカード 一工夫が加えられたシャドーベイ
静音性重視のビデオカード
ビデオカードはGALAXY Microsystems製のオーバークロックモデル「GF PGTX260+-OC/896D3」。3連ファンと大型ヒートシンク、ヒートパイプの組み合わせにより、高負荷でも静かなのが特徴
一工夫が加えられたシャドーベイ
シャドーベイはHDDに取り付けたネジをガイドレールのフックに引っかける方式。固定用のネジには防振用のゴムが取り付けられている
定評あるEnermax製の電源を採用 高級感あるヘアライン加工
定評あるEnermax製の電源を採用
上部に見えるのがEnermax製の「ECO80+ EES620AWT」で、静音性が高いことに加え電源効率も高い
高級感あるヘアライン加工
本体前面は細かなヘアライン加工が美しい。フロントパネルには、USB 2.0×2とIEEE1394インターフェース、そしてマイクとヘッドホン端子が装備されている
在庫状況により、ほかの型番のGeForce GTX 260になる場合があります。
抜群の冷却性能と質感を持つハイエンド仕様ゲームPC
フェイス
PASSANT XT-AION
直販価格:199,800円
問い合わせ先:03-5846-5733
URL:http://www.faith-go.co.jp/
PASSANT XT-AION
Point 1
Intel製SSDを搭載
Point 2
高い冷却性能を誇るケースを採用
CPU Intel Core i7-920(2.66GHz)
メモリ PC3-10600 DDR3 SDRAM 1GB×3
チップセット Intel X58+ICH10R
ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 285(1GB)
SSD 80GB (Serial ATA 2.5、MLC)
HDD 1TB (Serial ATA 2.5、7,200rpm)
光学ドライブ DVD±R/RW/-RAMドライブ(±R DL対応)
OS Windows Vista Home Premium SP1
Windows 7への優待アップグレード権付き(ただしWindows XP選択時はアップグレード権なし)
すべてのパーツにこだわりが見えるハイスペックな1台
 CPUにIntel Core i7-920(2.66GHz)、グラフィックスにGeForce GTX 285を採用したフェイスの「The Tower of AION」推奨モデルが「PASSANT XT-AION」である。美しい幻想世界で宙を舞う爽快感を実現するための強力なスペックを搭載しながら、20万円を切るリーズナブルな価格を実現しているのが特徴だ。

 PASSANT XT-AIONの構成を見ると、すべてのパーツに対して強いこだわりが感じられる。たとえばケース。メッシュを多用した精悍な外観はもちろんだが、内部全体のブラック塗装、ていねいな加工処理が施されたエッジ部など、精度が高く高品質な仕上げとなっている。強力な冷却システムにも注目だ。フロントに12cm角×2、リアに12cm角×1、さらにトップパネルに20cm×1の巨大なファンを標準装備している。ファンには、いずれもブルーLEDによる発光機能と回転数制御機構が搭載されており、フロントの2台は無段階、それ以外のファンは3段階の回転数が選択可能だ。

 ストレージは、読み出し性能に優れる80GBのSSDをシステムドライブに据え、さらに7,200rpmの1TB HDDをデータ用に装備する贅沢な構成だ。SSDは安定性で定評のあるIntel製のMLCタイプで、リード250MB/s、ライト70MB/sというスペックを誇る。

 グラフィックスも、ハイエンドゲームモデルでは定番と言えるGeForce GTX 285(ビデオメモリ1GB)を搭載。もちろんシングルGPUでは最強の構成であり、The Tower of AIONのみならず、ほとんどのゲームに余裕で対応することが可能である。

 メモリは1GB×3のトリプルチャンネル構成だ。PC3-8500ではなくマージンのあるPC3-10600メモリが搭載されているので、将来的なCPU変更時のメモリ高速化にも幅広く対応可能。将来的な拡張にも重点を置くなら、本機は文句なしにお勧めできる。
省電力で安定性の高いマザー省電力で安定性の高いマザー
マザーボードはGIGABYTE GA-EX58-UD3R。電気抵抗を減少させた低消費電力設計、日本製固体コンデンサを採用し、NVIDIA SLIもサポートされている
回転数を調節できる冷却ファン 3Dゲームを堪能できる高性能ビデオカード
回転数を調節できる冷却ファン
トップパネルと背面ファンは、ファン回転数を調整することが可能。また、本体背面にはケース外にユニットを設置する水冷システム用のホールが用意されている
3Dゲームを堪能できる高性能ビデオカード
ビデオカードにはSparkle製「SXX2851024D3-VM」を搭載。GeForce GTX 285を採用し、1GBのビデオメモリを搭載する(
Intel製80GB SSDを搭載 電源は610W
Intel製80GB SSDを搭載
システムドライブにはMLCタイプのフラッシュメモリを採用する80GBのIntel製SSDを装備。公称性能はリード250MB/s、ライト70MB/sと、とくにリード値に関してはSSDの中でもトップクラスの性能を誇る
電源は610W
テスト機には定格610W(最大660W)で+12V出力を3系統(各最大18A)装備するAcBel製電源「PC7016」が装着されていた。ファンは12cm径の低騒音タイプ
在庫状況により、ほかの型番のGeForce GTX 285になる場合があります。
Back
Page Top
 

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2020年春号

発売日:3月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇二〇【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2019/11/29
販売価格:1,680円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス