特設ページ
クアッドコアCPUの時代が到来!! 1/3
クアッドコアCPUの時代が到来!! 2/3
クアッドコアCPUの時代が到来!! 3/3
ビデオ編集・動画エンコード1/4
ビデオ編集・動画エンコード 2/4
ビデオ編集・動画エンコード 3/4
ビデオ編集・動画エンコード 4/4
コラム:あの人も使ってるクアッドコア(1)(2)
フォトレタッチ・RAW現像
3DCG
コラム:あの人も使ってるクアッドコア(3)(4)
ゲーム
DTM・ビジネス
ベンチマーク
コラム:あの人も使ってるクアッドコア(5)(6)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です
クアッドコアCPU対応ソフトパーフェクトガイド
アプリケーションが爆発的に速くなる!
クアッドコアCPU時代が到来!!
ビジネスアプリから動画編集、RAW現像、ゲームまで対応タイトルが増加中
クアッドコアCPU クアッドコアCPUの時代がいよいよ到来しようとしている。ハードウェアだけでなく、OS、アプリケーション、あらゆる面でクアッドコアのポテンシャルを引き出す環境が整いつつあるためだ。「エンコード専用CPU」という評判も今は昔、ビデオ編集、RAW現像、ビジネスアプリケーション……そして、かつては「クアッドコア非対応」の象徴として取り上げられることが多かったゲームタイトルも続々とクアッドコア対応をすませており、さまざまな場面でそのパワーを実感できるようになってきた。

 クアッドコアCPUとは、CPU内部に計算を行なう「コア」を四つ内蔵するCPUのこと。IntelのCore 2 Quad、Core 2 Extreme QXシリーズなどが代表的だ。一昔前まではCPU一つにコアは一つというのが普通で、コア=CPUそのものと言ってもよい存在だったわけだが、半導体製造技術の進歩とともに、一つのCPUに複数のコアを内蔵するという発想が出てきた。その新技術と新発想の融合によって生まれたのが、コアを二つ内蔵した「デュアルコアCPU」であり、それをさらに発展させた「クアッドコアCPU」であるわけだ。

 ハイエンドのワークステーションやサーバー向けには複数のCPUを搭載するシステムが多いが、クアッドコアCPUのアプローチはそれと同じ。CPUを四つ搭載するシステムを一つのCPUで可能にしたものと言える。コアが複数あると、計算を分散して行なえるため、処理性能が高速になる。理論的には、デュアルコアなら最大2倍、クアッドコアなら最大4倍と、まさに爆発的なパワーを秘めている。
たとえば、こんなタイトルが高速に
ビデオのレンダリング、プレビュー表示が高速に行なえるため特殊効果などを確認しながら編集に集中できるビデオのレンダリング、プレビュー表示が高速に行なえるため特殊効果などを確認しながら編集に集中できる
静止画編集ソフトも早くからクアッドコアに対応してきている。RAW現像ではクアッドコアのパワーが実感できる静止画編集ソフトも早くからクアッドコアに対応してきている。RAW現像ではクアッドコアのパワーが実感できる
少し前までは「クアッドコア非対応」の代表例だったゲームでも、対応タイトルが急ピッチで増えてきた少し前までは「クアッドコア非対応」の代表例だったゲームでも、対応タイトルが急ピッチで増えてきた
 しかし、クアッドコアCPUがその威力を発揮するためには、OS、ソフトウェアの対応が必要である。前述したようなハイエンドのワークステーションやサーバー以外では、PC1台で四つものCPU(コア)を内蔵できることは想定されていなかったのだから当然だろう。もっとも、OSに関してはとっくの昔から複数のプロセス(=プログラムの実行単位)を同時に動作させる「マルチタスク」、およびCPUごとに処理を分散できる「マルチスレッド」という仕組に対応しており、アプリケーションがクアッドコアに対応しているかどうかにかかわらず、クアッドコアのメリットは得られる。とくに、ハードウェアの進化に合わせて設計されたWindows Vistaでは、ウイルスやスパイウェアの侵入を防止する「Windows Defender」などが常駐し、さらにサイドバーには多くのミニアプリケーションを常駐させられるなど、1コアより2コア、2コアより4コアのほうが操作のレスポンスも快適に感じられるだろう。

 爆発的パフォーマンスのカギとなるアプリケーションの最適化も急ピッチで進んでいる。なかでも動画エンコーダは有名で、そのパフォーマンスは明らかに別次元。さらに、初のクアッドコアCPUであるIntelのCore 2 Extreme QX6700が登場してからもう2年近く経った今、ハードウェアとソフトウェアベンダーの積極的な取り組みによって、冒頭に紹介したようにクアッドコア対応ソフトウェアは増え続けている。

 よく「ニワトリが先か、卵が先か」と言われるように、新しいハードウェアが登場してくる場合にはハードウェアの普及が先か、ソフトウェアの対応が先かという段階が付きものだが、クアッドコアCPUに関してはその段階はすでに過ぎている。あとはもう本格普及へと一直線に突き進むのみだろう。
クアッドコアは4命令同時処理だから速い
クアッドコアは4命令同時処理だから速い
クアッドコアCPUは、命令を処理する部分が4倍。最大4倍のスピードで命令を処理できるのでパフォーマンスが爆発的に伸びる
Intel P45搭載マザーとベストマッチIntel P45搭載マザーとベストマッチ
Core 2 Quadを使うなら、最新CPUに最適化されて設計されたIntel P45チップセットを搭載したマザーボードがお勧めだ
OSそのものも高速に
Windows Vistaではバックグラウンドで多数のアプリケーションが起動しており、クアッドコアの効果が現われるWindows Vistaではバックグラウンドで多数のアプリケーションが起動しており、クアッドコアの効果が現われる
Windows XPもマルチスレッドに対応。ウイルス対策ソフトやメーラー、音楽ソフトの同時使用などにも効果が高いWindows XPもマルチスレッドに対応。ウイルス対策ソフトやメーラー、音楽ソフトの同時使用などにも効果が高い
タスクマネージャではコアの数だけCPUが認識されており、処理が分散して実行されているのが確認できるタスクマネージャではコアの数だけCPUが認識されており、処理が分散して実行されているのが確認できる
 
Page Top
Next

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2019年秋号

発売日:9月28日
定価:1,800円+税

書籍(ムック)

このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


PC自作・チューンナップ虎の巻 二〇一九【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/11/29
販売価格:1,680円+税


パソコン自作宣言。2018【DOS/V POWER REPORT特別編集】

発売日:2018/3/29
販売価格:1,400円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/2/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/3/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/9/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/3/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/5
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス