その他の特集(2011年)
激突!Bulldozer vs. Sandy Bridge
達人に学ぶPCパーツ使いこなし術
超本命パーツ35傑
独占!PCパーツなんでもランキング
PCパーツセレクション300
Sandy Bridge 自作超大全
PC自作スタートアップ講座2011
Sandy Bridge再始動
“後乗せサクサク”アップグレード術
震撼性能! Sandy Bridgeに死角なし!!
PCパーツ100選2011
マザーボード100選2011
過去のその他の特集(2010年)
過去のその他の特集(2009年)
過去のその他の特集(2008年)
過去のその他の特集(2007年)
過去のその他の特集(2006年)
読者プレゼント
プレゼント申し込みへ
ユーザー登録からアンケートページへ進んでください。
CLUB IMPRESS会員登録
プレゼントの対象は「最新号購入者」のみとなります。
アンケートにお答え頂くにはCLUB IMPRESSへの登録が必要です

「もう少し使いたい!」に応える ピンポイント補強で満足度大幅アップ!“後乗せサクサク”アップグレード術

【Socket AM3】
不満解消! 効果抜群! 最新規格を装備せよ

TEXT:滝 伸次
画像

PCの世界は日進月歩。強力スペックで組んだはずのマシンも1年以上経てばどこかしらに不満点が出てくるものだ。ここではそんなマシンのお色直し的アップグレード術を紹介しよう。

#eb5a25
#FFF

Socket AM3マシンをパワーアップ

 ここでアップグレードを考えるのは、AMD Phenom II X4 955 Black EditionをベースとしたSocket AM3マシン。当時のハイエンドCPUを搭載した性能重視スペックのマシンだが、最新のCore i7マシンなどと比べた場合は、やはり、少しCPUの力が見劣りしてしまう。マシンの性能にこだわるなら、ここはCPUのアップグレードを考えたいところだ。次に弱点を挙げるならチップセット内蔵のGPU。3Dゲームなどを一切やらないというのであれば必要はないが、最新のネットワークゲームなども楽しみたいならビデオカードの追加も検討したほうがよい。また最新環境にということであれば、USB 3.0にも対応させたいところである。

2009年末作成のSocket AM3マシン

画像

[強化ポイント1] CPU

AMD Phenom II X4 955 Black Editionは現行のAM3 CPUの中でも性能が高いモデルであるが、最新のIntel Core i7などと比べると力不足の感は否めないのも事実。性能重視の人には、6コアのPhenom II X6へのアップグレードをオススメしたい。とくに動画エンコードなどのマルチメディア系の処理能力を重視するなら効果は絶大だ。

[強化ポイント2] ビデオカード

チップセットの790GXが内蔵しているGPUはDirectX 10対応のRadeon HD 3300。Windows VistaのAero描画などには十分な性能を持っているが、3Dゲーム用途では、DirectX 9世代のゲーム「ストリートファイター4」でもまともにプレイできないレベルである。最新の3Dゲームなどをプレイしたい場合はビデオカードの追加が必須となる。

画像

3Dゲームをプレイするならミドルレンジ以上のビデオカードを追加したい

[強化ポイント3] USB 3.0インターフェースカード

外付けHDDやUSBメモリなど、USB 3.0対応製品は日増しに増え、価格もこなれてきているので、USB 3.0は普及期に入ったと考えてよい。そういった意味でUSB 3.0に対応していない点も本機のウィークポイントと言える。ここはぜひUSB 3.0に対応させておきたいところだ。USB 3.0インターフェースカードの価格も発売当初からだいぶ下がってきており、今では1,500円程度から入手可能だ。

画像

USBメモリでもUSB 3.0対応製品が増えてきており、USB 3.0は必須機能になりつつある

強化ポイント1 予算17,000~22,000円

6コアCPUにアップグレード

■ここを事前にチェック

  • 対応CPUの確認
  • BIOSの対応の有無
  • 費用対効果を考慮する
  • 電源出力

Phenom II X6 1100T BEで最強環境を目指す

 現状、AMD Phenom II X4 955 Black Edition(3.2GHz)からアップグレードできる現行CPUは下の表のとおりで、6コアのPhenom II X6 3製品と4コアのPhenom II X4 2製品が対象となるが、4コアのPhenom II X4では、クロックが若干上がるのみでわざわざお金を使うほどの効果が見込めないので、実質、アップグレードを考えるなら、6コアで自動オーバークロック機能「Turbo CORE」に対応したPhenom II X6の3製品が対象となる。
 なかでもオススメしたいのは最上位のPhenom II X6 1100T Black Edition(3.3GHz)。現行でも十分通用するCPUをアップグレードするのだからなるべく大きな性能向上を実現したいところ。価格は2万円を超えてしまうが、下のテスト結果を見てもらえば分かるとおり、それだけの効果は十分得ることができる。とくにマルチスレッド対応のアプリケーションを使った場合はその差は歴然で、マルチメディア処理能力を重視する人なら、迷わずPhenom II X6 1100T Black Editionを選択すべきである。

画像
Phenom II X6 1100T Black Edition(3.3GHz)
実売価格:22,000円前後

6コアであること以外に自動オーバークロック機能「Turbo CORE」に対応するなど、AMD Phenom II X4 955 Black Editionから機能的に大きく進化している

AMD PhenomII X4 955 Black Editionからの
アップグレード対象となる主なCPU
CPU名 クロック コア数 2次キャッシュ 3次キャッシュ TDP 実売価格
Phenom II X6 1100T Black Edition 3.3GHz 6 512KB×6 6MB 125W 22,000円前後
Phenom II X6 1090T Black Edition 3.2GHz 6 512KB×6 6MB 125W 19,000円前後
Phenom II X6 1065T 2.9GHz 6 512KB×6 6MB 95W 17,000円前後
Phenom II X4 970
Black Edition
3.5GHz 4 512KB×4 6MB 125W 15,500円前後
Phenom II X4 965
Black Edition
3.4GHz 4 512KB×4 6MB 125W 14,000円前後
画像
画像
画像
画像

【問い合わせ先】
AMD:0053-165-0441(日本AMD)/ http://www.amd.co.jp/

サイト内検索

DOS/V POWER REPORT 最新号

DOS/V POWER REPORT 最新号表紙

DOS/V POWER REPORT
2021年秋号

発売日:9月29日
定価:1,980円

書籍(ムック)

PC自作・チューンナップ虎の巻二〇二一 【DOS/V POWER REPORT 特別編集】

発売日:2020/12/03
販売価格:1,800円+税


このレトロゲームを遊べ!

発売日:2019/05/29
販売価格:1,780円+税


特濃!あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド

発売日:2019/03/25
販売価格:1,380円+税


わがままDIY 3

発売日:2018/02/28
販売価格:980円+税


忍者増田のレトロゲーム忍法帖

発売日:2017/03/17
販売価格:1,680円+税


楽しいガジェットを作る いちばんかんたんなラズベリーパイの本

発売日:2016/09/23
販売価格:2,400円+税


DVDで分かる! 初めてのパソコン自作

発売日:2016/03/29
販売価格:1,480円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』2

発売日:2015/12/10
販売価格:1,280円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 風雲編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


髙橋敏也の改造バカ一台&動く改造バカ超大全 怒濤編

発売日:2015/06/29
販売価格:2,500円+税


わがままDIY 2

発売日:2015/02/27
販売価格:980円+税


ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

発売日:2014/12/05
販売価格:1,280円+税


わがままDIY 1

わがままDIY 1

発売日:2011/12/22
販売価格:980円+税

読者プレゼント

アンケートにお答え頂くには「CLUB IMPRESS」への登録が必要です。

本誌最新号・プレゼント申し込み

*プレゼントの対象は「DOS/V POWER REPORT最新号購入者」のみとなります。

ユーザー登録から アンケートページへ進んでください

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス